宇宙

 

宇宙開発、宇宙産業、宇宙ビジネスに関する最新ニュース

  • SpaceXがNASAの有人宇宙飛行専門家を雇用、宇宙船クルードラゴンはDemo-2ミッション準備完了

    SpaceXがNASAの有人宇宙飛行専門家を雇用、宇宙船クルードラゴンはDemo-2ミッション準備完了

    SpaceXは同社初の有人宇宙飛行の準備中であり、宇宙船クルードラゴンの有人デモンストレーション・ミッションは5月7日に仮設定されている(現時点で日付は流動的)。火曜日(米国時間2/11)同社は、完成した宇宙船クルードラゴンのビデオを披露した。Bob Bhenken(ボブ・ベンケン)氏とDoug Hurley(ダグ・ハーリー)氏の両宇宙飛行士が搭乗する 続きを読む

  • NASAの2021年予算要求は有人月面着陸に約3625億円、月面資源開発に約472億円

    NASAの2021年予算要求は有人月面着陸に約3625億円、月面資源開発に約472億円

    トランプ政権は2021年度予算要求を発表し、NASAの申請は予想通り12%増加した。これでNASAの総予算額は約2兆7677億円となり、その半分近い約1兆3510億円は、月面着陸の復活と最終目標である火星の有人探査に充てられる。有人月面着陸システムの開発目的には約3625億円が、月面イノベーション計画には約472億円の資金が用意されている。 続きを読む

  • SpaceXはStarlinkをスピンアウトさせてIPOを目指す

    SpaceXはStarlinkをスピンアウトさせてIPOを目指す

    SpaceXは、急成長を続ける衛星インターネットサービスのプロジェクト、スターリンクの事業をスピンアウトさせ、IPOによって株式を公開することを目論んでいるようだ。ブルームバーグによると、SpaceXのCOO兼任社長のグウィン・ショットウェル氏が、JPモルガン・チェースの投資家会議で明らかにしたという。 続きを読む

  • 米トランプ大統領はNASAの2021年度予算を約3300億円増額提案へ

    米トランプ大統領はNASAの2021年度予算を約3300億円増額提案へ

    トランプ大統領は、会計年度の2021年に、NASAの予算として約2兆8000億円を要求するつもりであると、ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。これはNASAの2020年度の予算から約3300億円近い増額となる。この増えた資金の大部分は、アルテミス計画の新たな有人月面着陸船の開発に充てられると言われる。 続きを読む

  • NASAがアルテミス計画に向けて月面探査車のコンセプトを募集中

    NASAがアルテミス計画に向けて月面探査車のコンセプトを募集中

    NASAは、アルテミス計画の一環として、将来の月面探査車をどのようなものにするかについて、業界からの意見を求めている。これまで宇宙事業に参入している企業だけでなく、一般の自動車メーカーやIT企業なども対象としている。 続きを読む

  • クリスティーナ・コック氏が女性宇宙滞在記録を更新して地球に帰還

    クリスティーナ・コック氏が女性宇宙滞在記録を更新して地球に帰還

    宇宙飛行士のChristina Koch(クリスティーナ・コック)氏は、ESAのLuca Parmitano(ルカ・パルミターノ)氏、ロシアのAlexander Skvortsov(アレクサンドル・スクボルツォフ)氏とともに、国際宇宙ステーション(ISS)から地上へと帰還した。 続きを読む

  • Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    Starlinerの二度目のエラーでNASAがボーイングのソフトウェア工程の見直しを要求

    NASAのAerospace Safety Advisory Panel(ASAP, 航空宇宙安全顧問団)は、12月に行われたCST-100 Starlinerの宇宙ステーションとの無人ドッキングテストで発見された二度目の問題を受けて、Boeing(ボーイング)のソフトウェア試験工程の見直しを推奨した。 続きを読む

  • OneWebが34機のブロードバンド通信衛星の打ち上げをライブ配信

    OneWebが34機のブロードバンド通信衛星の打ち上げをライブ配信

    地球規模のブロードバンドインターネット衛星コンステレーションの配備を検討しているさまざまな企業のうちの1つが、宇宙における既存事業に34機の衛星を追加する。 続きを読む

  • 宇宙開発スタートアップのFireflyがSatlantisと衛星群打ち上げミッションを契約

    宇宙開発スタートアップのFireflyがSatlantisと衛星群打ち上げミッションを契約

    宇宙開発スタートアップのFirefly Aerospace(ファイアフライ・エアロスペース)は、地球観測と衛星運用のリモートセンシングペイロードメーカーであるSatlantis(サトランティス)と、新たな契約を結んだ。FireflyはSatlantisの小型衛星群を打ち上げる予定で、これは低軌道から地球の高解像度、あるいはマルチスペクトル画像を提供する。 Fireflyは同社初の「Alpha」ロケットと、宇宙船の開発とテストを進めている。同社は今年中にAlphaの初打ち上げを実施する予定で、米国時間2月4日にSatlantisとの間で結ば… 続きを読む

  • SpaceXが衛星打ち上げライドシェア開始、料金1億円超で予約受付中

    SpaceXが衛星打ち上げライドシェア開始、料金1億円超で予約受付中

    SpaceXnchが衛星打ち上げをウェブから予約できるツールを発表した。Falcon 9の打ち上げに際し、ペイロードに余裕がある場合、ライドシェア方式でミニ衛星を搭載できるというものだ。 続きを読む