PRESENTED BY: Green

これから求める人材は「強い人」と「背中で語れる人」

タイミーに聞くスタートアップへの転職(2)

「CAREERS TechCrunch Japan」は、スタートアップ企業への転職を考えているユーザーに向けた特別企画。全3回のタイミーへのインタビューの2回目は、同社が必要とする人材について現役大学生で代表取締役社長を務める小川 嶺氏に話を聞いた。

連載:タイミーに聞くスタートアップへの転職

小川 嶺
株式会社タイミー 代表取締役社長

立教大学経営学部4年

高校の時からインターンをはじめ慶応のビジネスコンテストで優勝したことをきっかけにファッションの会社を設立。

1年ほど運営してピポットを決意。今年3月にタイミーの構想を考えつき株式会社タイミーを設立。現在35名のメンバーと共に活動中。

リリース7ヶ月で60,000人のユーザー、1,000店舗のクライアントを獲得し2019年8月には全国展開を目論む。

Powered by
この会社の求人情報をみる
株式会社 タイミー 時間とテクノロジーを軸としたワークシェアリングサービス『Taimee(タイミー)』で急成長

小川氏は大学2年生だった2017年8月にタイミーを設立した。高校時代から起業を目指していて、当時から関連イベントに参加してピッチなども行っていたという。

「原体験は文化祭なんです」と小川氏。「生徒会で自分が提案した企画が承認され、実際にやってみたところ、来場者が大幅に増えたことで手応えを感じた」と続ける。この成功体験がきっかけとなり、起業したいという想いが強くなっていったという。

小川氏は、2017年8月に会社を設立。2018年に事業転換を行い、現在のスキマ時間に面接不要で働ける「タイミー」のサービスがスタートした。

当初手がけていたのは、試着することで割引が受けられるファッション系のサービスだった。「試着すると購入する確率が高まるというデータがあったので、このサービスを思いついた」と小川氏。しかし、この事業の立ち上げ後に出資を受ける話があったのを、小川氏が自ら断ったそうだ。

「頑張れば事業を拡大できたかもしれませんが、ローンチから少しの間はユーザー数の拡大などで苦しい状態が続くこともわかっていました。しかし、この事業が軌道に乗るまで、長くやりきるほどの情熱が持てなかった」と小川氏は回顧する。

そして現在のタイミー事業を立ち上げて現在に至る。現在は社員数が40名ほどでアルバイトが20名ほど。「在籍しているスタッフの多くは、Twitterを使ったダイレクトリクルーティングやリファラル採用」とのこと。前回でも少し触れたが、社長自らが食事会や温泉旅行の開催をTwitterで告知してエンジニアの参加を呼びかける、まさにダイレクトリクルーティングを行っていた。その出会いで「欲しい」を思った人材を、徹底的に口説き落としたそうだ。

ダイレクトリクルーティングやリファラル採用での具体的な採用基準を聞いたところ、「エンジニアについては、フロントエンドからサーバーエンドまで自分でやった経験がある人。プロダクトを見通せる人が欲しかった」という答えが返ってきた。前回登場してもらった、同社でデータアナリティクスマネージャーを務める古賀元樹氏もその1人だ。

元APカンパニーで、現在はタイミーで執行役員/ CHRO(最高人事責任者)を務める石橋孝宜氏も、小川氏が口説き落とした人材の1人。当初は石橋氏が前職を辞めてフリーになったときに、人事面のアドバイザーとして相談に乗ってもらっていたそうだ。「石橋さんは複数の会社のアドバイザーをしていたのですが、ぜひタイミー専属になってほしいと思い、少しずづ引き込んでいった」とのこと。石橋氏は現在、設立間もないタイミーの人事面、特に給与体系や昇給制度などについてゼロから構築している最中だそうだ。

そしてタイミーでは事業拡大のため、今後はダイレクトリクルーティングやリファラル採用だけでなく、紹介サービスを使っての人材集めも始める。求める人物像としては「スピード感があって、カルチャーフィットする『強い人』」とのこと。年齢に厳格な制限はないが、まずはセンスが会いそうな30代中盤ぐらいまでの人材を探し求めているという。

小川氏は、「私は社長ですが、まだ21歳で人生経験も社会経験もこれからなので、ある程度キャリアを積んで『背中で語れる』経験値の高い人を採用したいです」と語ってくれた。

さて同社は自社の採用活動以外にも、サイバーエージェントやDMM.comなどの協力のもと、2020年卒、2021年卒の学生を対象とした就活イベントを4月28日に開催する。こちらもキーワードは「面接不要」。

学生の自己アピールから面接までをその場で済ませれるのが特徴。協賛する企業各社に選ばれた学生には、長期インターン入社、最終面接まで一気にスキップ、人事面談免除、役員との食事会招待といった特典が付く「タイミーチケット」を獲得できるとのこと。

場所は東京・渋谷のサイバーエージェントの新オフィス「Abema Towers」で、時間は12時~19時。募集人数は100人で参加は無料。現在、応募を受け付け中だ。

次回は、タイミーが考えている今後の事業展開について小川氏に引き続き話を聞いていく。

Powered by
この会社の求人情報をみる
株式会社 タイミー 時間とテクノロジーを軸としたワークシェアリングサービス『Taimee(タイミー)』で急成長

連載:タイミーに聞くスタートアップへの転職