スキマ時間に働けるサービスを早くも進化させつつあるタイミー、まもなく旅領域に進出

タイミーに聞くスタートアップへの転職(3)

「CAREERS TechCrunch Japan」は、スタートアップ企業への転職を考えているユーザーに向けた特別企画。スタートアップへの転職を経験した人物などに直接取材し、転職を考えた理由からスタートアップで働くことの意義や楽しさをじっくり聞いていく。全3回のタイミーへのインタビューの最終回は、引き続き現役大学生で代表取締役社長を務める小川 嶺氏に話を聞いていく。

連載:タイミーに聞くスタートアップへの転職

小川 嶺
株式会社タイミー 代表取締役社長

立教大学経営学部4年

高校の時からインターンをはじめ慶応のビジネスコンテストで優勝したことをきっかけにファッションの会社を設立。

1年ほど運営してピポットを決意。今年3月にタイミーの構想を考えつき株式会社タイミーを設立。現在35名のメンバーと共に活動中。

リリース7ヶ月で60,000人のユーザー、1,000店舗のクライアントを獲得し2019年8月には全国展開を目論む。

Powered by
この会社の求人情報をみる
株式会社 タイミー 時間とテクノロジーを軸としたワークシェアリングサービス『Taimee(タイミー)』で急成長

現在タイミーは、好きな時間に好きな場所で働けるサービスを提供しているが、すでに同じようなアイデアを展開する競合企業も出現している。そこでまず、小川氏にはタイミーの優位性、将来性について話を聞いてみた。

「サービス開始直後は、『質の低いスタッフが集まるのではないか』『時間にきちんと来てくれるかわからない』『なにか起きたときはどうするのか』などネガティブな意見も数多くいただきました」と小川氏。しかし、最近ではそういった意見は少なくなってきているという。

タイミーでは、店舗とアルバイトスタッフが相互に評価できる仕組みがあるため、評判が悪くなると店舗側は人が集まらない、アルバイト側は働く場所が減るという弊害が出てくる。小川氏によると「この評価システムによって、当日欠勤などのトラブルはほとんどないとのこと」。店舗側にすれば、履歴書持参で面接を経由しての採用とは異なり、とりあえず働いてもらってダメなら次回以降は雇わなくていいし、よければまた来てもらえばいいという判断を気軽にできるのがメリットだろう。

イミーでは、店舗とアルバイトスタッフのマッチングだけでなく、人件費のマッチングを始めているという。いわゆるダイナミックプライジングと呼ばれるものだ。アルバイトの時給は通常、人が集まりやすい日中よりも、人が集まりにくい早朝や深夜のほうが高い。しかし、スキマ時間に働けるタイミーのサービスを利用しているユーザーにとっては、持てあましている時間に仕事を入れるという感覚なので、時間帯や場所によっては本来の早朝・深夜時給よりも安い時給でアルバイトを集めることもできるそうだ。

「タイミーではユーザーや店舗の動向を常にチェックしていて、いまこの店舗の募集情報を何人見ているか、周辺の店舗の時給はどうなっているかなどを分析してします。そして店舗側が提示している時給に対して『今の時間ならこれぐらいの時給が適正ですよ』といった提案も可能です」とのこと。

タイミー取材の第1回に登場してもった、同社でデータアナリティクスマネージャーを務める古賀元樹氏は、まさにこのダイナミックプライジングを実現するためのデータ解析などの業務に従事しているとのこと。

「今後は時給だけでなく、メニュー価格に対してもダイナミックプライジングを進めていきたい」と小川氏。さらに「アルバイトの信用度で就職が有利になるような仕組みも広めていく予定です」と続ける。アルバイトであっても社会的評価がきちんと残るような仕組みが普及すれば、最近大きな問題となっているバイトテロの抑制にもつながるだろう。さらには、この信用スコアを利用してスコアの高いアルバイトに対して働く前に準備金を支払うといったサービスも検討しているという。

導入店舗側にすれば、アルバイト情報サイトに募集を出すよりも低コストでスタッフを集められるのでおおむね好調とのこと。「まずは重要拠点である渋谷での認知度をさらに高めて、ほかの地域にも進出していきたい」そうだ。

今年中に「旅行」に関連するサービスを公開予定だ。タイミーのサービス基盤を使い、アルバイト希望者とリゾートバイトをうまくマッチングして「0円で旅行に行けるサービス」などを目指すという。

そして、タイミーでリアル店舗の運営も考えていることを明かしてくれた。小川氏によると「アルバイトスタッフはすべてタイミーで募集する飲食店を計画しています」とのこと。リアル店舗を運営することで、店舗運営のオペレーションなどもデータ化して効率化を進めていくという。

スタートアップならではのスピード感で、スキマ時間に働けるサービスを早くも進化させつつあるタイミー。同社では現在、キャリアを積んだ30代の「強い」人材を募集中だ。

また同社は、4月28日(日)に日本初の「その場で就活が終わる」全く新しい就活イベントを東京・渋谷のAbema Towersにて開催予定だ。

Powered by
この会社の求人情報をみる
株式会社 タイミー 時間とテクノロジーを軸としたワークシェアリングサービス『Taimee(タイミー)』で急成長

連載:タイミーに聞くスタートアップへの転職