SPECIAL CONTENTS: 特集

激戦、動画配信サービス

特集 > 激戦、動画配信サービス

動画配信サービスの代名詞「YouTube」が産声をあげたのは2005年のことだ。それから15年の間に、動画を作って配信する人を指す「YouTuber」という言葉が生まれ、スマートフォンで気軽に動画を楽しめる環境も整った。今、僕たちの生活には動画コンテンツが溢れている。しかし、そのYouTubeも安泰ではない。すでに、米国、英国、スペインの子どもたちはYouTubeに費やすのと同じ程度の時間を、中国発の動画配信サービス「TikTok」に費やしているという調査結果もある。

今週の特集では、ここ最近のニュースを振り返ることで、長きに渡って激戦を繰り広げる動画配信サービスの現状を追った。