オンとオフを越境するスマートワーカー。先進のワークスタイルにフィットする時計


【記事の最後にATTESAを360°チェックできる3Dモデルを掲載中】

スマートワークのカギは、場所や時間に縛られない多様な働き方にある。「働き方改革」が世の中に浸透して、男たちはスーツを着ない「働く服改革」の恩恵を受けているが、次のステップは「働く場所改革」だ。たとえばリモートワークやコワーキングスペースを活用することで、毎日の満員電車から解放されて、心もカラダも束縛されない新しいワークスタイルが仕事のクオリティを上げていく。

働く場所改革で、より厳しい自己管理が求められる一方、ガジェットなどを駆使してスマートに仕事を楽しむライフハッカー。その新たなワークスタイルを支えるのが、上質なデザインでありながら、機能性が高い腕時計の存在だ。アテッサ アクトラインならフォーマルなビジネスシーンからアクティブに過ごすオフの時間まで、力強く軽快に過ごすことができる。

シンプルで清潔感あるスタイルにフィットする、軽量かつタフな相棒の魅力

世界でも数少ない、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであるシチズン。100年以上の歴史と最先端の技術をもつ同社は、時とともに人々の働き方もずっと見つめ続けている。

出社の装いは、クリエイティブ職らしくジャケパン+リュックスタイルが定番だ。会社に服装規定はないが、軽量で動きやすく、メンテナンスが楽なストレッチの効いたジャケパンは移動に最適で、両手が自由に使えるリュックはもう手放せない。そんなアクティブな身支度を調えて家を出るときに気持ちを引き締めてくれるのは、硬質なマテリアルを纏った腕時計。

いわゆるビジカジスタイルで働いているので、そのままミーティングにも参加するし、内勤のときはリラックスして仕事に取り組める。そんな中でオンタイムの気持ちのスイッチを入れてくれるのが、アテッサ アクトライン。テクノロジーの結晶であるスーパーチタニウムのボディは、軽量かつ傷に強く、肌に優しい素材は、一日中身につけていても快適。アテッサ アクトラインの考え抜かれたデザインと素材は、自分のビジネススタイルと抜群の相性だ。

オン/オフの合言葉は「よく働き、よく遊べ」。とにかく動きながら考える!

仕事の合間を縫って、オフを創出するのが現代のワークスタイルであり、オフの気分を作り出すことでストレスを軽減させるのが現代のビジネスマンの処世術。スポーツジムに通う時間は読書に当てたいと思ったときに、妻が「ライトにフィットネス」と提案してくれたのが自転車通勤。

23日、天候に恵まれた日に会社まで、あるいは途中の駅まで無心で自転車をこぐ。仕事脳はフルスロットルで動かしながら、カラダを開放していくのは、言うなれば、一人ワーク・ライフ・バランスの実現のよう。出勤や退社はもちろんミーティング先までの移動も自転車を使うことで、健康が保たれ、アイデアや発想が湧きやすくなり、仕事のパフォーマンスが向上するなど、まさに良いことずくめである。アテッサ アクトラインは、傷が付きにくく汗や水にも強いので、アーバン・サイクリングライフにも最適だ

世界を舞台に活躍するビジネスツール

過去に海外赴任していたとき、日本との違いを痛感したのが現地ビジネスマンの ICT(情報 通信技術)の利活用。PC に加えてスマホやスマートスピーカーなど様々な種類のコンピュータを駆使した仕事ぶりには目を見張るものがあった。今、自分のリュックの中身を見ると、 ノート型 PC とタブレット、ポケットにはスマホ、そして腕には充実した機能を搭載したアテッサ アクトラインがある。仕事服がスーツからジャケパンになって、通勤電車が自転車 になった今、時間と場所にとらわれないノマドワーカー的なスタイルがやっと自分に定着 してきたようだ。

海外出張前に取引先とのリモートミーティングで話題になったのが、日本のビジネスマンの時間管理法。とかく残業が多くて、長時間働き過ぎだという指摘に対して、自分のタイム マネジメントを語ったら、都市で自転車の活用はGOODとのコメントをくれた。

この海外出張時に便利なのが、アテッサ アクトラインに搭載されている GPS 衛星電波機能 (*1)。出張先に着いたらボタンを押すだけで日付や時刻を合わせてくれるのは、本当に身も心も引き締まる。

家族と海外旅行に行ったとき、旅先でいつものように GPS衛星電波機能を使っていたら、子どもたちが興味津々でアテッサ アクトラインをのぞき込んだ。「地球を周回する GPS 衛星 からの電波を受信して、この国の正確な時刻でピタリと止まって時間を修正するんだよ」と説明する。家族全員、これからのバカンスでの楽しいひと時を思い描いてワクワクしているのが伝わってくる。

ビジネストリップのスタイルにも、オフの家族旅行の着こなしにもすっきりフィットするアテッサ アクトラインの上質なデザインは、仕事とプライベートを越えて、常に新しい刺 激を求める男性にこそふさわしい。

*1=シチズンは2015年に光発電GPS衛星電波時計として世界で初めて、時刻情報の受信を最短3秒で実現

力強く動きのあるデザインが、信頼を生み、説得力のある男を演出する

スタートアップ業界はもちろん、ビジネスでは新しいアイデアを創造するためにもカジュアルな雰囲気でのブレーンストーミングは非常に重要な要素である。そのためには事前のアジェンダ共有や決定事項のアクション共有は欠かせない。

ビジネスウェアもカジュアルに進化しているが、オフィスでの装いでいつも心がけているのは上手な小物使いだ。ボタンダウンシャツを着たい朝、配色がきれいなレジメンタルタイを選んで、紺ブレを着てみたり、ネクタイが固いときはネッカチーフを合わせたり。男性は女性に比べてアクセサリーは少ないものだが、そんな気分で腕時計も身につけると、腕元がまた新鮮に映ってくる。

硬質なデザインで、タフな男性を想起させるアテッサアクトライン。エレガントさとアクティブ感を合わせ持つデザインなので、スポーティでラフな服装でも時計を着替えることなく、自分を表現できるのがうれしい。

2020年のスマートワーカーは、常識の枠組みにとらわれることなく、自分を起点に大胆な発想を実現することで、きっと大きな成功を得ることができる。愛用の腕時計を信じて、創造の翼を大きく羽ばたかせよう。

◆アテッサ アクトライン エコ・ドライブGPS衛星電波時計F150
誰からも一目置かれる、力強くアクティブな印象を持つアテッサ アクトライン

一日が24時間、一週間が 日しかない中で自分自身が向上するためには、時間そのものの価値を上げる必要がある。オン/オフの着用シーンを問わず、どんな場面でも間違いのない、潔くシンプル、軽快なアテッサ アクトラインのある生活は、ビジネスマンのニュースタイルとして、身につける男性の価値を高めてくれるもの。ビジネスマンの知識武装のための三種の神器が、英語・IT・会計なら、信用を演出するための必携アイテムは、チタニウムウオッチのパイオニア「ATTESA」の新モデル、アテッサ アクトライン エコ・ドライブ GPS衛星電波時計F150である。

アテッサ アクトライン エコ・ドライブGPS衛星電波時計F150ラインナップ


CC3085-51E
CC3085-51A
CC3081-52E

アテッサ アクトライン

【3Dモデル】エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F150 CC3085-51E
操作方法:指やマウスで3Dモデルを触ると、360度回転、拡大・縮小します。いろいろな角度から製品を体験してみましょう。

【関連リンク】
シチズンの「アテッサ アクトライン(ATTESA ACT Line)」ならビジネスでもプライベートでも映える!ガジェット好きを唸らせるテクノロジーも満載(Engadget)
2カ月の育休を取ったパパは「仕事から一歩引いた」と思われる? そんな不安を克服、キャリアと育児を両立するまで(ハフポスト)
美人すぎるメンズファッションライターがナビゲート!50歳を過ぎた今だからこそ、オールマイティに使える一生モノの腕時計を。(MSN)

この記事はスポンサーとの企画によって制作された特集記事であり、編集部の意見が反映されたものではありません。