高速道路でのハンズオフ実現でストレスのない移動を支援する「ProPILOT 2.0」が登場

モビリティの活用で「人々の生活を豊かに」というビジョンを掲げる日産は、安全で持続可能な社会の実現を目指し、クルマの「電動化」「知能化」に向けた技術開発を積極的に進めている。その日産が、2019年秋、自動運転の時代にまた一步近づくインテリジェント・モビリティ技術「ProPILOT 2.0」を市販車に搭載する。第2世代となった「ProPILOT」はどのように進化し、高速道路運転のストレスを和らげてくれるのか。

より早く快適に目的地を目指す運転支援技術が第2世代に進化

人間が操作することなく、自動車が自律的に運転して人間や荷物を運んでくれる完全自動運転技術の実現は、遠い未来の話ではない。そんな中すでにAIやセンサーなどの最新技術を活用して、ドライバーの運転をサポートする運転支援技術はすでに実用化され、多くの市販車に搭載されている。

現在実用化されている運転支援技術には、大きく2つの方向性がある。1つは、普段は自動車を運転しないホリデードライバーや運転技術が低下した高齢者などが、とっさの時にブレーキとアクセルを踏み間違えるなどの事故を防ぐ技術。もう1つが、安全を担保しながらも、高速道路などを有効活用して、より早く快適に目的地に到着することを目指す技術である。

日産では前者の技術については、あらゆるリスクをドライバーに知らせ、緊急時にはシステムが介入する「全方位運転支援システム」の搭載で、歩行者や自転車など交通弱者の安全も確保する取り組みを進めている。

そして、日産において後者の技術を推進する取り組みとなるのが、2016年に発表されセレナに搭載されたことで話題になった「ProPILOT」だ。「ProPILOT」は、その後グローバルで7モデルに採用され、累計35万台販売されている。

1世代の「ProPILOT」では高速道路上で、設定した車速の範囲内で先行する車両と一定の車間距離を保ち、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する機能が実現された。2019年秋には、第2世代となる「ProPILOT 2.0」を搭載した市販車が発売されようとしている。この3年間で、「ProPILOT」はどのように進化したのだろうか。

最新のテクノロジーがレーンレベルで運転を支援する

ProPILOT 2.0」は第1世代の「ProPILOT」の機能に加えて、同一車線内でのハンズオフ機能やナビ連動のルート走行機能により、さらなる快適な走行をもたらす「インテリジェント高速道路ルート走行」を実現した。そこには、「3D高精度地図データ」「360度周囲センシング」「インテリジェント インターフェイス」といった、日産が独自に開発した3つの新技術が搭載されている。

3D高精度地図データ」には、高速道路の形状をセンチメーターレベルの細かさでデータ化した情報が保存されている。「ProPILOT 2.0」はこの情報を活用して、コーナーの曲率や坂の勾配を考慮したなめらかな速度制御を実現する。

「3D高精度地図データ」で高速道路の形状をセンチメーターレベルで保存

「3D高精度地図データ」で高速道路の形状をセンチメーターレベルで保存

「360度周囲センシング」では、カメラやレーダー、ソナーという3種類のセンサーを使い、詳細な道路情報や周辺状況を常に把握する。道路標識などの構造物も認識できるので、走行中に認識した構造物の情報を「3D高精度地図データ」の情報と照合することで、自車が高速道路上のどのポイントにいるのかをレーンレベルで高精度に把握する。

カメラ、レーダー、ソナーで道路情報や周囲の状況を把握する「360度周囲センシング」を実現

カメラ、レーダー、ソナーで道路情報や周囲の状況を把握する「360度周囲センシング」を実現

このレーンレベルでの位置情報の把握が、これまでのナビシステムでは実現できなかった、インテリジェントな運転支援を可能にする。例えば、高速道路で出口に向かう場合、「ProPILOT 2.0」は自分が今どの車線を走っているのかまで把握できているので、ドライバーに対して車線変更の正確な指示が出せる。

360度周囲センシング」によって得られたさまざまな情報は、「インテリジェント インターフェイス」によってリアルタイムにディスプレイ表示される。ディスプレイには、乗用車だけでなく大型車や二輪車などが、前方の各車線にどのような位置関係で走行しているのかが立体的に表示される。その際、同一車線上にあらかじめ設定した車速より遅い車がいると、ディスプレイ上に前の車を追い越すルートを提案してくれる。ドライバーがハンドルに手を添えて提案を承認すれば、自動的にウィンカーを出して車線変更し追い抜いてくれる。安全な距離が確保できたら元の車線に戻るよう提案してくれるので、承認すればまた自動で車線変更してくれる。

大型ディスプレイには、周囲の車両などの他、状況に応じて追い越しや分岐のための車線変更の提案が表示される

大型ディスプレイには、周囲の車両などの他、状況に応じて追い越しや分岐のための車線変更の提案が表示される

ついに実現したハンズオフドライブで運転時の負担を軽減

自家用車による移動は、公共交通機関を利用した移動と比べて、ドアツードアで人も荷物も運べるという利便性がある。一方で、目的地が遠方になるほどドライバーの疲労や負担が増える。特に、高速道路を利用した移動では、疲労や負担がドライバーによる注意不足を引き起こし、事故の要因になることもある。

そういった負担を軽減するため、「ProPILOT 2.0」ではドライバーが常に前方を注意し、道路や交通、自車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作できる状態にあれば、同一車線内でハンドルから手を放す「同一車線内ハンズオフ機能」を実現した。これによって、ドライバーは手も足も運転から解放され、リラックスした姿勢で高速道路走行が楽しめる。

ハンズオフ起動中は、ダッシュボード上のドライバーモニターカメラがドライバーの前方注視をモニタリング

ハンズオフ起動中は、ダッシュボード上のドライバーモニターカメラがドライバーの前方注視をモニタリング

周囲の自動車の走行状況によって、ドライバーが自分の意思で車線変更を行いたい時でも、ハンドルに手を添えて方向指示器を操作し、システムが車線変更可能と判断すると自動的に車線変更を行ってくれる。「3D高精度地図」には車線区分線の線種まで記録されているので、ドライバーが車線変更の意志を示しても、車線変更禁止区間であれば車線変更はせずに警告する。まさに、人間と自動車のインタラクティブな関係を支援してくれるシステムだ。

ドライバーがまったくハンドルを握ることのない完全自動運転システムが、移動の価値観に変革をもたらすことは間違いないだろう。一方で、人間と自動車が一体となって移動を楽しむ「ProPILOT 2.0」も、対話しながら自由に自動車を操るという、新たな運転の体験を提供してくれる。

日産「ProPILOT 2.0」に関する公式ページはこちらから

この記事はスポンサーとの企画によって制作された特集記事であり、編集部の意見が反映されたものではありません。