スタートアップと未来を作り出す伴走者であるために。新しい時代に向けてNTTドコモ・ベンチャーズの考える”Adapt”とは

NTTドコモ・ベンチャーズは2021年3月9日、次代の先駆者であるスタートアップのピッチやスペシャルゲストを招いた「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2021」を開催した。今回はテーマを「Adapt To The Future」とし、新型コロナウイルスの感染拡大をうけて、初めてのオンラインによる開催となった。オープニングの基調講演では、NTTドコモ・ベンチャーズ代表取締役社長の稲川尚之氏とNTTドコモ代表取締役社長の井伊基之氏(ビデオメッセージ)が、予測できない変化が一気に押し寄せた2020年を振り返りながら、新しい日常とその先の世界を決める変化およびイノベーションについて語った。ゲストセッションでは、俳優で国際短編映画祭の代表を務める別所哲也氏と稲川氏による対談「思考と行動の狭間」が行われたほか、NTTドコモ・ベンチャーズが出資したスタートアップによるセッションや、次世代マーケットを意識したスタートアップによるピッチが配信された。

NTTドコモ・ベンチャーズがスタートアップと共に世の中の常識を変え、新たな時代を創造していくなかでの役割やその想いについて、さらに今なぜ「Adapt To The Future」というテーマを取り上げたのか、イベントを終えた稲川尚之氏にお話を伺った。

コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)としてのNTTドコモ・ベンチャーズの役割とは

—— NTTドコモ・ベンチャーズのようなCVCから投資を受けることは、ベンチャー企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

CVCの役割は、単にベンチャー企業に投資をするだけでなく、事業会社との戦略的な連携などをもたらすことも目的としています。これまでに投資した企業はベンチャーとしての成長に加えて、NTTグループと協業したり、あるいはグループ内での買収や資本提携に発展する事例も増えてきました。

アメリカのような、起業家に自由に使える資金を与えて起業を支援する投資家やVCが少ない日本では、ベンチャー企業は大企業と組むことが重要です。著名な企業とパートナーシップを組むことで、信用度や資産価値を上げ、成長に繋がったベンチャー企業も多く見られます。

一方、事業規模が大きい大企業は、既存事業の維持や部署間連携の難しさなど様々な事情からイノベーションを起こしにくくなっています。そんな大企業にベンチャー企業が”合わせる”ようなパートナーシップの組み方だと、イノベーションは起こせません。ですから、大企業もベンチャー企業とパートナーシップを組むにあたっては一定の権限は持たせるべきです。そうして、パートナーシップを組んだベンチャー企業が成長すれば、動きがとれなくなった大企業にとってもイノベーションを起こす原動力となりえます。

NTTドコモ・ベンチャーズはこのように、大企業とベンチャー企業の双方でシナジー(相乗効果)が得られるような投資をすることが使命であると考えています。また、持続的な活動のためには財務リターンも重要になりますが、われわれが適切な目利きを行い投資した企業が上場するなど企業価値が上がっていけば、当社としても大きなリターンが得られることになります。

—— これまでの投資活動において、どのような実績や手応えを感じていますか。

私たちがベンチャー企業へ投資して「事業シナジーの創出」を生み出した例の1つとして、本日のイベント内でも発表した、「Otter™️」の例が挙げられます。こちらは、アメリカのOtter.ai社が提供する、英会話をリアルタイムに文字起こしするサービスの日本展開において、NTTドコモと独占販売のパートナーシップが締結されました。今後は、NTTドコモのグループ会社である株式会社みらい翻訳が提供するAIによる機械翻訳サービスを結びつけ、英語会話を聞いて自動的に日本語の議事録を作成するサービスも検討するなど、発展的な協業が見込まれています。NTTドコモ・ベンチャーズは2019年12月からOtter.ai社への出資や支援を進めており、その努力が実った協業になります。

NTTグループは通信インフラを構築・提供する事業を基盤にしてきましたが、今はその基盤を活用してコンテンツやデータなど広い意味での”情報”をどう提供するかを考える時代です。こうした領域には社会の変化の先端を進むベンチャー企業との連携が欠かせません。先ほどのOtterの例にしても、これまでのインフラ業としてのNTTグループの概念では、こういった連携は生まれてこなかったでしょう。NTTドコモ・ベンチャーズは、新しい発想を持ったベンチャー企業を探し出して投資し、成長させることで、NTTグループにも事業シナジーを与えています。

—— NTTドコモ・ベンチャーズはシード/アーリーステージのスタートアップも支援していますね。

NTTドコモ・ベンチャーズでは若いスタートアップに対して、6カ月という短期間での事業成長を支援する、伴走型インキュベーションプログラム「/HuB(スラッシュハブ)」を2019年から実施しています。第4期となる2021年1月から6月までの支援先スタートアップの中には、NTTドコモとは全く繋がらないのではないかと思える事業もあります。

しかし、これまで進めてきたインキュベーションプログラムにおいて、そのように思われたスタートアップであっても、私たちが必死に向き合いながらメンタリングして成長を支えていくことで、最終的にNTTドコモとのビジネスに繋がっていくことに気がつきました。そうやって成長した多くのスタートアップがピッチコンテストで優勝したり、大手から来たオファーのお話が広がっていったことで、「あのプログラムに選ばれると成長できる」といったお声までいただくようになりました。

イベント「Adapt To The Future」に込めた思いとは

——イベントテーマ「Adapt To The Future」に込めた思いとは

今回のイベントは、世界中が新型コロナウイルスのパンデミックによって人々の心が不安定になっている中で、どう行動してそこから抜け出すのか、また、これから思考の中心となるものは何かを考えようという意図もありました。そこで、「思考と行動の狭間」というテーマでゲストの別所哲也さんと対談させていただいたのですが、その中での別所さんのあるお話が印象に残りました。

別所さんは俳優としてデビューした後、ハリウッドであらためてアクタースクールで学んだ際に、「アクター(Actor)とは、演技をする人という前に行動する人だ」と教わったそうです。そして、俳優として成長するには「Know How」を考える前に「Know Who」を考えるべきであるとも言われたそうです。つまり、自分と向き合い自分に何ができるかを見極め、誰と何をすべきか誰と繋がりたいかを考えて行動しなければ前進できないのです。

それはビジネスにおいても同じです。いろいろと行動を広げていくとネットワークが広がり、人と人が繋がっていきます。そうやって、人と繋がるために行動することや自分を見つめ直すことの積み重ねこそが物事を切り拓いていくと共感しました。

——イベントを通して特に伝えたかったことは何でしょうか。

近年、リーマンショックや東日本大震災といった歴史的な出来事が起きましたが、私たちはそういったパラダイムシフトを乗り越えてきました。新型コロナウイルスによる混迷の中でも、すでに新しいアイデアで活路を見出している企業もあります。

2030年頃には5Gから6Gへと通信インフラが進化し、さまざまな産業でまた大きなパラダイムシフトが起きるでしょう。まさに、2021年は新しい日常が始まり、その先に「Adaptation」(適応)する年になるでしょう。NTTドコモ・ベンチャーズもそんな変化する時代に適応しながら、パートナーシップを結ぶベンチャー企業を見出し、成長に向けた支援を続けたいと思っています。

——現在、頑張っているベンチャー企業の方々へメッセージをいただけますでしょうか。

コロナ禍によって人々の気持ちが沈んでいる状況で経済を回していこうと考えた時、これまでのやり方に戻るのではなく、進化していくことが重要です。私たちの生活環境も、リモートオフィスやテレビ会議の利用が一般化するなど、一気にデジタル化が進みました。ここを起点にして、自分と向き合いながら、次のビジネスに向けて一歩進んでいきましょう。

通信インフラが6Gに進化する頃には、次世代のネットワーク技術を活用したさまざまな新サービスを提供できる可能性が広がっているでしょう。そこに向けて、みなさんとパートナーシップを組んでいければ、と思っています。

今、新たな日常に自ら変化しながら適応することが必要とされています。NTTドコモ・ベンチャーズは皆さんの未来を作り出す伴走者、そして水先案内人となりますので、是非、お互い前を向いて進んでいきましょう。

ベンチャー企業は、イノベーションを起こせなくなった大企業に、新たな事業を創出させる起爆剤となる。NTTドコモ・ベンチャーズは、ベンチャー企業に単に投資するだけでなく、ベンチャー企業の成長と成功に真剣に向き合い、事業全般に渡るメンタリングによって成長を支える。そうやって、若い人材にさまざまなチャンスを与える使命を持つ企業と言えるだろう。

NTT DOCOMO Ventures Day 2021サイトはこちら (2021年5月31日までアーカイブ配信中)

この記事はスポンサーとの企画によって制作された特集記事であり、編集部の意見が反映されたものではありません。