モビリティサービス・プラットフォームで新しいモビリティ社会に挑むトヨタコネクティッド

IoTや5Gなどの最新IT技術によって、すべてのモビリティのインターネット常時接続が当たり前になる時代が目の前に迫っている。そして、クルマはMaaSなどのモビリティサービスによって、社会インフラの一部として進化していくかもしれない。

これからのモビリティ社会において、クルマはどのような役割を果たすのか。その中で、トヨタコネクティッドは、どのようにして生活者のニーズにあわせ、課題を解決してゆくのか。トヨタコネクティッドの専務取締役の藤原靖久氏に、同社が今後のモビリティ社会の中で果たすべき役割について話を伺った。

「モビリティサービス・プラットフォームが変えていく未来のモビリティ」

―大きな変革期を迎えているといわれている自動車業界において、トヨタコネクティッドはどのような役割を担おうとしているのでしょうか。

今は、クルマの楽しみ方そのものが変わろうとしています。そんな中、トヨタコネクティッドでは、人々の暮らしをより便利で心ときめくものにするために、インターネットにつながるクルマを基盤としたモビリティサービス・プラットフォーム(以下MSPF)を構築することで、新たなサービスを生み出していきたいと思っています。

―MSPFとはどのようなものでしょうか。

MSPFは、トヨタ自動車が構築するモビリティサービスなどで必要とされる様々な機能を提供するオープンプラットフォームです。トヨタ自動車のコネクティッドカーから収集される車両ビッグデータが、専用のクラウドに安全かつセキュアに管理されます。MSPFでは、その車両ビッグデータを有効に活用できるように、車両管理や認証機能などの様々なアプリケーションプログラミングインターフェイス(以下API)を用意します。今後は、このMSPFをカーシェアやライドシェアといったモビリティサービスのほか、テレマティクス保険など、様々なサービス事業者との連携に活用していきます。

TechCrunch Tokyoのイベントでも紹介させていただいた、「スマートキーボックス(以下SKB)」は、APIの一つであり、「ロケーションベースドサービス(LBS)」は、クルマや人の位置情報の活用に特化したプラットフォームになります。

―単にクルマがネットワークに常時接続されるだけでなく、プラットフォームを利用することで、これまでにないサービスが生まれそうですね。

トヨタコネクティッドは以前からトヨタ自動車のレクサスなどのインターネット接続されたクルマに向けて、オペレーターサービスをはじめとするテレマティクスサービスを提供してきました。ですが、今はインターネットからクルマの位置や車両の機能制御ができる時代です。

このような時代になると、クルマそのもののサービスというよりも、クルマと連携したさまざまなサービスが可能になってきます。例えば、クルマが自宅の近くまで来ると自動的に自宅のエアコンを付けてくれるようになるかもしれません。

「生活者に寄り添い、社会課題を解決するトヨタコネクティッドの企業理念」

―MSPFで実現できたSKBのサービスとはどのようなものでしょうか。

SKBはカーシェアの鍵の受渡し問題を解決するため、既存のワイヤレスキーと近距離無線であるBluetooth Low Energy(BLE)の技術を用いた、物理的な鍵が不要なデジタルキーサービスです。スマートフォンのアプリから安全かつ安心にドアロックの開閉やエンジン始動を許可します。

通常、このようなキーレスエントリーの機能は、車両制御系の特殊なネットワークを利用するなどして実現します。SKBでは車両を改造することなく、SKBデバイスを車内に設置するだけで、キーレスエントリーが可能になります。この仕組みは、MSPFのクラウド上に保管されたキーの情報を、クルマの利用者がスマートフォンにダウンロードすることで実現されます。※現在はトヨタ自動車の対象車種に限られます

SKBはレンタカーやカーシェア事業者だけでなく、企業内の社用車管理にも活用できます。

―MSPFでビッグデータを有効活用したサービスとしてはどのようなものがありますか。

トヨタ自動車のコネクティッドカーから収集したプローブ情報(実際にクルマが走行した位置や車速などの情報)をもとに、直近約24時間の通行実績情報を地図上に表示する「通れた道マップ」というサービスを提供しています。

「通れた道マップ」では、トヨタ自動車のコネクティッドカーが走った道路であれば、交通状況をリアルタイムに把握できます。通行実績情報は常時更新がされるため、最新3時間ごとの情報がパソコンまたはスマートフォンからご覧いただけます。

また災害時には、避難所までのルートを表示・案内する機能を備え、自治体向けの交通情報サービスとも連動することで、自治体が提供する避難情報の災害情報を共有することも可能です。

―このようなサービスで生活者の課題を解決する際に大切なことはなんでしょうか。

私たちの企業理念は「限りなくカスタマーインへの挑戦」であり、サービスを提案するにあたって一番大切していることは、自分がカスタマーになることなのです。

実際に、「親の運転に過干渉せずに安全を確保」「家族が安心する仕組みを作りたい」というカスタマーとしての私の思いを、社内の仲間と共有したところから始まったプロジェクトがあります。その検証も、自らの家族で実行しています。

顧客目線に立って課題を考えるだけでなく、サービスが完成したら生活者にどのように自分の仕事が届くのかを最後まで確認する責任を持たなければ、本当の課題解決にはならないと思っています。

「限りなくカスタマーインへの挑戦をする企業で働くということ」

―トヨタコネクティッドの社員は、どのようなキャラクターの方が多いのでしょうか。

社員はみんなチャレンジ精神を持っていて、他の誰もがもやっていないことを先んじてやろうとします。私自身、トヨタ自動車の販売店にいた頃に、在庫を減らすためにコンピュータの勉強を始めました。

なんにでもチャレンジする精神が大切です。やってもいないのにできないと思うのは間違っています。チャレンジを始めると、なにができてなにができないのかが見えてきます。そして、できないところを、どうすればできるようになるのかを考えることが重要だと、日頃から社員に伝えています。

―実際にいろいろなことにチャレンジできる環境があるのでしょうか。

今年から、社内で提案されたアイデアに対して、試験研究費という予算を使って発案者がチャレンジできるようにしました。

それまでは、基本的にはトヨタ自動車の企画を請け負っていたのですが、自分たちで提案していくというスタンスに切り替わっています。これによって、これまでやりたくてもできなかったことにも、思い切ってチャレンジできるようになりましたね。

―社員構成はどのようになっているのでしょう。

トヨタから出向してきた社員は少なく、いろんな分野からキャリア採用した経験者が大半をしめています。みんな自由な発想を持っているので、黙っていてもいろいろとチャレンジしてくれます。むしろ、なにをやらかすかわからないくらいなのですが、そういう人の方が面白いと思っています。

一方で、これまでは、クルマとインターネットを繋げて何ができるのだろうという試行錯誤の部分もあったので、直接雇用の採用は控えめにしてきました。ですが、会社としての方向性が定まり、事業を拡大していこうという今、好奇心を持って新しいことへチャレンジする人材が必要です。そこで、これからは新卒社員も含めて直接雇用の社員を積極的に採用していこうと思っています。

「これからのモビリティ社会を支えるトヨタコネクティッドのテクノロジー」

―今注目している技術は何ですか。

コネクティッドカーに向けたサービスを拡大して充実させるには、トヨタのクルマだけではなく、あらゆるメーカーのクルマがインターネットに繋がっていなければなりません。そのためには、いろいろな車種に後付けできる通信デバイスの開発が必要になります。

通信デバイスそのものの開発に関しては他の会社にお任せしますが、トヨタコネクティッドは世の中のあらゆるクルマに搭載されたデバイスが繋がり、世界中でさまざまなサービスが提供できるプラットフォームを構築したいと思っています。

―そのようなプラットフォームが構築されれば、モビリティを活用する意義も変わってきそうですね。

今後は、カーシェアリングやレンタカーなどのサービスが、モビリティ社会の中で大きな意味を持ってくると思っています。

例えば、最近は若者のクルマ離れが社会現象になってきました。その要因についてはいろいろと考えられますが、一つには若年層の購入できるクルマがないこともあるでしょう。そこで、SKBのようなソリューションによって、スマートフォンだけで安価にクルマを借りる手続きができるようになれば、学生さんでも急に友人と海に行きたいと思い立った時に、自ら運転して移動できます。そのように、クルマを使って好きな時に自由に移動できるという体験が、いずれは自家用車を持ちたいと思う気持ちに繋がっていくかもしれません。

また新興国で、SKBをはじめとするキーシェアソリューションにより、気軽にクルマが借りられるプラットフォームが整備されれば、UberやDiDiのようなタクシー配車サービスを誰でもが始められるようになるかもしれません。すなわち、雇用創出に繋がるかもしれないのです。

このように、MSPFの活用が、世界中の社会課題の解決にも貢献できればといいなと考えています。これからもさまざまな視点から、「限りなくカスタマーイン」の実現に向けチャレンジを続けていきたいと思います。

この記事はスポンサーとの企画によって制作された特集記事であり、編集部の意見が反映されたものではありません。