エンターテイメント

  • AIを使った映画制作を狙う中国のスタートアップ

    AIを使った映画制作を狙う中国のスタートアップ

    現在の技術は、Westworldを現実のものにできるほどには十分に進歩していないが、スタートアップたちは仮想空間における人間とロボットの相互作用を再現しようとしている。 続きを読む

  • なんとLEGOで実物大シボレー・トラックを製作、新作ムービーも3月公開へ

    なんとLEGOで実物大シボレー・トラックを製作、新作ムービーも3月公開へ

    LEGOでシボレー・シルバラードを作ってしまったチームがあった。トラックは実物大で2月に公開される新しいLEGO Movie[日本では3.29公開] のCMのためだという。 続きを読む

  • 時速145キロの車の中でVRを使っても気持ち悪くならなかった!

    時速145キロの車の中でVRを使っても気持ち悪くならなかった!

    Holorideは人びとに、乗用車の後部座席でVRを使わせようとしている。私の胃袋にかけて、その狙いは成功だと報告したい。 続きを読む

  • NetflixのシリアスSF「ブラックミラー」の特別編「バンダースナッチ」は対話的ドラマらしい

    NetflixのシリアスSF「ブラックミラー」の特別編「バンダースナッチ」は対話的ドラマらしい

    Netflixが配信を開始する『ブラックミラー:バンダースナッチ』は平行世界をシリアスに描くSFドラマだ。評価の高い『ブラックミラー』の特別編という位置づけになる。 続きを読む

  • Amazonが映画館チェーンを買収か?

    Amazonが映画館チェーンを買収か?

    Amazonは、実際の映画館の世界で、より多くの進めるための準備をしているのかもしれない。ブルームバーグによれば、この電子商取引の巨人はLandmark Theatresの獲得の準備をしているらしい。Landmark Theatresは米国最大の芸術映画(インディーズならびに外国映画)チェーンを自称しており、27地域268スクリーンにまたがる52の映画館を結んでいる。 ブルームバーグの情報提供者によれば、AmazonはWagner/Cuban Cosからの事業買収の可能性と競い合うことになるという。だが最終的な決定はなされていない。 各社はこの… 続きを読む

  • ブランドワールド:中央集権化するエンターテイメント

    ブランドワールド:中央集権化するエンターテイメント

    私はハリウッドの興行収入を眺めることが好きだ。なぜならそれらは文化的トレンドに関する確度の高い統計的ビューを提供してくれるからだ。たとえば読者は、今月初めて、週末に米国で上映されたトップ10のうち8本が続編だったことを知っているだろうか?あるいは、2018年の前半にリリースされた映画は400本を数えるものの、総売上の40%近くがそのうちのたったの4本からもたらされていて、しかもそれらは皆スーパーヒーローものの続編だったことは知っているだろうか? こんなことになるとは想定されていなかった。10年前には、ビジュアルストーリーテリングは一般化… 続きを読む

  • 「cluster.」にVR上で有料イベントができるチケット機能、第1弾はVTuber輝夜月の音楽ライブ

    「cluster.」にVR上で有料イベントができるチケット機能、第1弾はVTuber輝夜月の音楽ライブ

    2017年末あたりから、バーチャルタレント業界が急速に盛り上がってきている。 YouTube上で活動しているバーチャルYouTuber(VTuber)が一気に増え、多くのファンを獲得。ユーザーローカルが公開するVTuberのランキングを見ても、1位のキズナアイを筆頭にそのファン数や動画の総再生回数の多さに驚かされる。 今後バーチャル上で活動するタレントが増えれば、例えば握手会やライブといったイベント活動やグッズの販売など「リアルなタレントが行っているような商業活動」も本格化していくだろう。 VRイベントプラットフォーム「cluster.」が… 続きを読む

  • Disney Imagineeringが自律型ロボットスタントマンを開発

    Disney Imagineeringが自律型ロボットスタントマンを開発

    50年以上にわたり、ディズニーランドとその姉妹パークたちは、徐々に洗練が続く「アニマトロニック」(生き物のように動く機械)キャラクターたちのショーケースとなっている。最初は空気圧で動き、やがて水圧になり、最近は完全に電子式となったこれらのフィギュアは、乗り物や、アトラクション、様々なショーなどに登場し、そしてパーク内の様々な場所でインタラクティブに、生命と感情を模したものを提供している。 彼らが作るマシンは、広がりつつあるディズニーの世界の中で、描き出すキャラクターたちの、激しい物理的性質をより良く表現するために、よりアクティブで移動す… 続きを読む

  • Roadie 2チューナーがギターチューニングに苦しむ私たちを救う

    Roadie 2チューナーがギターチューニングに苦しむ私たちを救う

    最初のRoadieチューナーは驚異的な製品だった。それは自動ギターチューニングシステムだ。あなたの携帯電話に接続して、ギターの弦の音を聞かせると、内蔵モーターを駆動して正しいチューニングを行ってくれるのだ。そして新しいモデル、129ドルのRoadie 2は、さらにクールになった。 私はRoadie 2を数ヶ月使っているが、今ではすっかりその虜(とりこ)だ。私は決して良い演奏者でもなければチューニングが得意でもなかった。私の耳はきちんと聞き取ることができず、そのへんのツールを使ってさえギターを正確にチューニングすることができなかったのだ。しか… 続きを読む

  • アカツキが「エンタメ×テック」ファンドの投資先公開、人工流れ星やMRお化け屋敷など国内外8社

    アカツキが「エンタメ×テック」ファンドの投資先公開、人工流れ星やMRお化け屋敷など国内外8社

    モバイルゲームなど複数のエンターテイメント事業を展開するアカツキは2月1日、2017年10月に設立した「Akatsuki Entertainment Technology Fund」の出資先を公開した。 同ファンドは国内外のARやVR、MRを中心とした「テクノロジー×エンタメ」領域のスタートアップに対し、シード〜シリーズAのラウンドで1社あたり1000万円〜1億円の出資をするというもの。映画やゲームだけでなく、広い範囲でエンタメの要素がある事業は出資の対象となる。 これまで日本企業2社を含めた計8社へ出資。今回はそのうち6社について公開している… 続きを読む

  • Soundchartsは音楽アーティストとレーベルのための分析ツール

    Soundchartsは音楽アーティストとレーベルのための分析ツール

    フランスのスタートアップSoundchartsは、音楽アーティストのためのApp Annieのようなものを構築している。このサービスは、世界中のラジオで何が再生されているか、Spotifyプレイリストなどで何が人気があるのかなどのデータを、大量に提供してくれる。同社はAlven CapitalやKima Ventures、そしてGlobal Founders Capitalから、310万ドル(265万ユーロ)を調達したばかりだ。 多くの大手ミュージックレーベルは既に、多くの企業と協力してラジオ放送に関する洞察は得ている。彼らは、例えば、こうしたデ… 続きを読む

  • ディズニー、2019年に独自ストリーミングサービスを開始――Netflixからは引き揚げ

    ディズニー、2019年に独自ストリーミングサービスを開始――Netflixからは引き揚げ

    ディズニーの本日(現地時間8/8)の発表は避けられない結果だった。同社は2019年に独自のストリーミングサービスを開始し、同年中にNetflixで配信されている映画を引き揚げると発表したのだ。しかし、ディズニーがストリーミングサービスをローンチするのはこれが初めてではないと気づいた人もいるかもしれない(つまり新サービスはアメリカの消費者にとっては初ということになる)。実は同社はDisneyLifeと名付けられたストリーミングサービスを2015年からイギリスで運営しており、一時的ではあったが中国でも過去に同サービスが利用できた。 もともと… 続きを読む

  • YouTube TV、サービス提供地域が3倍に――アメリカ国内10都市が追加

    YouTube TV、サービス提供地域が3倍に――アメリカ国内10都市が追加

    YouTubeは本日(現地時間7/20)、テレビ放送ストリーミングサービス「YouTube TV」の提供地域に、新たにアメリカの10都市を追加したと発表した。そのうち9都市では、4大ネットワーク(ABC、CBS、FOX、NBC)全てのローカル放送がライブ配信される。主要ネットワークの番組をライブ視聴できるというのは、YouTube TV誕生時からの強みのひとつだ。YouTubeは各都市でそれを実現するため、あえてまだ全国展開していない。 続きを読む

  • ディズニーがその驚異的なアバターロボットの中身を公開した

    ディズニーがその驚異的なアバターロボットの中身を公開した

    5月の終わりにディズニーはフロリダ州ディズニーワールドのアニマルキングダム内にアバターをテーマにしたエリア(パンドラ:ワールドオブアバター)をオープンした。まだオープンからほんの数週間しか経っていないために、まだ訪れた人は多くはないが、もし訪れたならナヴィ・リバー・ジャーニーに行く時間を是非とって欲しい。ツアーの終点には、アニマトロニクス(生き物のように見えるロボット)のナヴィ(アバターに登場する青いヒューマノイド種)が居るが、これまでに作られたアニマトロニクスの最も素晴らしい例の1つだ。 今日(米国時間7月17日)の午後に、ボストンで… 続きを読む

  • 現代版ケータイ小説?人のチャットを覗き見るように物語を読むアプリTapがローンチ

    現代版ケータイ小説?人のチャットを覗き見るように物語を読むアプリTapがローンチ

    米国時間2月22日にローンチされたTapは、チャットのような見た目で携帯電話上に物語を表示させるアプリだ。Tapを開発したWattpadは、作家のためのソーシャルパブリッシングプラットフォームを運営している。同社は世界中に4500万人もの読者を抱え、Wattpadユーザーはウェブサイトやモバイルアプリ経由で、約2億5000万種類の物語を読むことができる。 そしてWattpadはこの度リリースしたTapで、従来のフォーマットを離れ、ユニークな物語の楽しみ方を試そうとしている。 続きを読む

  • テクノロジーに「感動」を加える ― 電通ベンチャーズがアミューズメントツール開発の米Two Bit Circusに出資

    テクノロジーに「感動」を加える ― 電通ベンチャーズがアミューズメントツール開発の米Two Bit Circusに出資

    本日電通ベンチャーズが出資することを発表したTwo Bit Circusも、エンターテイメント分野のスタートアップだ。 電通傘下のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンドである電通ベンチャーズは2017年1月18日、アミューズメントツール開発の米Two Bit Circusに出資することを発表した。金額は非公開。今回の調達ラウンドには電通ベンチャーズのほか、JAZZ Ventures Partners、Foundry Group、Techstars Ventures、Intel Capital、Georgian Pineが参加している。… 続きを読む

  • 無線を使ってあなたの感情を検知するMITのデバイス

    無線を使ってあなたの感情を検知するMITのデバイス

    写真による手がかりは、MicrosoftのエモーションAPIのようなシステムが高い精度で人間の感情を検出するのに役立っているが、MITのコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAL)の新しい研究プロジェクトは、無線信号だけを使用して、より精度の高い感情の解釈を行うことができる。CSAILの研究者は、EQ-Radioという名前のデバイスを作成した。このデバイスは興奮、悲しみ、怒り、喜びをいった感情をこれまでのところ87%の精度で検出することができている。 続きを読む

  • Facebookがリアルタイム・モバイルビデオのハブになる―大規模アップデートでYouTubeに攻勢

    Facebookがリアルタイム・モバイルビデオのハブになる―大規模アップデートでYouTubeに攻勢

    今日(米国時間4/5)、Facebookはモバイル・アプリ内からライブ・ビデオを録画、検索、視聴できる専用タブ、Facebook Liveを発表した。FacebookのYouTubeなどに対する全面的攻勢が始まった。 このLiveタブは以前Messengerへのリンクとなっていたアイコンを置き換え、文字通りFacebookのセンターステージを占領している。ビデオはカテゴリーに分類され、Facebook上でワンタップでビデオを共有、視聴することができる。もはやニュースフィードに散らばったビデオのリンクと格闘する必要はない。 続きを読む