ガジェット

  • Raspberry Piのストアが開店、Apple Storeよりもクールかな

    Raspberry Piのストアが開店、Apple Storeよりもクールかな

    Raspberry Pi Foundationが今日(米国時間2/7)、その最新のプロジェクト、なんと本物のお店を披露した。 続きを読む

  • Nike、自動紐締めスニーカーの低価格版を来年発売へ

    Nike、自動紐締めスニーカーの低価格版を来年発売へ

    流行に敏感な人と怠け者にはグッドニュースだ——Nikeが自動紐締めスニーカーを再び販売する。そして今度はずっと安い。とはいえ350ドルはほとんどの人が靴一足に払うよりも大金だが、前モデルの希望小売価格720ドルの半分以下だ。 続きを読む

  • 2018年の最高&最悪のガジェットまとめ

    2018年の最高&最悪のガジェットまとめ

    2018年、数えきれないほどのガジェットが発売された。年末が近づき、Brianと僕とで最高中の最高ガジェット、そして最悪中の最悪ガジェットをまとめてみた。 続きを読む

  • ギフトガイド:旅行向け携行グッズ10選

    ギフトガイド:旅行向け携行グッズ10選

    今年は出張の多い年だった、実際これまでで一番多かった。それは楽しみと苦しみの両面を伴った。その状況を与えてくれたTechCrunchには感謝したい。実際のところ、この記事を書いている場合ではなく、おそらくアジアに向かうために荷造りを始めなければならないのだが、読者のために調べることにしよう。 普通のトラベルガイドとホリデーギフトガイドを書くのではなく、それらを1つにまとめることにした。なぜなら効率性こそが、読者の時間を最大に活用させるための鍵だからだ。技術は、荷造のプロセスを合理化し、旅行を最大限に活用する上で重要な役割を果たすことがで… 続きを読む

  • Androidよ、10周年おめでとう

    Androidよ、10周年おめでとう

    Googleが最初のAndroid搭載携帯電話のG1を公開してから10年が経った。その時以来このOSは、バグだらけでiPhone対抗のオタクOSから、間違いなく世界で最も人気の高い(または少なくとも最も数の多い)コンピューティングプラットフォームへと成長してきた。しかし、その道のりの上で幾つかの衝突を味わうことなしには、そこに辿り着くことは絶対にできなかった。 では私たちによるAndroidデバイス過去10年間の、簡単な回顧録にお付き合いいただこう:良かったこと、悪かったこと、そしてNexus Qだ。 続きを読む

  • 超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    超音波で眠っているスマートデバイスを覚醒させる

    私たちは未来の家が、小さなセンサーたちで溢れていることを確信している。セキュリティカメラ、一酸化炭素検出器、スピーカー、その他もろもろだ。とはいえ常に実行されている必要があるものは多くない。だが、もしそれらがオフだったとして、必要な時にどうやってそれらの目を覚ましてやれば良いのだろうか?超音波を使うのだ。 続きを読む

  • 「ヒトの瞬間移動」が5GとVRで現実に? KDDIとJR東が上野駅で体験イベント開催、1月27日まで

    「ヒトの瞬間移動」が5GとVRで現実に? KDDIとJR東が上野駅で体験イベント開催、1月27日まで

    ヒトの瞬間移動の実現が、VR・ARの発展で現実味を帯びつつあります。 KDDIと東日本は、大容量かつ低遅延の次世代移動通信「5G」と「VR」を活用し、東京から宮城県の商店街に瞬間移動したかのような体験が味わえる「南三陸さんさん商店街へ瞬間移動」イベントを、1月25日から27日の期間限定で東京・上野駅で開催します。 続きを読む

  • トヨタの新しいヒューマノイドは、まるで生きているように操ることができる

    トヨタの新しいヒューマノイドは、まるで生きているように操ることができる

    トヨタは、新しい第3世代のヒューマノイドロボット”T-HR3″を発表した(チャーミングな名前だ)。人間にとって有益で安全な助手となるようデザインされている。また「マスター操作システム」と呼ばれる機能も備えていて、それによって人間がT-HR3に自分の動きを真似させることで、VR遠隔操作プラットフォームとして使うことが可能だ。その通り、映画Pacific Rimに出てくる巨大ロボットイェーガーのようなものだ。 T-HR3は、家庭内介護、病院内、建設現場、被災地、そしてトヨタによれば外宇宙までをも含む、幅広い局面で人間の… 続きを読む

  • RoboBeeが水面から飛び立つ技を手に入れた

    RoboBeeが水面から飛び立つ技を手に入れた

    HarvardのWyss研究所が開発する、1ミリメートル幅の飛行ロボットプラットフォームであるRoboBeeは、何年もの間改良されて来た。この小さなロボットの最新機能は、水に飛び込んだあと、奇妙で巧妙な仕掛けを使って自力で浮上し空中に飛び上がり、近くに安全に着陸するというものだ。 空を飛ぶロボットや、(これまでのRoboBeeのように)水中を泳ぐロボットを作ることは可能でも、空中と水中を行き来することは困難な課題だった。このサイズでは、下部に対する水の抵抗は無視できず、離陸が妨げられる可能性がある(なおロボットは、翼が壊れる可能性がある… 続きを読む

  • 今年のウェアラブル市場は17%成長、販売数3.1億台、売上305億ドルの見込み――Gartner予測

    今年のウェアラブル市場は17%成長、販売数3.1億台、売上305億ドルの見込み――Gartner予測

    グローバルのウェアラブル市場は前年比で16.7%の成長を遂げる、という予測を調査会社のGartnerが発表した。”ウェアラブル”と一言で言っても、そこにはスマートウォッチから体に身につけるカメラ、さらにはヘッドマウントディスプレイまで、さまざまな種類のデバイスが含まれている。 同社の予測によれば、今年中に3億1040万台のウェアラブルデバイスが販売され、売上額は305億ドルにのぼるとのこと。さらに、売上額のうち93億ドルがスマートウォッチによるものとされており、現在このカテゴリーではAppleがSamsungに先… 続きを読む

  • Amazon、Alexaスキルの報酬対象を拡大――有料スキル・広告掲載は未だ非サポート

    Amazon、Alexaスキルの報酬対象を拡大――有料スキル・広告掲載は未だ非サポート

    本日(現地時間8/16)アマゾンは、Amazon EchoをはじめとするAlexaデバイス上で使える「スキル」(アプリのようなもの)の開発者向けに、新たな報酬プログラムを導入すると発表した。同社によれば、今後は5種類以上のカテゴリーで高パフォーマンス・高”エンゲージメント”のスキルに対して報酬が支払われるとのこと。なお、ゲームカテゴリーでは過去に似たプログラムを通じて開発者に報酬が支払われており、新プログラムでも同カテゴリーは報酬対象に含まれている。 ゲーム開発者向けの報酬プログラムは今年の5月に密かにリリースされ… 続きを読む

  • Snap、1.5〜2億ドルで中国ドローン企業の買収を検討中か

    Snap、1.5〜2億ドルで中国ドローン企業の買収を検討中か

    Snapは新しいハードウェアプロジェクトの実現に向けて、外部から力を借りようとしているようだ。関係者の情報によれば、Snapは中国のドローン企業Zero Zero Roboticsと買収交渉を進めているとのこと。 The Informationが最初に報じたこのM&Aの金額は1億5000万〜2億ドルに達すると情報筋は語る。金額だけ見るとかなりの大型買収のように感じられるが、Snapにとっては、2億5000万ドル以上を支払ったとされるソーシャルマップ企業Zenlyの買収がこれまでで最大のM&Aだった(なおSnapはZenlyの買… 続きを読む

  • 全てのコンソールやPCに接続できるAll Controllerが、Kickstarterで出資を募集中

    全てのコンソールやPCに接続できるAll Controllerが、Kickstarterで出資を募集中

    NES(米国版ファミコン)の時代、兄弟、従兄弟、友人に家に遊びに行くと、サードパーティ製のコントローラーを使わされることがあったことを覚えているだろうか?ジョイスティックが上手く動かせなかったり、モータルコンバットでどうしてキャラクターがキックを続けるのか、途方に暮れたりしたことはなかっただろうか?ということで、All Controllerを使えば問題は解決だ。 All Controllerは、原理的には、どのコンソールでも使用することのできるサードパーティー製品だ。マクロとスピードボタンを設定し、Xbox、PS4、あるいはSwitchに接… 続きを読む

  • このプーチン・トランプの彫られたゴールド・チタンバージョンで、Nokia 3310を再び偉大な電話に

    このプーチン・トランプの彫られたゴールド・チタンバージョンで、Nokia 3310を再び偉大な電話に

    今日(日本時間7日夕方)からG20サミットがハンブルグで開催される。ロシアの携帯電話メーカーであるCaviarはこのイベントを、特別なNokia 3310( 新モデル )で記念している。最高の金属である、チタンとゴールドが使われたこのケースの裏には、トランプとプーチンの横顔の浮き彫りが施されている。わずか14万9000ルーブル、つまり約2500ドルだ。 「いや、ちょっと待て」とあなたは言うだろう。「確か新しい3310は、皆が愛した丈夫な古い3380への懐古趣味を掻き立てて、キャンディーバーのような携帯電話黎明期の裏蓋を愛でさせようという代物じ… 続きを読む

  • ベビーテックも徐々に資金を集め始めている

    ベビーテックも徐々に資金を集め始めている

    親になれば家計の予算は大幅に変化する。夜の外出、流行りの服、手の込んだ料理などへ回される資金が大幅に減ることになる。そして、おむつや、便利な食品、そしてベビーカーからベビーベッド、チャイルドシートに至るまでの、無数の購入リストに、大金をつぎ込むのだ。 ということで、新しく親になった、もしくはこれから親になろうとしている世代は、マーケティング担当者の間では人気が高い。彼らは子供たちに刺激を与えながらも安全で、かつ自分たちの時間を節約してくれるような製品を特に受け入れる。 創業者たちも、その後援者たちも、小さな子供たちを見張ったり、食べさせた… 続きを読む

  • ノスタルジアの限界と任天堂――コンテンツの魅力以外に必要なもの

    ノスタルジアの限界と任天堂――コンテンツの魅力以外に必要なもの

    世界の人々は新たなリンクの冒険を待ち望んでいるのだろうか?まだみんな青い甲羅を投げたがっているのか?そしてレインボーコースをもう1周しようと思っているのか?はたまた、全員ゲットし直そうとするだろうか?もしもあなたが任天堂の経営陣であれば、かつては消費者に崇拝されていたブランドがノスタルジアの限界にぶち当たり、何かとても大きなものが崩れようとしていると気づき始めている頃だろう。 幸いなことに任天堂は次のステップを踏み出す準備ができているようだが、もしもそれが上手くいかなければどうなるのだろうか? 続きを読む

  • Chip ProはIoTガジェット製作を容易にする16ドルのコンピューター

    Chip ProはIoTガジェット製作を容易にする16ドルのコンピューター

    さてあなたが音声認識対応で、AIも内蔵、バズワードてんこ盛りの次世代ガジェットを作成したいとしよう。最初にする必要があるのは、プラットフォームの選定だ。Arduinoだとパワー不足だ。Raspberry Piはプロトタイプのためには素晴らしいが、Piから実プロダクトへ辿り着くためには多くのステップが必要だ。Next ThingのChip ProはIoTクリエイターのために、そうしたギャップをスマート開発キットを使って埋める手伝いをしてくれる。 続きを読む

  • W1チップ搭載のPowerbeats3はiPhoneユーザーであれば買い

    W1チップ搭載のPowerbeats3はiPhoneユーザーであれば買い

    Powerbeats3は、一見すると前機種とそれほど変わらないように映る。主にフィット感を向上させるため、細かな変更があちらこちらに加えられているくらいだ。しかし、AppleによるBeats買収の結果生まれたユーザーが喜ぶ新機能は、製品内部に秘められている。 9月のiPhone発表イベントでは、Beatsが来場者の注目を一手に集めることはなかったが、ステージ上で発表自体は行っていた。また、製品が展示されている会場でも、予想通りBeatsの新製品はAppleのイヤホンよりも目立たない場所に置いてあった。それでも新しいBeatsのワイヤレス… 続きを読む

  • クルマに搭載する小型ディスプレイ「Navdy」がついに発売、価格は799ドル

    クルマに搭載する小型ディスプレイ「Navdy」がついに発売、価格は799ドル

    私たちが初めてNavdyの存在を知ったのは2014年のことだ。クルマに搭載する小型ディスプレイであるNavdyはこの年、クラウドファンディングで250万ドルを調達している。 その2年後にはVCから2600万ドルを調達し、ついにその時が来た。今朝、Navdyの出荷が始まったのだ。 続きを読む

  • iOS 10とwatchOS 3の配信日が9月13日に決定、mac OS Sierraは9月20日リリース

    iOS 10とwatchOS 3の配信日が9月13日に決定、mac OS Sierraは9月20日リリース

    Appleの新しいモバイルOSであるiOS 10が、新しいwatchOSと共に9月13日より配信されるとAppleは本日のiPhone 7プレスイベントで発表した。iOS 10では様々な機能が強化されており、その一例として、Siriはサードパーティ製のアプリとも連携ができるようになった。これにより、ユーザーは声を使ってUberに車の手配をお願いしたり、Venmo上で支払を行ったり、ワークアウトを音声コマンドで一時停止したりといったことができるようになる。さらに、iOS 10には改良された写真アプリやマップアプリがインストールされているほか、ホ… 続きを読む