グリー

  • グリーが総額40億円の「VTuberファンド」開始、1号案件は米国の3Dアバターライブ配信サービス

    グリーが総額40億円の「VTuberファンド」開始、1号案件は米国の3Dアバターライブ配信サービス

    つい先日バーチャルYouTuber(VTuber)市場への参入を発表し、今後1〜2年で100億円規模の投資をしていくと発表していたグリー。具体的な取り組みの第1弾はバーチャルYouTuberを育成し、動画番組を制作するプロダクション事業だったが、第2弾として投資プロジェクトを始めるようだ。 グリーは4月17日、国内を中心にバーチャルYouTuberに関連するクリエイターやスタートアップ企業へ投資する「VTuberファンド」を開始することを明らかにした。規模は総額40億円の予定。 続きを読む

  • グリーが「バーチャルYouTuber」市場に参入、100億円規模の投資でゲームやメディアに続く第3の柱へ

    グリーが「バーチャルYouTuber」市場に参入、100億円規模の投資でゲームやメディアに続く第3の柱へ

    ここ数年で急速に認知度が広がり、2017年には流行語大賞にもノミネートされた「YouTuber(ユーチューバー)」。特に昨今ではモーションキャプチャー技術を活用して3DCGキャラクターが動画を配信する「バーチャルYouTuber」がトレンドだ。 チャンネル登録者が170万人を超える「キズナアイ」や、昨年12月のチャンネル開設からわずか4ヶ月ほどで60万人の登録者を獲得した「輝夜月(カグヤルナ)」を筆頭に、話題になるアカウントが続々と生まれている。 そんな伸び盛りのバーチャルYouTuber市場への参入を発表したのがグリーだ。同社は4月5日… 続きを読む

  • グリー、女性向け動画メディアやマーケティングを手がける3ミニッツを43億円で買収

    グリー、女性向け動画メディアやマーケティングを手がける3ミニッツを43億円で買収

    「動画元年」という言葉はインターネット業界では過去に何度も使われていて、一体いつなんだという状態ですが、弊社にとっては2016年が間違いなく元年です——サイバーエージェント代表取締役社長の藤田晋氏は2016年初のブログでこんなことを書いていた。同社は2016年4月にAbemaTVを正式にオープンしたので、それを踏まえてのコメントであることは間違いないが、上場企業であるサイバーだけでなく、動画関連のスタートアップが数多く活躍したのは紛れもない事実だ。 続きを読む

  • InstaVRがグリーVなどから総額約2億円を調達——ブラウザで動くVRアプリ作成ツール

    InstaVRがグリーVなどから総額約2億円を調達——ブラウザで動くVRアプリ作成ツール

    ウェブブラウザで動くVRアプリ作成ツールを提供するスタートアップのInstaVRは8月24日、グリーベンチャーズをリードインベスターとして、同社およびColopl VR Fundを割当先とした総額約2億円の第三者割当増資を実施したと明らかにした。 InstaVRは2015年11月に設立。ウェブブラウザ上で手軽にVRコンテンツを作成・配信・分析可能なツール「InstaVR」を展開している。作成したVRコンテンツは、ウェブに埋め込んだり、iOS、Android、Gear VRなど幅広い端末で動作するネイティブアプリとして出力することができる。… 続きを読む

  • ヤフー、ミクシィ、グリーはどうやって構造改革を実現? 当事者が振り返る

    ヤフー、ミクシィ、グリーはどうやって構造改革を実現? 当事者が振り返る

    PC時代の王者からスマホに舵を切ったヤフー、老舗SNSからゲームで再生を果たしたミクシィ、約1割の従業員を削減してネイティブゲームに注力するグリー――。こうしたネット企業はどのように構造変革を実現したのか。12月3日に京都で開催された「IVS Fall Kyoto 2014」でヤフー執行役員の小澤隆生氏、グリー取締役の山岸広太郎氏、ミクシィ前社長で現在はジョッキンゼー代表取締役の朝倉祐介氏らが「当事者」としての体験談を語った。 続きを読む

  • [jp]はてなCTOの伊藤直也氏はグリーへ――ソーシャルメディアの開発担当に

    [jp]はてなCTOの伊藤直也氏はグリーへ――ソーシャルメディアの開発担当に

    昨日、はてなのCTOだった伊藤直也氏が同社の退任を自身のブログで発表し、その動向が注目されていたが、グリーの入社が決まっていたようだ。 伊藤氏は本日付けでグリーのメディア開発本部ソーシャルメディア統括部長プロデューサーに就任した。 ニフティではブログサービスのココログの開発に携わり、また、はてなでは「はてなブックマーク」の開発や技術部門の統括をしてきた伊藤氏だが、今後、グリーではソーシャルメディアの開発に携わる。当初はGREEのスマートフォン向けの技術開発に着手する(GREEのiPhoneやAndroid向けのアプリの提供などを予定してい… 続きを読む