コンピュータビジョン

  • 新型コロナ対策として空港の混雑などを監視するZensorsのコンピュータビジョン

    新型コロナ対策として空港の混雑などを監視するZensorsのコンピュータビジョン

    防犯カメラの映像などからレストランの空き状況や行列を追跡するスタートアップのZensorsは、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、混雑や清掃の状況を無料で追跡できるようにする。 続きを読む

  • 歩行者の動き方にも注目する自動走行車の視覚

    歩行者の動き方にも注目する自動走行車の視覚

    自動運転車の技術に関する研究で名高いミシガン大学は、歩行者の動作を予想するための進化したアルゴリズムに取り組んできた。 続きを読む

  • 小さな2D画像から3Dオブジェクトを生成する賢いアルゴリズム

    小さな2D画像から3Dオブジェクトを生成する賢いアルゴリズム

    世界を観察することで、私たちは知覚に情報を与え続けている。そのことで私たちは片側しか見ることのできない、或いは一瞬しか見ることのできない物体の全体像を想像することを、かなり上手にできるようになる。しかし、コンピュータにとってそれはただ苦手な仕事だ。しかし幸いなことに、 BerkeleyのAI研究者が作成した賢い手法が、その性能を大幅に向上させてくれるかもしれない。 何かを2Dで見て、実際の大きさを正確に推測することができるなら便利だ。それはARやVR、クリエイティブなワークフローなどの中でオブジェクトを追跡することを助ける。だが、それは難… 続きを読む

  • 視覚障害者も”見える”ようになるスマートグラス―、オックスフォード大研究者らが開発

    視覚障害者も”見える”ようになるスマートグラス―、オックスフォード大研究者らが開発

    世界の人口の1%(約7000万人)が視覚障害に苦しんでいると言われている。 コンシューマー製品が狙う市場規模としては、この数字は大したことがないかもしれないが、視覚障害者をサポートするテクノロジーの少なさを考えると、これは膨大な数だと言える。 昨年オックスフォード大学のプロジェクトから誕生したスタートアップのOxSightが、彼らの生活を変えようとしている。同社は、視覚障害者が身の回りのものを認識し、障害物を避けることを可能にするARスマートグラスを開発し、現在そのテストを行っている。彼らのプロダクトは、言うならば視覚障害者用の補聴器のよ… 続きを読む

  • Bots_aliveキットは、AIでおもちゃのロボットに、生き物のような可愛らしさを吹き込む

    Bots_aliveキットは、AIでおもちゃのロボットに、生き物のような可愛らしさを吹き込む

    CESではガジェットの数が足りなくて困るということはなかったし、来月の玩具フェアでもガジェットに不足することはないだろう。素晴らしい人工知能を搭載したロボットとガジェットたち。とはいえ実は「人工知能」という意味では不足しているのだ。しかし、実際のAI研究者による、より慎ましやかなアプローチが、生き物のような振舞を生み出す、巧妙な手段を作り出した。既存のロボットを使ったシンプルでエレガントなソリューションによってそれは実現されている。 このキットの名前はbots_aliveというもので、現在Kickstarter上でわずか1万5000ドル… 続きを読む

  • 赤ちゃんの睡眠でお悩みなら「Nanit」にお任せ

    赤ちゃんの睡眠でお悩みなら「Nanit」にお任せ

    もしシンプルなカメラが捉えた映像を機械学習が分析して、フェンスに近づいてくる人物の警戒レベルを教えてくれるとしたらどうだろう。もし同様にして食料品店の売り場で買い物をしている人の行動を分類できるとしたら?例えば、買う気があるのか、決断停止中か、はたまた探しているものをちゃんと見つけられているのか。画像認識と解析速度の向上のおかげで、単に観察するだけではなく、人間の行動を分類できるスマートカメラはモノのインターネットの次のステップなのかもしれない。 続きを読む