コンピュータービジョン

  • 非侵襲性血糖値モニター開発のEasyGlucoseがMicrosoftイベントで賞金10万ドル獲得

    非侵襲性血糖値モニター開発のEasyGlucoseがMicrosoftイベントで賞金10万ドル獲得

    米国時間5月8日、Microsoftが毎年開催している学生スタートアップ企業のコンテストであるImagine Cupの今年の優勝者が決まった。 続きを読む

  • ローエンド車載CPUでも実現可能な自動運転技術

    ローエンド車載CPUでも実現可能な自動運転技術

    高価でかさばるハードウエアに依存しないコンピュータービジョン技術を提供する方法を開発したあるスタートアップが資金調達に成功した。 続きを読む

  • Tesla Model 3の組立ラインの自動化は間違っていなかった

    Tesla Model 3の組立ラインの自動化は間違っていなかった

    テスラは2018年第4四半期の時点で9万1000台を出荷している。しかしその生産台数の増加は、無数の問題の解決やマスクの当初の「高度に自動化された組立ライン構想」から離れることなしには達成できなかった。 続きを読む

  • ウォルマート傘下のサムズ・クラブがバーコードの代わりにコンピュータービジョンで商品スキャン

    ウォルマート傘下のサムズ・クラブがバーコードの代わりにコンピュータービジョンで商品スキャン

    Walmart傘下のSam’s Clubは、コンピュータービジョンと機械学習を活用して商品のスキャンを簡単、迅速にするテストを開始した。 続きを読む

  • 写真スタジオよさらば、colormass仮想写真ツールの登場

    写真スタジオよさらば、colormass仮想写真ツールの登場

    IKEAは、デジタルイメージングを使用して製品マーケティングを次のレベルに引き上げるために、限界を押し広げたリーダーの1人だ。IKEAのカタログやそのウェブサイトを見ると、スウェーデンのソファー、コーヒーテーブル、スタイリッシュなランプがいっぱいの部屋を見ていると思うかもしれないが、実際に見ているのは非常にリアルながら、デジタル処理によって生み出された3D複製なのだ。そのような複製は次世代の小売に利用されよとしている:ARアプリだ。このアプリを使えば、何を買うかを検討しているときに、商品を選んで部屋の中に置いてみるといったことが可能だ… 続きを読む

  • Magic Leapがスイスを拠点とするDacudaの3D部門を買収 ― ヨーロッパ進出は同社初

    Magic Leapがスイスを拠点とするDacudaの3D部門を買収 ― ヨーロッパ進出は同社初

    AR分野のスタートアップであるMagic Leapは、これまでに14億ドルを調達しているものの、いまだにプロダクトをリリースしていない。そんな同社は、コンピュータービジョンとディープラーニング事業の拡大とヨーロッパへの進出を狙い、同社2度目となる買収を行ったことが確認された。 Magic Leapは、チューリッヒを拠点とするコンピュータービジョン分野のスタートアップ、Dacudaの3D部門を買収したことが明らかとなった。Dacudaがこれまでに注力してきたのは、コンシューマー向けのカメラで利用する2Dおよび3Dイメージングのアルゴリズムだ(… 続きを読む

  • Dysonがシンガポールに、AIとソフトウェアの研究開発に注力した技術センターをオープン

    Dysonがシンガポールに、AIとソフトウェアの研究開発に注力した技術センターをオープン

    Dysonはシンガポールでの業務を拡大している。掃除機とスマート家電のメーカーが新しい技術センターを本日(米国時間13日)オープンしたのだ。この英国生まれの会社は新しい施設へ5億6100万ドルを投資する。この施設は会社の成長するビジョンを推し進めるために、研究開発チームが様々なハードウェアとソフトウェアのノウハウを蓄積できるようにするものだ。 続きを読む