サンフランシスコ

  • 新型コロナの影響によるサンフランシスコ地域の外出禁止命令は5月末まで延長

    新型コロナの影響によるサンフランシスコ地域の外出禁止命令は5月末まで延長

    型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによりサンフランシスコ周辺の7郡に出されていた外出禁止命令は5月末まで延長されることとなった。新命令では「少数の低リスク活動」に関する規制が緩和される。 続きを読む

  • サンフランシスコ・ベイエリア住民に朗報、今のところハイキングに出かけるのはOKだ

    サンフランシスコ・ベイエリア住民に朗報、今のところハイキングに出かけるのはOKだ

    米国時間3月16日、サンフランシスコのロンドン・ブリード市長は、ベイエリア6郡の屋内避難指示を発表した。ここで重要なのは、今日現在、市長は完全な封鎖指示を出しているわけではないことだ。 続きを読む

  • Founders Fundのサイアン・バニスター氏、ベンチャー投資、サンフランシスコ問題について語る

    Founders Fundのサイアン・バニスター氏、ベンチャー投資、サンフランシスコ問題について語る

    Cyan Banister(サイアン・バニスター)氏はアメリカンサクセスストーリーそのものだ。TechchCrunch Disruptでもたびたび語っているとおり、家出して路上で手編みのネックレスを売っていたホームレスの少女が独学でプログラミングを学び、 SNSのパイオニアのひとつZivityを創業、セキュリティー企業であるIronPortの経営に加わるまでになった。 続きを読む

  • サンフランシスコのエド・リー市長が急逝――テクノロジー企業の誘致に大きな功績

    サンフランシスコのエド・リー市長が急逝――テクノロジー企業の誘致に大きな功績

    テクノロジー企業のトップと緊密な関係を保ってきたサンフランシスコの市長、エド・リーが急逝した。原因は心臓発作で65歳だった。リー市長はサンフランシスコをテクノロジー都市にする原動力だった。CBSを始めとするマスコミの報道の後、市は公式発表で市長が亡くなったことを確認した。 続きを読む

  • フォードがライド・シェア・スタートアップのChariotを買収

    フォードがライド・シェア・スタートアップのChariotを買収

    Ford Smart Mobilityは自動車会社のフォードが設立した会社で、既存の交通システムに対する代替的な交通手段を提供する会社である。この会社が初めての企業買収を行ったが、その会社とは、サンフランシスコを拠点とする通勤者用ライド・シェアのスタートアップであるChariot社だ。 続きを読む

  • 子供たちのためのUberを目指すHopSkipDrive

    先日TechCrunchはロサンゼルスを目指して南に向かった、目的は私たちのミニミートアップのため、そして急成長する同地域発のハイテクシーンに追いつくためだ。 私たちの注意を惹いたスタートアップの一つがHopSkipDriveだ。子供送迎のためのUberを目指している。Uberに1人で乗るためには乗客は少なくとも18歳である必要があるので、HopSkipDriveは忙しい両親のための送迎問題を解決したいと考えている。 続きを読む