ストリーミング

  • Airbnbがストリーミングメディアに進出か

    Airbnbがストリーミングメディアに進出か

    Airbnbがストリーミング事業に参入しようとしている。議論を呼ぶオンデマンド宿泊マーケットプレイスで知られる同社が、制作スタジオになる策略を練っている。Reutersが伝えた。 続きを読む

  • Twitchが公開した初めてのゲームはカラオケスタイルの「Twitch Sings」

    Twitchが公開した初めてのゲームはカラオケスタイルの「Twitch Sings」

    Amazonが所有しているゲームストリーミングサイトTwitchは、米国時間4月13日に初めての「ゲーム」を一般公開した。 続きを読む

  • 26日午前2時開始のアップルイベントのテーマはサブスク、アップルクレカの発表も?

    26日午前2時開始のアップルイベントのテーマはサブスク、アップルクレカの発表も?

    Appleのビッグイベントがいよいよ日本時間26日午前2時) に迫ってきた。最大の驚きはAppleがイベントを待たずに新しいハードウェアを続々と発表してしまったことだろう。 続きを読む

  • Google Stadiaを実機プレイ、多少の遅延が起きるが優秀なプラットフォーム

    Google Stadiaを実機プレイ、多少の遅延が起きるが優秀なプラットフォーム

    ゲーム・ストリーミングのプラットフォーム、Google Stadiaについて、レイテンシー、価格、サポート予定デバイスなどについて質問をした後、実機でテストしてみることができた。 続きを読む

  • ディズニーがAT&TからHulu株を買い取り、70%所有を目指す

    ディズニーがAT&TからHulu株を買い取り、70%所有を目指す

    DisneyはAT&Tが保有するHuluの株式、10%を買い取る交渉をしているとVarietyが報じた。実現すればDisneyはHuluの70%を所有することになる。 続きを読む

  • 音楽ストリーミング売上がはじめてダウンロードを超えた、日本レコード協会発表

    音楽ストリーミング売上がはじめてダウンロードを超えた、日本レコード協会発表

    Spotify、Apple Music、Google Play Music、そして2018年11月に日本上陸したYouTube Musicなど、音楽ストリーミングサービスはビックプレイヤーたちが入り乱れる大混戦の様相を呈している。そして、統計的にもこの領域が大きく盛り上がっていることが分かった。 続きを読む

  • AmazonのIMDb、無料ストリーミングサービス「Freedive」を公開

    AmazonのIMDb、無料ストリーミングサービス「Freedive」を公開

    米国時間1月10日、Amazon傘下の映画情報サイトIMDbは、無料ストリーミングサービスFreediveを発表した。 続きを読む

  • NetflixのシリアスSF「ブラックミラー」の特別編「バンダースナッチ」は対話的ドラマらしい

    NetflixのシリアスSF「ブラックミラー」の特別編「バンダースナッチ」は対話的ドラマらしい

    Netflixが配信を開始する『ブラックミラー:バンダースナッチ』は平行世界をシリアスに描くSFドラマだ。評価の高い『ブラックミラー』の特別編という位置づけになる。 続きを読む

  • プレイリストを軸とした新音楽サービス「DIGLE」が4200万円を調達“音楽体験をより豊かに、楽しく”

    プレイリストを軸とした新音楽サービス「DIGLE」が4200万円を調達“音楽体験をより豊かに、楽しく”

    世界最大の音楽ストリーミングサービス「Spotify」が日本でローンチしてからちょうど2年ほど経ち、ここ日本でも音楽聴取の文化は徐々にだが変わりつつある。形式は物理的な販売からデジタルダウンロード、そして定額配信へと移行し、音楽の聴取・シェアの仕方もこれまで以上に多様になった。 僕がパンク少年だった中学生の頃はお気に入りの曲をCDからMDに録音して「ミックステープ」のようなものを作り、自分で聞いたり友達に貸したりしていた。その頃はSpotifyやApple Musicも、SoundCloudやBandcampもまだ誕生していなかったからだ… 続きを読む

  • Amazon EchoでU2の独占コンテンツ配信が決定――Appleとの関係に終止符か

    Amazon EchoでU2の独占コンテンツ配信が決定――Appleとの関係に終止符か

    前回U2が発表した独占コンテンツは、思ったような結果を出すことができなかった。当時Appleは、5年ぶりに発表されたU2のオリジナルアルバム『Songs of Innocence』の独占配信権を獲得するため、1億ドルもの資金を投じたと言われている。しかし、多くのiPhone・iPadユーザーは、同アルバムが強制的にiTunesライブラリに追加されたことに苛立ちを感じていた。 その影響もあってか、それ以降U2とAppleのコラボについての話は聞かなくなった。そしてこの度、Amazonが最新アルバム『Songs of Experience』に関連し… 続きを読む

  • ストリーミング機器のRokuがIPO申請――財務情報から読み解く今後の展開

    ストリーミング機器のRokuがIPO申請――財務情報から読み解く今後の展開

    先週金曜日、Rokuは財務情報や事業戦略の詳細が記載されたフォームS-1(上場申請書)を提出した。同書類によれば、彼らはIPOで1億ドル調達しようとしているようだ。しかしこの数字が仮の値であることは周知の事実で、実際の調達額はそれ以上にも以下にもなり得る。 なお、これまでにRokuは2億ドル以上を調達してきた。 株価指数が過去最高に近い値を記録し、動画がメディア界の中心的存在となり、IPOで良い結果を残すテック株が出る(苦しんでいる企業もいるが)中、10億ドル前後の評価額での上場が噂されているRokuが市場に飛び込もうとしている。 そこで、… 続きを読む

  • 複数のストリーミングサービスからコンテンツを検索し、見たものを管理してくれるReelgoodが正式ローンチ

    複数のストリーミングサービスからコンテンツを検索し、見たものを管理してくれるReelgoodが正式ローンチ

    Reelgoodはベータ運用を終了し、本日(米国時間7月17日)より正式にローンチした。このサービスはコードカッター(直接的には「ケーブルを切る者」という意味。ケーブルテレビのライバルになるストリーミングサービスたちを指す)たちの中から新番組を検索しお気に入りを管理してくれるサービスだ。250以上のストリーミングサービスを1つのインターフェイスから扱うことができる。得られたものは、新しいストリーミング時代のテレビガイドのようなものだ。 続きを読む

  • Periscope、配信者がコンテンツを収益化できるスーパーハート機能をローンチ――仮想通貨ビジネスへの参入も?

    Periscope、配信者がコンテンツを収益化できるスーパーハート機能をローンチ――仮想通貨ビジネスへの参入も?

    Twitter傘下のPeriscopeは新機能をローンチし、新たな収益源と人気配信者の獲得を狙っている。本日(現地時間6月21日)ローンチされた、スーパーハートと呼ばれるアプリ内購入機能を使えば、ユーザーは好きな配信者に特別なハートマークを送り、コメント欄で注目を集めることができる。さらに配信者は、集めたスーパーハートの数に応じてTwitterから毎月現金を受け取れるようになる。 スーパーハートの収益は、まずiOS・Android版どちらについても30%のアプリストア利用料と決済手数料が引かれ、残りの金額の70%が配信者へ、30%がTw… 続きを読む

  • Spotify、2016年度のユーザー1億4000万、売上50%アップ――レーベルとの交渉力もアップ

    Spotify、2016年度のユーザー1億4000万、売上50%アップ――レーベルとの交渉力もアップ

    Spotifyのビジネスは順調だ。昨年は売上を50%もアップさせている。同社のミュージック・ストリーミングは総額で33億ドルを稼ぎ出した。これは木曜日にRecodeが報じた決算書類〔PDF〕で確認された。Spotifyのユーザー数も有料、無料合計して昨年の1億2600万人から1億4000万人に成長している。 続きを読む

  • テイラー・スウィフトとSpotifyが復縁――全楽曲が主要サービスで聞けるように

    テイラー・スウィフトとSpotifyが復縁――全楽曲が主要サービスで聞けるように

    2014年の別れからしばらくが経ち、テイラー・スウィフトとSpotifyが再び手を結ぼうとしている。アルバム『1989』の販売枚数が1000万枚を突破し、個々の楽曲の販売数も合計1億曲に達したことを記念し、テイラー・スウィフトは、6月8日の深夜よりこれまでに発表された全音源が全ての音楽配信サービスで聞けるようになるとTwitter上で発表した。 この発表以前にも、Apple Musicではテイラー・スウィフトの楽曲が配信されていたが、今回の決定によりSpotifyやAmazon Music Unlimited、Amazon Prime Music… 続きを読む

  • 十代の70%以上がストリーミングで映像・音楽を楽しむ時代――米Awesomenessが新ブランドをローンチ

    十代の70%以上がストリーミングで映像・音楽を楽しむ時代――米Awesomenessが新ブランドをローンチ

    YouTube好きの若者をターゲットにしたコンテンツを制作している、デジタルメディア企業のAwesomenessがニュース事業をスタートさせる。現地時間5月1日にニューヨークで行われたNewFrontsというイベントで、同社は新しいプロジェクトAwesomeness Newsを発表した。このブランドは、いわゆるジェネレーションZ(日本版注:1990年代半ばから2000年代前半に生まれ、ソーシャルメディアをはじめとするネットサービスに慣れ親しんだ世代。生年に関しては諸説あり)のオーディエンスをターゲットに、政治や社会正義、環境などをテーマ… 続きを読む

  • 初期費用0円で自分の映画館を ― マイクロシアターサービスの「popcorn」がリリース

    初期費用0円で自分の映画館を ― マイクロシアターサービスの「popcorn」がリリース

    NetflixやHuluなどのストリーミング動画サービスが普及したことで、以前より映画を観る機会が増えたというTechCrunch Japan読者も多いかもしれない。僕もその1人で、毎日のようにNetflixで映画やドラマを観ている(最近、僕はNetflixオリジナル作品の「13 Resons Why」にハマって夜ふかししがちだ)。 でも、「映画をみんなで観る」という体験はどうだろうか?パソコンやスマホで簡単に映画鑑賞できる時代になったからこそ、大人数で映画を楽しむことが少なくなったという人もいるだろう。でも、コメディを観るにしろ、1人で笑う… 続きを読む

  • Windows10版のNetflixでもオフライン視聴が可能に

    Windows10版のNetflixでもオフライン視聴が可能に

    NetflixがiOSとAndroid向けにオフライン視聴機能のサポートを開始したのは昨年後半のことだった。そして、今日からWindows10のNetflixにも同じ機能が追加されることになった。ただし、Windows 10のモバイルデバイスには対応していない。本日アップデートされたばかりのWindows 10版Netflixアプリを利用することで、映画をダウンロードしてオフライン環境でも視聴できるようになる ― 旅行などの際には重宝する機能だ。 これを最初に発見したのは、MicrosoftやWindowsの最新情報を伝える非公式ニュースサイト… 続きを読む

  • Googleのネットテレビ、「YouTube TV」の全貌が明らかに

    Googleのネットテレビ、「YouTube TV」の全貌が明らかに

    噂されてから一年あまり。YouTubeはエンターテイメント業界にさらなる攻勢をかける新サービスの全貌をついに明らかにした ― ライブのTV視聴サービスだ。 プラヤビスタにあるYouTubeのオフィス。100人あまりのジャーナリストたちはハンガーのような形をしたYouTubeのオフィスに集まった。私たちはそこに並べられたイスに座り、会場に流れる「Video Killed the Radio Star」と「Coffee and TV」を聴きながらこの発表を待っていた(ほんとに、YouTubeの音楽センスは素晴らしいよ)。 今回発表された新サービスのYouTu… 続きを読む

  • 全ての動画サービスをリモコンひとつで操作―、Caavoがテレビをさらにスマートに

    全ての動画サービスをリモコンひとつで操作―、Caavoがテレビをさらにスマートに

    Caavoというスタートアップは、さまざまなスマートボックスや動画ストリーミングサービスをひとまとめにするデバイスを開発している。1500万ドルの資金を調達した同社は、音声操作もできるユニバーサルリモコンとインターフェースを販売しており、ユーザーは複数のサービスをまたいで自分の見たい番組を検索することができる。 Caavoの詳細に入る前に、一旦現状の問題を確認してみよう。まず、テレビ番組やテレビ局、ストリーミングサービス、ストリーミングボックスの数は、今までの比にならないほど増加した。その一方で、コンテンツ数の多さから、見る価値のあるも… 続きを読む