スマートスピーカー

  • 新型コロナ禍でスマートスピーカーの利用頻度が米国の若年層を中心に増加

    新型コロナ禍でスマートスピーカーの利用頻度が米国の若年層を中心に増加

    米国時間4月30日にNPRとEdison Researchがリリースしたデータによると、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、スマートスピーカーでニュースや情報や音楽、エンターテインメントなどに接する消費者が増えている。 続きを読む

  • 2019年のスマートスピーカー出荷量は70%アップの1億4690万台で新記録

    2019年のスマートスピーカー出荷量は70%アップの1億4690万台で新記録

    2019年の世界のスマートスピーカー市場は対前年比70%拡大し、1億4690万台の出荷だった。世界市場でのトップはAmazon Echoであり、2019年のシェアは26.2%だった。アメリカでは依然としてAmazonが大きくリードしているが、世界では中国メーカーの進出が目立つ。 続きを読む

  • IoT
    Sonosが古いデバイスのサポート終了に関する方針を変更

    Sonosが古いデバイスのサポート終了に関する方針を変更

    Sonosは古いデバイスのサポートを終了し、ネットワーク上に古いデバイスがあると新しいデバイスもアップデートされなくなると発表して批判されていた。これを受けて同社は、新しいデバイスだけがアップデートされるようにするなど、方針を変更した。 続きを読む

  • IoT
    スマートスピーカー開発のSonosが古いデバイスのアップデートを打ち切り

    スマートスピーカー開発のSonosが古いデバイスのアップデートを打ち切り

    スマートスピーカーメーカーのSonosは2020年5月以降、一部製品のアップデートを停止すると発表した。システムに古いデバイスが含まれていると、新しいデバイスもアップデートされない。 続きを読む

  • 2020年はAI利用の対話型音声広告がブレーク、Instreamaticに注目

    2020年はAI利用の対話型音声広告がブレーク、Instreamaticに注目

    これまで音声広告を収益化する方法を発見するのは困難だったが、Pandoraがテスト中のInstreamaticはユーザーがストリーミングに挿入される広告と音声で会話する機能を提供する。 続きを読む

  • 低価格のAmazon Echo StudioがアップルのHomePodを追撃

    低価格のAmazon Echo StudioがアップルのHomePodを追撃

    Amazon Echo Studioは、疑いの余地なく、これまでで最も優れた、最も豊かな音質を実現したEchoだ。音質に限って言えば、AppleのHomePodなどに及ばない点はあるが、199ドル(日本では2万4800円)という価格設定は、アマゾンらしい実利的なもので間違いなく競争力を持っている。 続きを読む

  • Amazonの画面付きスマートスピーカーはキッチンにある物体をカメラで識別

    Amazonの画面付きスマートスピーカーはキッチンにある物体をカメラで識別

    Amazonは、画面付きスマートスピーカーのEcho Showに、視覚障害者向けの新機能を追加した。ユーザーが台所にある品物をAlexaのカメラに向けるとそれがなにかを教えてくれる。画像認識と機械学習の技術を組み合わせてEcho Showの見たものを識別する。 続きを読む

  • グーグルとファーウェイの共同開発スマートスピーカーが対中制裁でボツに

    グーグルとファーウェイの共同開発スマートスピーカーが対中制裁でボツに

    HuaweiはGoogleと提携してスマートスピーカーの開発を進め、秋のIFAに出展されるばかりになっていたが、トランプ政権の対中禁輸措置にともなう大混乱の中に消えたという。 続きを読む

  • Amazonが高音質のEchoスピーカーを来年発売か

    Amazonが高音質のEchoスピーカーを来年発売か

    AmazonはSonosのデバイスやアップルのHomePodといったハイエンドのスピーカーと同じ土俵で戦うEchoスピーカーを出そうとしているようだ。 続きを読む

  • 中国がスマートスピーカー市場で米国を抜いた

    中国がスマートスピーカー市場で米国を抜いた

    アメリカはもはやスマートスピーカー市場のリーダーではない。今日(米国時間5/20)Canalysが発表した最新データによると、中国のスマートスピーカー出荷台数は2019年Q1に500%成長し、米国を上回る市場シェア51%を占めた。 続きを読む

  • 普及が加速するスマートスピーカーは2年以内にタブレットを追い越す勢い

    普及が加速するスマートスピーカーは2年以内にタブレットを追い越す勢い

    スマートスピーカーの世界的なインストールベースは、この年末までに2億台に達する勢いで伸びているという。 続きを読む

  • SonosとIKEAによるスマートスピーカーは99ドルから

    SonosとIKEAによるスマートスピーカーは99ドルから

    Ikea(イケア)とSonos(ソノス)は提携し、スマートスピーカーを2019年8月に発売する。「Symfonisk」と名付けられたスマートスピーカーは、単に廉価かつSonosのロゴが入った製品ではない。他のSonos製品と同じく、同社のアプリからコントロールが可能なのだ。 続きを読む

  • アメリカでは成人の1/4以上がスマートスピーカーを所有、日本では?

    アメリカでは成人の1/4以上がスマートスピーカーを所有、日本では?

    スマートスピーカーやAIに特化したメディアのVoicebotは3月7日、「Voicebot Smart Speaker Consumer Adoption Report Jan 2019」と題された、アメリカにおけるスマートスピーカーの普及率などに関する調査の結果をリリースした。 続きを読む

  • IoT
    スマホやスピーカーで住宅をまるっとスマート化、「住宅のOS」手がけるSOUSEI Technologyが4.5億円調達

    スマホやスピーカーで住宅をまるっとスマート化、「住宅のOS」手がけるSOUSEI Technologyが4.5億円調達

    家の状態管理アプリ「knot」などを提供するSOUSEI Technologyは1月25日、あいおいニッセイ同和損害保険、京都大学イノベーションキャピタル、信金キャピタルから4億5000万円を調達したと発表した。 続きを読む

  • Lenovo、80ドルのGoogle Assitant対応アラームクロックを今春発売へ

    Lenovo、80ドルのGoogle Assitant対応アラームクロックを今春発売へ

    枕元に置くフルカラーディスプレイ付き音声入力対応アシスタントの「Echo Spot」は好きだが、AlexaよりもGoogle Assistantの方がいいという人にとって選択肢は限られていた。 続きを読む

  • Lenovoの新型タブレットはAlexaスマートディスプレイとの二役をこなす

    Lenovoの新型タブレットはAlexaスマートディスプレイとの二役をこなす

    Lenovoは優れたスマートアシスタントが何かを知っている。同社はGoogleと組んで最初のサードパーティー製スマートディスプレイを作った会社で、このたびAlexaタブレットも作った。 続きを読む

  • スマートスピーカーたちが示す2つの異なる道

    スマートスピーカーたちが示す2つの異なる道

    Sonos OneとAmazon Echo ―― 2つのスマートスピーカーたちに対する実に面白い探求のなかで、BoltVCのBen Einsteinは、伝統的なスピーカーメーカーとインフラ巨大企業、それぞれのフラッグシップモデルにみられる興味深い違いを発見した。 その投稿は全部を読む価値があるが、要約するなら以下のようなものになるだろう:従来型のスピーカーメーカーのSonosは優れたスピーカーをデザインし、その最新のハードウェアを手直しすることでAlexaやGoogle Assistantのようなスマートホーム機能を入れようとしている。Einste… 続きを読む

  • IoT会話と、文脈から意を汲み取るということ

    IoT会話と、文脈から意を汲み取るということ

    数年前、テクノロジーとコミュニケーションをとる方法について書いた。当時、身の回りにあったアプリや電話、車、半自動のコーヒーメーカーといった便利なツールを使うときに体験するちょっとした不都合が、何かしら革新的なもののJim Hunter登場でなくなるだろうというのは明らかだった。そうした接続機器を使うのに、たくさんタイプやスワイプしたり、アプリで管理したりする必要があったからだ。 続きを読む

  • Amazon Echo一般発売、もう招待なしで買えます

    Amazon Echo一般発売、もう招待なしで買えます

    Amazon.co.jpは、音声アシスタント「Alexa」を搭載したスマートスピーカー「Echo」シリーズの一般販売を本日(3月30日)開始しました。本日より予約販売を受け付け、出荷は4月3日を予定します。もう招待メールなしで購入できるようになります。 続きを読む

  • NHKに”AIアナウンサー”が登場 「ヨミ子さん」がニュース読みます

    NHKに”AIアナウンサー”が登場 「ヨミ子さん」がニュース読みます

    NHKのニュース番組に、「AIアナウンサー」が登場する。 4月からニュース番組「ニュースチェック11」(平日夜11時10分〜※)の水曜日のコーナーに登場する。NHK放送技術研究所が開発した平昌オリンピックの「ロボット実況」に使われた技術がベースになっており、AIによる音声合成でニュース原稿を読み上げる。 名前は「ニュースのヨミ子」。キャラクター「コップのフチ子さん」を手がけたタナカカツキさんがデザインを担当した。 続きを読む