セキュリティアーキテクチャ

  • Appleが待ち望まれていたバグ報奨金プログラムを開始

    Appleが待ち望まれていたバグ報奨金プログラムを開始

    Appleはこれまで無言のうちにバグへの報奨金支払を拒み、しばしばセキュリティ研究者をフラストレーションに晒して、欠陥をAppleに報告することを難しくしてしまっていた。しかしそれも今日変わった。Appleにおけるセキュリティエンジニアリングとアーキテクチャの長であるIvan Krsticが、最先端セキュリティ国際会議Black Hatの参加者に対して、Appleは製品に脆弱性を見つけた研究者に対して最高20万ドルまでの報奨金を支払うことを発表したのだ。 続きを読む