セールス

  • ウェブサイトのビジターを見込み客にするQualifiedは営業とマーケティングの革命を目指す

    ウェブサイトのビジターを見込み客にするQualifiedは営業とマーケティングの革命を目指す

    Salesforceの役員だったクレイグ・スウェンスラッド氏とショーン・ホワイトリー氏が創業したQualifiedが、シリーズAで1200万ドル(約12億7000万円)を調達した。CEOのスウェンスラッド氏によると、同社の目的は彼がSalesforceのCMOだったときに直面した問題を解決することだという。 続きを読む

  • オンラインからオフラインの橋渡しプラットフォーム「Sendoso」が44億円調達

    オンラインからオフラインの橋渡しプラットフォーム「Sendoso」が44億円調達

    物理的な販促品などの発送をデジタルで管理する、デジタルとフィジカルの発送戦略を合体させた企業向けの「発送プラットフォーム」Sendosoが、シリーズB投資で約44億円を調達した。 続きを読む

  • AIが営業トークを自動解析し“売れるトーク”との違いを提示、コグニティが1.9億円を調達

    AIが営業トークを自動解析し“売れるトーク”との違いを提示、コグニティが1.9億円を調達

    録音データを基に営業トークを解析し、個々に対して改善案を提示する「UpSighter」開発元のコグニティは1月15日、XTech Venturesとディップを引受先とする第三者割当増資により総額1.9億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 元DeNAの起業家が立ち上げた“営業を科学する”Buffが資金調達

    元DeNAの起業家が立ち上げた“営業を科学する”Buffが資金調達

    営業組織を強くするプログラム「Buff Sales」を運営するBuffは3月28日、サイバーエージェント・キャピタルを引受先とした第三者割当増資を実施したことを明らかにした。具体的な金額は非公開だが、数千万円規模の資金調達になるという。 続きを読む

  • Growbotsは機械学習でセールスを助ける――急成長して250万ドルを調達

    Growbotsは機械学習でセールスを助ける――急成長して250万ドルを調達

    Growbotsは機械学習を利用してリード情報を提供し企業のセールス部隊を助けるサービスだ。 このプロダクトはセールス・パーソンの作業を月に数日分節減できるという。今日(米国時間6/21)、GrwobotsはBuran VC、Lighter Capitalおよび何人かのエンジェル投資家から250万ドルの資金を 調達したことを発表した。これにより同社の資金調達総額は420万ドルとなった。 続きを読む

  • 人工知能が企業のセールス業務に利用される例が増えている

    人工知能が企業のセールス業務に利用される例が増えている

    2016年は人工知能(AI)が非常に注目された年だった。人工知能の開発は何十年も前からはじまっていたが、パワフルなコンピューターを安価で利用できるようになったことと、アクセスできるデータの量が飛躍的に伸びたことで、今年になってやっと人工知能の時代が訪れたようだ。 AIによるビジネスの効率化が最初に始まったのは企業のセールス業務だった。毎日のように繰り返される営業ワークフローをAIによって効率化させようという試みだ。考えてみれば、企業の収入を直接的に左右するこの分野でAIの応用がはじまったのは、当然の成り行きだったと言えるだろう。AIがビ… 続きを読む