ソフトバンク

  • インド最大のライドシェアOlaがソフトバンクから約270億円調達しユニコーンに

    インド最大のライドシェアOlaがソフトバンクから約270億円調達しユニコーンに

    インド最大のライドシェア企業Ola Electricは同国での電気自動車によるビジネスをさらに拡大しようと、SoftBankから2億5000万ドルを調達した。 続きを読む

  • PayPayが第三者割当増資で460億円調達、グループ一丸でキャッシュレス推進へ

    PayPayが第三者割当増資で460億円調達、グループ一丸でキャッシュレス推進へ

    QRコード決済サービスを提供しているPayPayは5月8日、第三者割当増資を実施したことを発表した。 続きを読む

  • PayPayの囲い込み施策始まる、6月以降はソフバン、ワイモバユーザー優遇へ

    PayPayの囲い込み施策始まる、6月以降はソフバン、ワイモバユーザー優遇へ

    まだ1カ月ほど先の話になるが、コード決済サービスを提供しているPayPayは特定のユーザー向けの優遇施策をスタートさせる。 続きを読む

  • Uberの自動運転部門がスピンアウトを前にトヨタやソフトバンクから1100億円超調達

    Uberの自動運転部門がスピンアウトを前にトヨタやソフトバンクから1100億円超調達

    Uberは、トヨタや自動車部品メーカーのデンソー、ソフトバンクのビジョンファンドから計10億ドルを調達し、自動運転部門をスピンアウトすることを明らかにした。 続きを読む

  • ソフバンとトヨタ共同出資のMaaS企業「MONET」、ホンダと日野自動車から資金調達

    ソフバンとトヨタ共同出資のMaaS企業「MONET」、ホンダと日野自動車から資金調達

    ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資で誕生したMaaS事業のMONET Technologies(以下、MONET)は、日野自動車と本田技研工業(以下、ホンダ)から資金調達を実施したと発表した。 続きを読む

  • Uberが自動運転ビジネス強化のためソフトバンクなどから約1100億円を調達か

    Uberが自動運転ビジネス強化のためソフトバンクなどから約1100億円を調達か

    Uberが新しい資金調達ラウンドの実施を検討しているみたいだ。The Wall Street Journalが3月14日(現地時間)に伝えたところによると、同社は10億ドルの資金を調達するためにソフトバンクのビジョン・ファンドなどを含む投資家との協議を重ねているという。今回の資金調達は同社の自動運転ユニットを主体に実施され、その評価額は50億ドルから100億ドルになると見られている。 続きを読む

  • ソフトバンクがラテンアメリカで50億ドル規模のファンドを設立

    ソフトバンクがラテンアメリカで50億ドル規模のファンドを設立

    ソフトバンクグループ(以下SBG)は3月7日、ラテンアメリカ市場に特化したテクノロジーファンド設立したと発表。規模は50億ドルで、SBGは20億ドルを拠出する予定だ。 続きを読む

  • ソフトバンク、自動運転配達のnuroに9.4億ドルを資金提供

    ソフトバンク、自動運転配達のnuroに9.4億ドルを資金提供

    自動運転配達のスタートアップNuroが、9.4億ドルの資金をSoftBank Vision Fundから調達した。驚きの金額は同社の配送サービスの拡大、新規パートナー獲得、人材強化、自動運転ロボットの規模拡大などに使われる。 続きを読む

  • 全国1万校の実績、ClassiとEDUCOMが学校教育向け支援で連携

    全国1万校の実績、ClassiとEDUCOMが学校教育向け支援で連携

    ClassiとEDUCOMは、初等中等領域において「学習支援」×「校務支援」に関する教育サービスを共同提供する目的で、戦略的パートナーシップを締結した。 続きを読む

  • UberのパートナーFairはソフトバンクから3億8500万ドルの投資を受け世界の自家用車に変革を起こす

    UberのパートナーFairはソフトバンクから3億8500万ドルの投資を受け世界の自家用車に変革を起こす

    カリフォルニア州のスタートアップFair.comは、現地時間12月20日に野心的な新しい大きな一歩を踏み出す。 続きを読む

  • ソフトバンク東証1部上場、終値ベースでは6兆強の時価総額にダウン

    ソフトバンク東証1部上場、終値ベースでは6兆強の時価総額にダウン

    ソフトバンクグループの通信子会社ソフトバンクが12月19日、東京証券取引所第1部に上場した。初値は1463円、終値は1282円と公開価格の1500円を下回る価格で、初日の取引を終えることとなった。初値ベースでは7兆35億円と7兆を超える時価総額だったが、終値ベースでは6兆1370億円となっている。 続きを読む

  • 常時素行調査の信頼のジレンマとファーウェイとソフトバンクのIPOの話

    常時素行調査の信頼のジレンマとファーウェイとソフトバンクのIPOの話

    まず、スタートアップでの初めての素行調査、それからファーウェイの財務のトップの逮捕、ソフトバンクの新規株式公開(IPO)の応募開始、そしてTechCrunchのポッドキャストEquityの次の話の録音。これらすべては、2018年12月6日の木曜日の出来事だ。 続きを読む

  • ソフトバンク、ドローンを活用して社会インフラの保全を効率化するサービスを2019年春から提供

    ソフトバンク、ドローンを活用して社会インフラの保全を効率化するサービスを2019年春から提供

    ソフトバンクは、産業や生活の基盤として整備された施設(以下、社会インフラ)の老朽化対策として、ドローンによる社会インフラの保全を行う新たなサービスを開発し、2019年春から提供を開始すると発表しました。 続きを読む

  • ソフトバンク孫氏、サウジ投資会議での講演をキャンセル

    ソフトバンク孫氏、サウジ投資会議での講演をキャンセル

    ジャーナリストJamal Khashoggi殺害事件に関する世界中での非難の高まりを受け、サウジアラビアで開かれる投資会議を欠席するビジネスリーダーが相次ぐ中、ソフトバンクグループが最新のドロップアウトとなった。 続きを読む

  • サウジアラビアの現状を見ないことが企業の成功の鍵なのか?

    サウジアラビアの現状を見ないことが企業の成功の鍵なのか?

    昨日、サウジアラビアのメディアは、Marc Andreessen、Sam Altman、Travis Kalanickといったシリコンバレーの大物が、サウジアラビアが国家計画として進めている5000億ドル(約56兆円)規模のメガシティー・プロジェクトのアドバイザーになっていることを明かした。このプロジェクトは、未来都市がどのような世界になるか、その模範を示すものだと宣伝されている。 続きを読む

  • ソフトバンク傘下のARMが米データ分析企業Treasure Dataを6億ドルで買収か

    ソフトバンク傘下のARMが米データ分析企業Treasure Dataを6億ドルで買収か

    7月30日、ソフトバンクグループ傘下のコンピュータチップ設計企業ARM Holdingsが米国のデータ分析企業Treasure Data(英語サイト。日本のサイトはこちら)を買収することに合意したとBloombergが報じた(英語)。記事によれば、買収金額は約6億ドル(約666億円)。関係者の情報によるもので、ARMおよびTreasure Dataは正式なコメントを発表していない。 続きを読む

  • ソフトバンクが滴滴出行と合弁会社を設立ーータクシー配車プラットフォーム提供へ

    ソフトバンクが滴滴出行と合弁会社を設立ーータクシー配車プラットフォーム提供へ

    ソフトバンクは7月19日、世界最大級の交通プラットフォームを手掛ける中国の滴滴出行(DiDi)と、国内で次世代のタクシー配車サービスを提供することを目的に、合弁会社「DiDiモビリティジャパン」を設立したと発表した。ソフトバンクは2018年2月、DiDiと日本のタクシー事業者向けサービスにおいて協業することを明らかにしていた。 DiDiモビリティジャパンは、DiDiの革新的な人工知能とデータ分析技術を活用し、全てのタクシー事業者が利用できるオープンなタクシープラットフォームを提供するために設立。機械学習をベースにした技術をスマート配車シ… 続きを読む

  • ホテルスマホ「handy」、ソフトバンクと提携で急拡大目指す。無料テザリング開放も

    ホテルスマホ「handy」、ソフトバンクと提携で急拡大目指す。無料テザリング開放も

    ホテル宿泊者向け無料レンタルスマホ「handy」を展開するhandy Japanは2日、ソフトバンクとの資本業務提携を発表しました。ソフトバンクの資金、リソースを活用することで、導入数の急速な拡大を目指します。 handy Japanが提供するレンタルスマホ「handy」は、ホテルの客室にスマートフォンを設置し、宿泊客が無料で使えるサービス。ホテル情報や観光案内などのコンテンツだけでなく、ブラウザーやSNSなどを利用できる上、国内・国際電話が使い放題。Google アカウントを登録すればアプリもインストールできる自由度の高さが特徴です。… 続きを読む

  • AI特化型インキュベーターのディープコアが60億円ファンドを設立へ、LPには親会社のソフトバンクも

    AI特化型インキュベーターのディープコアが60億円ファンドを設立へ、LPには親会社のソフトバンクも

    AI特化型インキュベーターであるディープコアは5月31日、シード・アーリー期のスタートアップ投資を目的としたファンド「DEEPCORE TOKYO」を設立したと発表した。同社が目標とするファンド規模は総額60億円だ。 設立時にも紹介したディープコアは、主にディープラーニングを中心とするAI領域でビジネスを行うスタートアップを対象としたインキュベーターだ。同社は2018年夏に東京の本郷にコワーキングスペース「KERNEL HONGO」をオープンする予定となっている。 続きを読む