データ漏洩

  • ホスティングサービスのHostingerで1400万人の個人データが漏洩

    ホスティングサービスのHostingerで1400万人の個人データが漏洩

    ウェブホスティングサービスのHostingerは、同社顧客数百万人の個人情報を含むデータベースへの不正アクセスを検出したため、「予防措置」としてユーザーパスワードをリセットしたと発表した。 続きを読む

  • 米金融大手キャピタル・ワンで1億人の個人データが流出

    米金融大手キャピタル・ワンで1億人の個人データが流出

    米金融大手でクレジットカード発行者でもあるCapital Oneが侵入をを受けたことを公表した。侵入行為が最初に発覚したのは7月19日だった。 続きを読む

  • Anthem情報盗難事件で米司法省が中国人ハッカーを起訴

    Anthem情報盗難事件で米司法省が中国人ハッカーを起訴

    米司法省は、2015年に発覚した7880万人の個人情報が盗まれた大手医療保険会社Anthemのデータ漏洩に関わったとして中国人ハッカーを起訴した。 続きを読む

  • ワシントンDC司法長官がFacebookのCambridge Analyticaスキャンダルを巡り訴訟

    ワシントンDC司法長官がFacebookのCambridge Analyticaスキャンダルを巡り訴訟

    すでにユーザーたちの目は、Facebookの次の非道に向けられているかもしれないが、同社は今年前半のプライバシー問題の処理に今も追われている。 続きを読む

  • Uberは2016年にデータ漏洩事件を起こし、5700万人の乗客とドライバーが影響を受けていた

    Uberは2016年にデータ漏洩事件を起こし、5700万人の乗客とドライバーが影響を受けていた

    Uberは2016年にデータ漏洩を引き起こし、乗客とドライバーの両方を含む5700万人に影響を与えていた。漏洩したのは名前、電子メールアドレス、そして電話番号だ。その影響を受けたグループには、5000万人の乗客と700万人のドライバーが含まれていたが、ブルームバーグからの新しいレポートによれば、およそ60万人分の米国人ドライバーのライセンス番号も含まれていたということだ。 Uberはこの事件を規制当局や影響を受けた顧客たちに報告しなかったが、その代わりに、レポートによれば、漏洩の事実を口外せずデータを削除することと引き換えに「ハッカーた… 続きを読む

  • Weeblyが管理する4300万件のユーザーデータが流出

    Weeblyが管理する4300万件のユーザーデータが流出

    データ漏洩を監視するLeakedSourceが発表したところによると、Webサイト製作プラットフォームのWeeblyが今年の2月にハッキングの被害にあっていたことがわかった。Weeblyが管理するパスワードは強力なハッシング・アルゴリズムであるBCryptを使ってハッシュ化されていたが、4300万以上のアカウントのユーザーネーム、パスワードが流出した。 Weeblyが利用者に送ったemailにはユーザーのIPアドレスも漏洩したと書かれている。 続きを読む