ファッション

  • 「服作りをもっと自由に軽やかに」CAMPFIREとワールドが新たなファッションの仕組み作りへタッグ

    「服作りをもっと自由に軽やかに」CAMPFIREとワールドが新たなファッションの仕組み作りへタッグ

    CAMPFIREは6月1日、ファッションの領域で新たなチャレンジをしたい個人やクリエイター、企業、自治体を支援するべく、ワールドと資本業務提携を締結したことを明らかにした。両社のノウハウを掛け合わせ、ファッション業界版のインキュベーションのような仕組みを通じて、個人や企業のブランドづくりやファッション分野の挑戦をサポートしていく方針だ。 続きを読む

  • 400を超える縫製工場などと連携、衣服生産プラットフォームの「シタテル」が数億円規模の調達

    400を超える縫製工場などと連携、衣服生産プラットフォームの「シタテル」が数億円規模の調達

    衣服生産プラットフォーム「シタテル」を提供するシタテルは5月22日、既存株主やスパイラル・ベンチャーズ・ジャパンなど複数の投資家を引受先とする、第三者割当増資を実施したことを明らかにした。今回のラウンドはシリーズBに相当するもので、具体的な調達額は非公開だが数億円規模になるという。 続きを読む

  • スマホ撮影の写真とA4用紙で衣服の寸法を測定、AI採寸アプリ「MeasureBot」公開

    スマホ撮影の写真とA4用紙で衣服の寸法を測定、AI採寸アプリ「MeasureBot」公開

    A4用紙とスマホで撮影した写真から衣類のサイズを測定するというアプローチをとったのがシリコンバレー発のスタートアップOriginalが展開するブランド、Original Stitchだ。同社は5月15日、AIアパレル採寸アプリ「MeasureBot」をリリースした。 続きを読む

  • Amazonが次に征服を狙う業界はアパレルだ

    Amazonが次に征服を狙う業界はアパレルだ

    Amazonが、昨年末にトールキンの叙事詩「指輪物語」のテレビ放映権を2億5千万ドルで買収したと発表した際に、私はそれがAmazonによる「全てを支配する」単一プラットフォームへの、情け容赦ない追求姿勢を強調したものだと書いた。 そして今やAmazonは「中つ国の物語」を制作するために5億ドルもの投資を行っている。史上最高に金のかかったTVシリーズとなるのだ。ほどなくジェフ・ベゾスが、エミー賞で最高の栄誉を受け取ることになったとしても驚きはしない。 続きを読む

  • 5万件の画像タグ手打ちからファッションAI開発へ——ニューロープが5000万円を資金調達

    5万件の画像タグ手打ちからファッションAI開発へ——ニューロープが5000万円を資金調達

    2014年設立のニューロープは、ファッションに特化した人工知能によるサービスを展開する、ファッション×AIのスタートアップだ。同社は3月5日、Reality Accelerator、大和企業投資、都築国際育英財団を引受先とした第三者割当増資等により、約5000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • ファッションレンタルのエアークローゼットが9.5億円調達、AIやデータ活用強化でサービス拡充へ

    ファッションレンタルのエアークローゼットが9.5億円調達、AIやデータ活用強化でサービス拡充へ

    定額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」など複数のパーソナルスタイリング事業を展開するエアークローゼットは11月30日、ジャフコやホワイト急便を展開する中園ホールディングスなど複数の投資家を引受先とする第三者割当増資により、9.5億円の資金調達を実施したことを明らかにした。 今回の資金調達を踏まえてエアークローゼットが取り組むのは、AIの導入や蓄積してきたデータの活用だ。 続きを読む

  • 個人間でドレスの貸し借りできる「dress box」がリリース――価格は2980円から

    個人間でドレスの貸し借りできる「dress box」がリリース――価格は2980円から

    7月31日、SENSETIONは個人間ファッションレンタルサービスの「dress box」のオープンβ版をリリースしたと発表した。 dress boxはデートや結婚式などに着ていくドレスやワンピースを個人間で貸し借りできるサービス。 ドレスを借りるユーザーがサービス上で着たいドレスを選ぶと、自宅にそのドレスが届く。価格は2980円、4980円、6980円、9980円の4段階が用意されており、レンタル価格はドレスを貸すユーザーが選択する。一度レンタルすれば、2週間継続して借りることができる。 続きを読む

  • Adidasが新たな3DプリントスニーカーFuturecraft 4Dを発表

    Adidasが新たな3DプリントスニーカーFuturecraft 4Dを発表

    Adidasが最新の3Dプリントスニーカー、Futurecraft 4Dを先週木曜日に公開した。先日発表された3Dプリント・ランニングシューズは、製品というよりもコンセプトモデルに近かったが、Futurecraft 4Dでは様々な部分が大幅に改良されている。 さらに今回発表されたスニーカーは大量生産にも向いており、Adidasはまず今年の秋に5000足を販売した後、2018年中に生産数を10万足以上までスケールアップする予定だ。価格はまだ発表されていないが、おそらく最初の5000足は限定モデルのような価格水準になるだろう。なお、同社初の3D… 続きを読む

  • AI開発の「カラフル・ボード」が新たに8億円調達、アパレル企業のDM個人化で来店6割増も

    AI開発の「カラフル・ボード」が新たに8億円調達、アパレル企業のDM個人化で来店6割増も

    人工知能でスタイリングを提案するSENSYを手がけるカラフル・ボードは本日総額8億円の第三者割当増資を発表した。引受先は、はるやまホールディングス、TSIホールディングス、VINXで、調達額8億円のうち1億円は日本政策金融公庫からのデットファイナンスだ。また、この3社とは戦略パートナーとして、業務提携も締結している。 続きを読む

  • スタートトゥディが子会社を立ち上げ、東南アジアでの投資を強化

    スタートトゥディが子会社を立ち上げ、東南アジアでの投資を強化

    日本でファッションEC大手に上り詰めたスタートトゥディが次に狙うのは東南アジア市場のようだ。ファッションECサイトZOZOTOWNやコーディネートアプリWEARを運営するスタートトゥデイは本日、ケイマン諸島に拠点を置くSTV FUND, LPに出資し、特定子会社としたことを発表した。STV FUND, LPは海外のファッション関連企業に投資するファンドで、スタートトゥデイは1000万米ドルを上限に出資する。 続きを読む

  • このロボットアームで途上国の労働搾取がなくなるかもしれない

    このロボットアームで途上国の労働搾取がなくなるかもしれない

    SewboのファウンダーJon Zornowは、昨年9月に世界で初めて、人間の手助け無しにTシャツを縫い合わせることができるロボットを完成させたとして話題をよんだ。 平等や未来の仕事に関する議論が深まる中、昨年9月の時点では面白くて可愛いだけだったこのロボットが、今ではひとつの重要な論点となっているのだ。途上国経済や低賃金と関連付けられることの多い仕事が、自動化によってさらに減少したらどうなるのだろうか?ロボットが今の低賃金労働者を代替して食費や住居もなしに仕事をこなすことで、企業が途上国に製造拠点を置く必要がなくなったら何が起きるのだろ… 続きを読む

  • 女子のトレンド発信源にーーC Channelがリアルイベント「SUPER C CHANNEL」を今春開催

    女子のトレンド発信源にーーC Channelがリアルイベント「SUPER C CHANNEL」を今春開催

    スマホで情報がすぐ手に入るようになったが、実際に手に触れたり、体験したりすることで楽しめるものも多いだろう。10代や20代女子向けにファッションやメイク情報などを発信するC Channelも、オフラインで「体験」を提供する場を用意するようだ。C Channelは4月1日、2日に東京国際フォーラムで「SUPER C CHANNEL」を開催する。 続きを読む

  • ファッション雑誌さながらのアプリ「TOPLOG」が新たに2億円を調達

    ファッション雑誌さながらのアプリ「TOPLOG」が新たに2億円を調達

    ファッション誌が嫌いになったわけではないが、読んだ後に置き場に困る雑誌はめっきり買わなくなってしまった。スマホでファッション情報を見ようと思っても、ファッションアプリと謳うサービスの多くはファッション誌のようなクオリティーには及ばず、個人的には物足りなく感じている。今年3月にローンチした「TOPLOG」は、ファッション誌と同等のクオリティーを提供するファッションに特化したメディアアプリだ。実際のファッション誌で活躍する日本のトップモデル、トップスタイリストを起用した記事を提供し、TOPLOGはローンチから約4ヶ月で30万ダウンロードを… 続きを読む