フェイクニュース

  • 「投稿は偽物」と断じたシンガポール政府の命令にFacebookが屈する

    「投稿は偽物」と断じたシンガポール政府の命令にFacebookが屈する

    Facebook(フェイスブック)は、フリンジニュースサイト(主流ではないニュースサイト)の投稿に訂正通知を追加した。この投稿については、シンガポール政府が虚偽の情報を含んでいると主張している。同政府が「フェイクニュース」に対して国境を越えて新法を適用するのは初めてだ。 続きを読む

  • Googleが「中国政府は香港へのデマ拡散、不穏化にYouTubeを組織的に利用」と発表

    Googleが「中国政府は香港へのデマ拡散、不穏化にYouTubeを組織的に利用」と発表

    Googleはブログで「中国政府はYouTubeを利用して香港のデモ参加者の間に不和と混乱をもたらそうとしている」と述べ、YouTubeのアカウント210件を削除したことを発表した。 続きを読む

  • 敵を知るには敵になろう!向学のためにフェイクニュースを自分で書くAI

    敵を知るには敵になろう!向学のためにフェイクニュースを自分で書くAI

    今日、メディアが抱えている最大の問題は、いわゆる「フェイクニュース」。それは表面的に本物を装うという点で、大変に悪質だ。 続きを読む

  • 大統領選後の暴動でインドネシア政府がインスタなどFacebook系SNSをブロック

    大統領選後の暴動でインドネシア政府がインスタなどFacebook系SNSをブロック

    ソーシャルメディアに厳しい態度を取る国にインドネシアが加わった。大統領選挙後の死傷者を出した暴動を受けて政府はInstagram他Facebook系SNSの利用を一部制限した。 続きを読む

  • トランプ大統領、Googleの検索は“歪んでいる”と怒りのツイート

    トランプ大統領、Googleの検索は“歪んでいる”と怒りのツイート

    トランプ大統領が就任して以来、いくつかのテック大企業が大統領の攻撃の対象となっているが、これまでのところGoogle への攻撃は最も長期にわたるものとなっている。トランプ大統領はワシントンD.C時間で午前5時半までにいくつかツイートした。その内容とは、“Trump News”とタイプしての検索結果にアルゴリズム的偏りが見られる、というものだ。 続きを読む

  • 売上と共に増大するテクノロジー企業の社会的責任

    売上と共に増大するテクノロジー企業の社会的責任

    主要プラットフォームが成長を続けるなか、FacebookやApple、Google、Amazonをはじめとする大手企業は人類全体にまで影響を及ぼすようになった。そしてその影響はポジティブなこともあれば、そうとは言えないときもある。 そのため大手のプラットフォーマーは、ユーザーの行動を把握するだけでなく、どんな場合にユーザー(もしくはプラットフォーマー自身)が不正をはたらいたり、悪意を持ってサービスを操作したりするか、ということを理解しなければならない。同様に、AIのような個別のテクノロジーやそのほかの先進的な技術、そしてそれらの影響につ… 続きを読む

  • 「フェイクニュース」拡散の原因はボットではなく人間だった――MITが発表

    「フェイクニュース」拡散の原因はボットではなく人間だった――MITが発表

    嘘の伝わる速さは何世紀にも渡って語り継がれており、1710年の時点で既にジョナサン・スウィフト(『ガリヴァー旅行記』の著者)が「まず嘘が広まり、真実はその後をノロノロとついていくものだ」という言葉を残しているほどだ。そうはいっても、このような事実を示す証拠というのはこれまでほとんど存在しなかった。しかし、ここ数年のソーシャルメディアの様子を見ると、嘘が真実に大きな差をつけながら信じられないほどの速さで広がっており、もはやそれが当然のようにも感じられる。 そしてこの度、MITが10年分ものツイートを分析した結果、嘘が真実よりも速く広まるだ… 続きを読む

  • フェイクニュースの次の10年に関する18の悲観的意見(と5つの楽観的意見)

    フェイクニュースの次の10年に関する18の悲観的意見(と5つの楽観的意見)

    フェイクニュースのような話題、もしくはより広いインターネット上の信頼と検証の問題は、複雑なものだ――対立意見の源である。場合によっては、いかなる結論を出す前にも、聞き取り調査を行って、人びとが何を考えているのかを感じとる必要がある。これが今回Pew Internetが行ったことだ、テクノロジー、インターネット、社会政策の何千人もの専門家に質問を送り、今後10年間に物事がどのように進むと考えているかを尋ねた。彼らは決して楽観的ではなかった! 正確には49%の人が今後10年で情報環境は改善するという側に印をつけて、51%がその反対の立場だった… 続きを読む

  • 虚偽のニュースをシェアするFacebookページ、広告が購入禁止に

    虚偽のニュースをシェアするFacebookページ、広告が購入禁止に

    FacebookはフェイクニュースをシェアするFacebookページに対し、より強固な姿勢を取ると発表した。 同社はすでに、SnopesやAP通信などサードパーティの事実調査機関に誤ったニュースの判定を依頼している。(偽ニュースと判断するのは明らかに捏造された記事や虚偽の内容で、意見や偏向の理由で論争されている記事は含まれないことになっている)。また記事に問題があると指摘された場合、そのリンクはFacebook広告を通して宣伝することができなくなるという。 今日(米国時間8/28)同社は、虚偽のニュースを頻繁にシェアするFacebookペ… 続きを読む

  • Twitter、荒らしを防ぐ新オプションを公開――フォローしてないユーザーをミュートできる

    Twitter、荒らしを防ぐ新オプションを公開――フォローしてないユーザーをミュートできる

    トロルが無作法なユーザー名を使って悪意あるリプライを通知タイムラインに割り込ませるようなことが続けば普通のユーザーはTwitterの利用そのものを止めてしまう可能性がある。そこで今日(米国時間7/10)、Twitterでは通知をコントロールする詳細フィルターを強化した。 続きを読む

  • Facebookがユーザーに「誤解を招く」記事か否かのレーティングを委ね始めた

    Facebookがユーザーに「誤解を招く」記事か否かのレーティングを委ね始めた

    投稿に対して「誤解を招く」かどうかをユーザに尋ねる調査は、多くの人が偽のニュース状況に対処するのはFacebookの責任だとみなしていることに、同社が向き合い始めた最新の兆候である。そのソリューションの少なくとも一部は、ユーザーに彼らが偽物であると思うものを尋ねることのようだ。 続きを読む