ヘイトスピーチ

  • ユニリーバとベライゾンがFacebookから広告を引き揚げ

    ユニリーバとベライゾンがFacebookから広告を引き揚げ

    Facebookのコンテンツと収益化ポリシーに対する広告主の反発が拡大を続けている。TechCrunchの親会社であるVerizonは、FacebookとInstagram(インスタグラム)に出している広告を、「我々の納得が行く、さらにTwitterなどの他のパートナーとの我々の同意内容と一貫性のある解決策をFacebookが提示するまで、一時差し止める」と話した。 続きを読む

  • ドイツがオンラインヘイトスピーチを取り締まる法律を厳格化

    ドイツがオンラインヘイトスピーチを取り締まる法律を厳格化

    オンラインヘイトスピーチに関する法律は表現の自由の観点から違憲だとフランスの憲法評議会が判断した一方で、ドイツはヘイトスピーチに関する法律を強化する。 続きを読む

  • フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスでヘイトコンテンツの24時間以内の削除をプラットフォームに強制する法案が可決

    フランスの下院議会は、ソーシャルネットワークとオンラインプラットフォームにおけるヘイトスピーチに対抗する法案を可決した。オンラインプラットフォームは、反社会的なコンテンツを24時間以内に削除しなければ、この法律に違反したとして、毎回多額の罰金を支払わなければならない。 続きを読む

  • YouTubeがUIをリニューアル、ユーザビリティー重視、クイックリスト復活

    YouTubeがUIをリニューアル、ユーザビリティー重視、クイックリスト復活

    YouTubeがトップページのリニューアルを発表した。同社は米国時間10月7日、メジャーアップデートを行い、使いやすさを優先したシンプルなデザインを採用した。 続きを読む

  • YouTubeのヘイトコンテンツ削除件数がQ2に大幅増

    YouTubeのヘイトコンテンツ削除件数がQ2に大幅増

    YouTubeは、白人至上主義やヘイトに満ちたコンテンツを禁止する6月のコンテンツポリシーのアップデート以降に進めてきた、プラットフォームからの有害コンテンツの排除において目覚ましい進展があったと発表した。 続きを読む

  • ソーシャルメディアに暴力コンテンツの責任を問う法案が豪議会を通過

    ソーシャルメディアに暴力コンテンツの責任を問う法案が豪議会を通過

    オーストラリアの議会は木曜日、ソーシャルメディアに共有コンテンツの責任を問うため、おそらく最も厳しい法的措置となるものを通過させた。 続きを読む

  • FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    FacebookやTwitterはヘイトスピーチ対策で足並みを揃えるときだ

    2016年のドナルド・トランプの選挙以来、Facebook やTwitterといったソーシャルメディアプラットフォーム上でのヘイトスピーチに注目が集まるようになった。活動家がこれらの企業にコンテンツの節度を改善するよう圧力をかける一方で、いくつかのグループは(ドイツ政府は関与せず)即座にプラットフォームを告訴した。 続きを読む