ヘッドアップディスプレイ

  • WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    WayRayのホログラフィックAR HUDにポルシェなど自動車メーカーが800万ドルを投資

    巨大にして古い体質を引きずる自動車産業は、次世代の自動車技術を開発してもらおうと、革新的なスタートアップに望みと夢を託してきた。そのいちばん新しい物語のページが、先日、開かれた。チューリッヒに本社を置くホログラフィーを使った拡張現実技術(AR)とハードウエア(運転者の視界に映像を投影するヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)に使われる)を開発する企業WayRayが、ポルシェが主導するシリーズC投資として800万ドル(約9億円)の資金を調達した。これには、現代自動車、以前から同社に投資を行っているアリババ・グループ、招商局集団、JVCケン… 続きを読む

  • WayRayの車載AR HUDは一味違うプロダクトだ

    WayRayの車載AR HUDは一味違うプロダクトだ

    スイスの拡張現実(AR)テクノロジープロバイダーWayRayは、そのユニークなアプローチで何をすることができるかを示すために、車載ヘッドアップディスプレイ(HUD)ソリューションをCES 2018で発表した。同社は当初NAVIONのアフターマーケットソリューションを提供し、さらに誰でも利用できる、OEM向けにデザインされたホログラフィックARフロントガラス製品を提供している。 私はそれを自分で試して、その結果に感銘を受けた。このディスプレイは、鮮明で読みやすく、自動車メーカーのOEMとして直接フロントガラスに組み込まれたり、アフターマーケ… 続きを読む

  • Ankerが車載ヘッドアップディスプレイRoavを間もなく出荷、Navdyのクローンらしい

    Ankerが車載ヘッドアップディスプレイRoavを間もなく出荷、Navdyのクローンらしい

    Navdyよ心せよ。Ankerがやってくる。この中国の消費者向け電子ブランドは、間もなく車載ヘッドアップディスプレイをリリースしようとしている。そのデザインと機能はNavdyによく似ているようだ。 そのプロダクトはRoavという名前である、そしてNavdyと同じように、デバイスはユーザーの電話から情報を取り出し、運転者の前に位置する透明なスクリーンの上に表示を行うようだ。商品画像には、ナビゲーション、メディア再生情報、車の速度、そして発信者IDが示されている。Roavは台座に固定された台座の上に載せられている ‐ これもNavdyと同じだ。… 続きを読む