メルカリ

  • いよいよTechCrunch Tokyo 2018のチケット販売開始、今ならお得な「超早割チケット」が買えるぞ!

    いよいよTechCrunch Tokyo 2018のチケット販売開始、今ならお得な「超早割チケット」が買えるぞ!

    先日発表した通り、今年もスタートアップ・テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」を11月15日(木)と16日(金)に渋谷ヒカリエで開催する。そして今日、今の時点でTC Tokyoに参加したいと思っているコアな読者のみなさんのために、「超早割チケット」を販売開始したのでお知らせしたい。 TechCrunch Tokyoは僕たちTechCrunch Japanが毎年開催している、日本最大級のスタートアップ・テクノロジーのイベントだ。今年で8回目の開催となり、昨年は約2500名が来場した。 続きを読む

  • フリマアプリ、経済効果は年間最大約752億円ーーメルカリが調査結果を発表

    フリマアプリ、経済効果は年間最大約752億円ーーメルカリが調査結果を発表

    メルカリを含むフリマアプリは個人同士が物を売ったり買ったりすることをより手軽に行うことを可能にした。だが、その登場は消費行動の変化や周辺サービス業界に一体どのような影響をもたらしているのだろう。そんな疑問をメルカリが調査し、結果を7月31日に発表した。 同調査によるとフリマアプリの周辺サービス市場への経済効果は最大で年間約752億円にもおよぶ。また、以前にも増して、梱包材などを買うために100円ショップに足を運んだり、衣類や靴の修理のためにミスターミニットなどのリペアショップに通うユーザーが増えてきているそうだ。 続きを読む

  • 「そのサービスはメルカリを超えるか」ソウゾウ代表、サービス停止の背景と新事業の構想を語る

    「そのサービスはメルカリを超えるか」ソウゾウ代表、サービス停止の背景と新事業の構想を語る

    つい先日の7月20日、メルカリグループのソウゾウは「メルカリNOW」、「teacha」、「メルカリ メゾンズ」のサービスクローズを発表した。なかでもteachaに関しては2018年4月のサービスリリースからわずか4ヶ月というタイミングでの判断だった。 それを報じた記事に対するTechCrunch Japan読者のSNSの反応をみても、同社の仮説検証のスピードに関心する声とともに、早すぎるとも感じるサービス停止に対して驚きの声も多くあがっていた。 TechCrunch Japanでは、2018年4月1日よりソウゾウ代表取締役に就任した原田大作氏に… 続きを読む

  • メルカリが3サービスを8月中に終了へ——「メルカリNOW」「teacha」「メルカリ メゾンズ」が対象

    メルカリが3サービスを8月中に終了へ——「メルカリNOW」「teacha」「メルカリ メゾンズ」が対象

    メルカリのグループ会社であるソウゾウは7月20日、現在提供している3つのサービスの提供を8月中に終了することを明らかにした。 対象となるのは2017年11月リリースの即時買取サービス「メルカリNOW」(終了日は8月20日)、2018年4月リリースのスキルシェアサービス「teacha」(終了日は8月21日)、2017年8月リリースのブランド品特化型フリマ「メルカリ メゾンズ」(終了日は8月31日)の3つ。提供終了までのスケジュールや詳細についてはそれぞれのサービスサイトにてアナウンスしている。 続きを読む

  • メルカリ、上場初日で時価総額がマザーズ市場トップに——経営陣が展望を語る

    メルカリ、上場初日で時価総額がマザーズ市場トップに——経営陣が展望を語る

    ここ数年のスタートアップシーンを牽引してきたメルカリが、いよいよ本日6月19日に東証マザーズに上場した。2013年7月にリリースされたフリマアプリの「メルカリ」は、すでに累計ダウンロード数が1億件を突破。アプリ内で売買された取引高の合計は900億円を超えている。そして上場初日となる今日、そのメルカリについた値段は1株あたり5300円。その価格で算出した時価総額は約7132億円で、マザーズ市場で首位の規模となる。 続きを読む

  • メルカリの上場承認が正式に発表、直近決算期の売上高は220億円

    メルカリの上場承認が正式に発表、直近決算期の売上高は220億円

    5月14日、メルカリが東京証券取引所マザーズ市場への上場を申請し、それが承認されたことが明らかとなった。上場予定日は6月19日になる予定で、証券コードは4385。 有価証券報告書によると、直近の決算期にあたる2017年6月期の連結売上高は約220億円、当期純損失は約42億円だった。2016年6月期の売上高は約122億円、当期純損失は約3億4000万円だった。 続きを読む

  • メルカリが個人間でスキルをシェアする学びのフリマアプリ「teacha」をリリース

    メルカリが個人間でスキルをシェアする学びのフリマアプリ「teacha」をリリース

    メルカリの子会社であるソウゾウは4月25日、知識やスキルを教えたい人と学びたい人をつなぐ学びのフリマアプリ「teacha」をリリースした。teachaは2017年12月に発表されていたサービス。まずはiOS版とWeb版の提供を本日より始める。 続きを読む

  • メルカリ子会社ソウゾウで代表交代—— 新任は元ザワットの原田氏、旧代表の松本氏はメルペイに専念

    メルカリ子会社ソウゾウで代表交代—— 新任は元ザワットの原田氏、旧代表の松本氏はメルペイに専念

    メルカリは4月6日、100%子会社であるソウゾウの代表交代について明らかにした。4月1日付けで以前から同社の執行役員を務めていた原田大作氏が代表取締役に就任。旧代表の松本龍祐氏は同日付でメルペイの取締役CPO(Chief Product Officer)に就任したという。 続きを読む

  • まずは福岡から、メルカリのシェアサイクル「メルチャリ」が2月27日にリリース

    まずは福岡から、メルカリのシェアサイクル「メルチャリ」が2月27日にリリース

    メルカリのグループ子会社であるソウゾウは2月13日、オンデマンドシェアサイクルサービス「メルチャリ」を2月27日より提供開始すると発表した。メルチャリの第一導入都市として選ばれたのは、福岡だ。 続きを読む

  • メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応

    メルカリが年内にも仮想通貨交換業の登録申請へ――フリマアプリ内での決済に対応

    2017年11月に設立されたメルペイ。メルカリが金融関連の新規事業を行うために立ち上げた子会社だ。同社の代表取締役には元グリーCFOの青柳直樹氏が就任し、役員には元WebPayのCTOでLINE Pay事業を経験した曾川景介氏らが名を連ねるなど注目を集めている。 これまで事業の詳細については明らかになっていなかったが、どうやら仮想通貨交換業の登録を申請し、メルカリ内の決済手段としてビットコインなど仮想通貨に対応していくようだ。 続きを読む