ユニコーン

  • 中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う

    中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う

    曹旭東は、ジーンズと彼のスタートアップ企業の名前である「Momenta」と書かれた黒いTシャツ姿で路肩に現れた。 続きを読む

  • 「ユニコーン」の価値が薄れた今、本当に「稀」なのは何か?

    「ユニコーン」の価値が薄れた今、本当に「稀」なのは何か?

    今やユニコーンは多すぎて希少性がない。本当に「稀」な会社を表すものはなんだろうか? 続きを読む

  • 10億ドルを調達できるユニコーン企業がなぜ多様性と包括性を持てないのか

    10億ドルを調達できるユニコーン企業がなぜ多様性と包括性を持てないのか

    ハイテク業界に多様性がないのは、私が13歳のころから変わっていない。それでも、多様性と包括性をもっと強化すると約束するハイテク企業は増えている。 続きを読む

  • AirbnbやPinterest、他社買収が活発な米国のユニコーン企業

    AirbnbやPinterest、他社買収が活発な米国のユニコーン企業

    10億ドル企業にするには、良い発想や最適のタイミング以上のものが必要だ。才能、専門性、運用の有効性、そして幸運。これらが全てが成功しているテックスタートアップの要件だ。 続きを読む

  • ユニコーンはもはや珍しいものではない

    ユニコーンはもはや珍しいものではない

    Kleiner Perkinsの前パートナーでシードステージベンチャーキャピタル会社Cowboy Venturesの創業者Aileen Leeが2013年にまさにこのサイトで“ユニコーン”という言葉を作りだしたとき、このタイトルを持つ企業はわずか39社だった。 続きを読む

  • 2018年の米VC投資が1000億ドル超え

    2018年の米VC投資が1000億ドル超え

    企業価値10億ドル超のユニコーン企業の続出、数え切れないほどの1億ドル規模のベンチャーファイナンス、そして巨大ファンドの爆発的な増加ー2018年の米国企業ベンチャーキャピタルが過去最多になることはまったく驚きではない。 続きを読む

  • 成長を続けるスタートアップたちが、第2拠点を検討しているのはこれらの都市だ

    成長を続けるスタートアップたちが、第2拠点を検討しているのはこれらの都市だ

    過去9ヶ月というもの、米国の市長たちは、大々的に第2拠点を探すAmazon.comのご機嫌をとるために、お互いの足を引っ張り合ってきた。 とはいえ、似たようなストーリーがもっと静かにスタートアップの世界では進行しているのだ。最も評価額の高いベンチャー企業の多くが、高コストの本社を飛び出して、より小さな都市に第2拠点を設置しようとしている。 彼らはどこに向かうのだろうか?中でもナッシュビルはかなり人気のある土地だ。フェニックスも同様である。ポートランドとローリーにも動きがみられる。また多くの企業では、多数のリモートワークの提供も行われている… 続きを読む

  • ユニコーン企業に出会う確率がアメリカで1番高い地域はどこなのか?

    ユニコーン企業に出会う確率がアメリカで1番高い地域はどこなのか?

    起業家がよく口にする「スタートアップを始めるのに最適な街はどこか?」という問いは、いつの時代も耳にする、なかなか答えが出ない問題だ。期待をもたせないために先に伝えておくと、この問いに正解はない。テックエコシステムではよくあるように、この問いにはいくつもの要因が絡み合っている。しかし、ひとつだけ言えることがあるとすれば、ネットワークは重要だということだ。 続きを読む

  • Q&AサービスのQuoraがユニコーンに——8500万ドルの調達で評価額18億ドル

    Q&AサービスのQuoraがユニコーンに——8500万ドルの調達で評価額18億ドル

    主観的な人々の知見を集めたQ&Aサイト「Quora」はユニコーンになった。8年間、丁寧に質問と回答の知的なコミュニティーを構築していた彼らは、シリーズDで8500万ドルを調達したと発表した。Collaborative FundとY CombinatorのContinuity Fundが共同でリード投資家を務めている。QuoraはTechCrunchに対し「前回の資金調達から評価額はおよそ2倍になった」と話す。2014年に8000万ドル調達した時の評価額は9億ドルだったので、現在の評価額はおよそ18億ドルとなる計算だ。 続きを読む