ライドシェアリング

  • 新年からの新規制で滴滴出行に逆風――パートタイム・ドライバー排除で中国のギグ経済終焉へ

    新年からの新規制で滴滴出行に逆風――パートタイム・ドライバー排除で中国のギグ経済終焉へ

    ここ数年、中国では何百万人ものドライバーがライドヘイリング(タクシー的配車サービス)に参加している。滴滴出行などの共有経済企業に登録する大きな理由は勤務時間の柔軟性だ。 続きを読む

  • 車を所有するよりもUberを使ったほうが安上がりな都市は?

    車を所有するよりもUberを使ったほうが安上がりな都市は?

    ライドシェアリング企業は、これまでずっとプラットフォーム利用のコストメリットを宣伝してきた。まあ、Kleiner Perkins Caufield ByersのパートナーであるMary Meekerが書いた、2018年版インターネットトレンドレポートによれば、都市によっては、毎週UberXもしくはUberPOOLを使うほうが、自分で車を所有するよりも安上がりになるかもしれない。 続きを読む

  • SoftBankのUberへの巨額投資、間もなく完了――株式公開買付の成功が報じられる

    SoftBankのUberへの巨額投資、間もなく完了――株式公開買付の成功が報じられる

    ここしばらく大きな話題になっていたSoftBankのUberへの投資がほぼ完了した。Wall Street Journalによれば、 SoftBankがリードする投資グループがUber株式の15%前後を所有する手続きが、早ければ太平洋時間の今日(米国時間1/28)にも完了するという。発行済株式を株主から買い上げる取引については、総額は480億ドルとなるもようだ。 続きを読む

  • Lyft、評価額110億ドルで10億ドル調達――AlphabetのCapitalGがリード

    Lyft、評価額110億ドルで10億ドル調達――AlphabetのCapitalGがリード

    ライドシェアリングの有力企業、Lyftが新たに10億ドルの資金を調達した。これにより同社の資金調達後後評価額は110億ドルとなった。このラウンドをリードしたのはGoogleの親会社、AlphabetのCapitalGだった。グロース投資に特化したベンチャーファンド、CapitalGのパートナー、David LaweeはLyftの取締役会に加わる。 続きを読む

  • ライドシェアリングで新たなユニコーンが誕生:Careemが楽天などから3億5000万ドルを調達

    ライドシェアリングで新たなユニコーンが誕生:Careemが楽天などから3億5000万ドルを調達

    2016年も残すところあと少しだが、ライドシェアリング業界に誕生したもう1つのユニコーン企業を紹介する時間はまだ残されている。エマージング市場におけるUberのライバル企業Careemは、楽天とSaudi Telecom Company(STC)がリードするラウンドで3億5000万ドルを調達したことを発表し、世界中の脚光をあびることとなった。 今回の資金調達により、ドバイを拠点とするCareemのバリュエーションは10億ドルとなる。STCが発表したところによれば、同社はCareemの発行済株式数の10%を1億ドルで取得するという。 4年前に創… 続きを読む

  • 自動運転技術の普及に伴う新たな自動車保険のかたち

    自動運転技術の普及に伴う新たな自動車保険のかたち

    モビリティ業界での技術革新によって、より安全に、より早く、そしてより便利に移動ができるようになった。様々な調査からもその功績が見て取れる。Insurance Information Instituteによれば、過去三年間で自動車関連の死亡事故は33%減少し、9つのモデルに関して100万台単位で見たときの1台あたりの死亡者数は0だった。さらに、UberやLyftといった配車アプリの登場がモビリティサービスの裾野を広げ、今では60ヶ国以上で一日あたり合計100万回以上も利用されている。 保険会社は自動運転車が広く普及する前に新しく革新的な商品を… 続きを読む