ライナフ

  • 和製Amazon Homeとなるか、スマートロック活用で不在でも宅配・家事代行サービスが受けられる新プロジェクト

    和製Amazon Homeとなるか、スマートロック活用で不在でも宅配・家事代行サービスが受けられる新プロジェクト

    不動産テックのスタートアップ、ライナフは1月30日、家に不在でも宅配や家事代行サービスが受けられる「サービスが入ってくる家」プロジェクトを2月下旬より開始することを発表した。東京都大田区にある36居室の新築賃貸マンション1棟で、同社のスマートロック「NinjaLock(ニンジャロック)」を全戸に導入。オートロックの共有エントランスを開錠するシステム「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」も設置し、宅配や家事代行サービスを提供する5社との提携により、不在時にもサービスが受けられる住まいを提供する。 続きを読む

  • 不動産テックのライナフが伊藤忠テクノロジーベンチャーズなど5社から3.2億円を資金調達

    不動産テックのライナフが伊藤忠テクノロジーベンチャーズなど5社から3.2億円を資金調達

    スマートロックなどのIoTデバイスを切り口に不動産サービスを提供する、不動産テックのスタートアップ企業ライナフは1月25日、伊藤忠テクノロジーベンチャーズをリード投資家として、長谷工アネシス、住友商事、FFGベンチャービジネスパートナーズ、既存投資家である三井住友海上キャピタルを引受先とした、総額3.2億円の第三者割当増資の実施を発表した。 続きを読む

  • 不動産テックのライナフがアットホームと業務提携——AI音声認識で仲介会社に物件情報を提供

    不動産テックのライナフがアットホームと業務提携——AI音声認識で仲介会社に物件情報を提供

    スマートロックと、それに連動する不動産管理ソリューションを展開するライナフ。これまでにも、オンラインで物件の内覧を予約し、セルフ内覧ができる「スマート内覧」や、貸し会議室の予約、スマホや電話での入室が可能な「スマート会議室」といったサービスを提供してきた。そのライナフが新たに提供し始めたのが、AIによる音声認識で物件確認の電話に自動応答するサービス「スマート物確」だ。ライナフは9月15日、不動産情報サービスのアットホームとの業務提携を発表。スマート物確をアットホームの加盟・利用不動産店に対して、9月27日より提供開始する。 続きを読む

  • ライナフがスマートロック新製品、LIXILと共同開発する「スマートドア」構想も

    ライナフがスマートロック新製品、LIXILと共同開発する「スマートドア」構想も

    スマートロックを切り口に不動産テックサービスを展開するライナフは3月30日、スマートロックの新機種「NinjaLock2」を発表、5月より予約販売を開始する。また同日、住宅設備・建材大手のLIXILと、IoTを活用した新サービスの研究開発を共同で行うことも発表した。 続きを読む

  • スマートロックを切り口に不動産活用サービスを展開するライナフ、総額3.9億円を資金調達

    スマートロックを切り口に不動産活用サービスを展開するライナフ、総額3.9億円を資金調達

    スマートロックを利用した不動産活用サービスを提供するライナフは11月4日、三菱地所、DGインキュベーション、西武しんきんキャピタル、他を引受先とする総額3.9億円の資金調達を実施したことを発表した。設立からちょうど2年を迎えたライナフは、今回の調達を元にウェブサービスやハードウェアの開発と、人材採用の強化を図る。 続きを読む