ロボット工学

  • MITのヒモ型ロボットは脳血管の中を通って手術を安全にする

    MITのヒモ型ロボットは脳血管の中を通って手術を安全にする

    MITが開発したヒモ型ロボットは、脳外科手術の侵襲性を軽減し、動脈瘤や脳卒中の原因になる脳血管の閉塞や損傷の治療を効果的かつ容易にする可能性がある。 続きを読む

  • 傷つきやすい海洋生物を捕獲できる「超優しい」ロボットハンド

    傷つきやすい海洋生物を捕獲できる「超優しい」ロボットハンド

    ハーバード大学のワイス研究所では、海洋生物を一時的に捕獲し、写真を撮ったり組織を採取したあと解放するための安全で簡単な方法を研究している。 続きを読む

  • 「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    「サービスとしてのロボット工学」で新ビジネスモデルを開拓するinVia Robotics

    inVia Poboticsの面々は、ロボットを大量に販売するための、新しいビジネスモデルを構築する目指して会社を立ち上げたつもりではなかったのだが、それはまさに、彼らが今、行っていることなのかも知れない。 サザンカリフォルニア大学のロボット工学プログラムを卒業したLior Elazary、Dan Parks、Randolph Voorhiesの三人は、即座に人の注目を集められるアイデアを模索していた。 続きを読む

  • 新雑誌「Science Robotics」が創刊、2月1日までは登録すれば無料で読める

    新雑誌「Science Robotics」が創刊、2月1日までは登録すれば無料で読める

    ロボットは技術の世界で何十年にもわたって大きな関心を集めてきたが、それらと基礎科学、そして日常生活にとって重要なものは、大きく重なり合わないままだった。この状況がここ数年の間に変化してきた。ロボット工学を始めとするあらゆる分野が互いに情報を交換し改良し合い、数え切れないやりかたでロボットは私たちの生活に浸透し影響を与え始めている。なので、権威あるジャーナルグループであるScienceが、ロボティクスに関する独立したジャーナルを始めるというニュースにおける唯一の驚きは、まだ始めていなかったのかということだけだ。 続きを読む