中古車

  • 中古車のC2Cマーケット「Ancar」に“いつ売れるかわからない”を解決する新サービス

    中古車のC2Cマーケット「Ancar」に“いつ売れるかわからない”を解決する新サービス

    中古車を個人間で売買できるマーケットプレイス「Ancar」を展開するAncarは2月22日より、車を売りたいユーザーが従来よりもスピーディーに現金を受け取れる新しい切り口のサービスを始める。 続きを読む

  • ネットでも車は売れるーー中古車のC2Cプラットフォーム「Ancar」が約2億円を調達

    ネットでも車は売れるーー中古車のC2Cプラットフォーム「Ancar」が約2億円を調達

    ネットベースの中古車売買サービスを手がけるAncarは本日、日本ベンチャーキャピタル、ニッセイ・キャピタルから約2億円を調達したことを発表した。AncarはC2Cの中古車売買プラットフォームAncarの他に、車のオーナーと整備工場とをつなぐ検索サービスRepeaを提供している。今回の資金調達では、開発と営業人員の強化を図るとAncarのファウンダーで代表取締役を務める城一紘氏はTechCrunch Japanに話した。 続きを読む

  • CarvanaがシリーズCで1億6000万ドルを調達、オンライン中古車販売と車自販機の拡大を目指す

    CarvanaがシリーズCで1億6000万ドルを調達、オンライン中古車販売と車自販機の拡大を目指す

    中古車業界はとても面白い業界だ。市場規模は大きく、アメリカの年間中古車販売台数は4500万台を記録している。しかし、同市場最大のプレイヤーであるCarMaxのマーケットシェアはたった2%しかない。にも関わらず同社の評価額は120億ドルにのぼる。 つまり、中古車ビジネスはディスラプションを必要としているだけでなく、とてつもなく儲かるのだ。 中古車ディーラーのCarvanaは、ECのアプローチを中古車業界に応用することでマーケットシェアを獲得できると考えている。そのため、先日の記事でも紹介した同社は、販売プロセス全体のオンライン化を行った。そ… 続きを読む