中国

  • 世界初のスマートハイウェイが中国に建設されるであろう理由

    世界初のスマートハイウェイが中国に建設されるであろう理由

    中国は、急速な成長によって、既存のインフラに新技術を統合させるという意味において、世界で最も高度な柔軟性を持つ国となりつつある。 続きを読む

  • WeChatやAlipayとも肩を並べる、中国の無名Wi-Fiスタートアップについて

    WeChatやAlipayとも肩を並べる、中国の無名Wi-Fiスタートアップについて

    利用者を無料でWi-Fiホットスポットに接続するあるサービスが、中国で最も人気のあるアプリのひとつになった。 続きを読む

  • 中国当局、世界初の遺伝子操作ベビーを違法と認定

    中国当局、世界初の遺伝子操作ベビーを違法と認定

    中国当局は、世界初の遺伝子操作ベビーの誕生に成功したと主張して科学界を震撼させたHe Jiankui(賀建奎)の研究を、「個人的名声と利益」を求めた違法行為であると宣言した。 続きを読む

  • Doogeeのスマホは暗視カメラにもなる――タフなモジュラー式でKickstarterに登場

    Doogeeのスマホは暗視カメラにもなる――タフなモジュラー式でKickstarterに登場

    Doogeeは中国のメーカーだが、製品には面白いアイディアが豊富だ。S90はKickstarterでゴールの何倍にもなる金額をプレッジすることに成功している。 続きを読む

  • Appleのだんだん怪しくなる国際取り引き

    Appleのだんだん怪しくなる国際取り引き

    新興市場や中国でのトラブルからは遠く離れた場所で、Appleは、本当にコアな支持者層であるべき人たちの怒りを集めている。 続きを読む

  • Huaweiの新年ツイートはiPhoneからだった――最悪のタイミングで大ミス

    Huaweiの新年ツイートはiPhoneからだった――最悪のタイミングで大ミス

    予想どおり 、発信元OSを表示するTwitterの新機能はiOS対Android戦争を再燃させただけでなく、両陣営のブランドにもダメージを与えている。Huaweiが最新の被害者となった。 続きを読む

  • Appleの売上減少で米株式市場急落

    Appleの売上減少で米株式市場急落

    Appleの悪いニュースと海外および国内市場の成長鈍化によって、木曜日(米国時間1/3)の株価はあらゆる主要市場で急落した。 続きを読む

  • Apple株価引き続き下落、90日で38%――主因は米中貿易戦争

    Apple株価引き続き下落、90日で38%――主因は米中貿易戦争

    Appleの株価は一晩で9%以上ダウンした。同社の株価は昨年の10月以来、トータルで38%も下落している。Appleが異例のガイダンス修正を発表する際、.株式売買は一時中断された。 続きを読む

  • 新年からの新規制で滴滴出行に逆風――パートタイム・ドライバー排除で中国のギグ経済終焉へ

    新年からの新規制で滴滴出行に逆風――パートタイム・ドライバー排除で中国のギグ経済終焉へ

    ここ数年、中国では何百万人ものドライバーがライドヘイリング(タクシー的配車サービス)に参加している。滴滴出行などの共有経済企業に登録する大きな理由は勤務時間の柔軟性だ。 続きを読む

  • 新たに承認された80タイトルにTencentは含まれず――中国政府、ゲーム認可再開

    新たに承認された80タイトルにTencentは含まれず――中国政府、ゲーム認可再開

    中国政府当局はこの土曜日、9か月ぶりにゲーム認可の凍結を解除し、新たに80タイトルを承認した。しかしこの中にTencentのタイトルは含まれていなかった。 続きを読む

  • Lightspeed 、3.6億ドルの中国ファンド組成中――同社として4回目かつ最大規模

    Lightspeed 、3.6億ドルの中国ファンド組成中――同社として4回目かつ最大規模

    今日(米国時間12/17)、SECに提出された書類によればLightspeed China Partnersが目標額3億6000万ドルのベンチャーファンドを組成中だ。 続きを読む

  • Nvidia、時価総額半減で厳しい局面に――暗号通貨、ライバル、中国、いずれも逆風

    Nvidia、時価総額半減で厳しい局面に――暗号通貨、ライバル、中国、いずれも逆風

    Nvidiaの株価は上場以来の最高値を付けた後、数週間後に最安値に転落した。これほど短い期間に時価総額の半分近くを失うというのは容易ならざる事態だ。 続きを読む

  • 常時素行調査の信頼のジレンマとファーウェイとソフトバンクのIPOの話

    常時素行調査の信頼のジレンマとファーウェイとソフトバンクのIPOの話

    まず、スタートアップでの初めての素行調査、それからファーウェイの財務のトップの逮捕、ソフトバンクの新規株式公開(IPO)の応募開始、そしてTechCrunchのポッドキャストEquityの次の話の録音。これらすべては、2018年12月6日の木曜日の出来事だ。 続きを読む

  • 映画に見る中国のパラレルテクノロジー世界

    映画に見る中国のパラレルテクノロジー世界

    映画”DETECTIVE CHINATOWN 2″(チャイナ・タウンの探偵2)から何を学ぶことができるだろう?実はかなり多くのことを学べるのだ。この映画は今年11位のヒット作で、例えば「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」や「クレイジー・リッチ!」よりもはるかに興行収入は上回っている。だがおそらく、今年10位のヒット作であるオペレーション・レッドシー同様、その名前を耳にしたことはないだろう。これらの売上はすべて中国国内で生まれているものなのだ。 続きを読む

  • 中国人が熱狂するショートビデオにネットの巨人も気が気ではない

    中国人が熱狂するショートビデオにネットの巨人も気が気ではない

    中国で地下鉄に乗ると、多くの人がスマホのTikTok(ティックトック)の動画に見入っている。 モバイルインターネット専門調査研究会社QuestMbileの調査によれば、中国人のインターネット利用時間のうち、TikTokなどの動画の視聴に占める割合は、2017年には5.2パーセントだったものが、現在は90パーセント近くまで跳ね上がっているという。 続きを読む

  • Teslaは来年からModel 3の生産の一部を中国で行う

    Teslaは来年からModel 3の生産の一部を中国で行う

    水曜日に、この2年で初めて利益の出た四半期を迎えたことを報告したTeslaは、その収益の流れを、北米以外の顧客にも新しいModel 3を届けることで拡大しようとしている。その計画の一部には、中国における製造計画の加速も含まれている。 Teslaの収益は、第3四半期で急上昇し、68億ドルに達した(利益は3億1200万ドルである)。これは、生産ボトルネックや直近の物流問題を抱えてはいたものの、みな新しいModel 3のおかげである。同社は、米国とカナダでの販売を通じて、黒字化のマイルストーンを達成することができた。この結果、2つの巨大な市場がテ… 続きを読む

  • 中国が米国のバイオテクノロジーの未来に資金を供給している

    中国が米国のバイオテクノロジーの未来に資金を供給している

    シリコンバレーは健康ブームの只中にいて、それは「東洋」医学によって推進されている。 米国の医療投資に関しては、今年は過去最高の年となったが、北京と上海の投資家たちは、米国のライフサイエンス企業やバイオテクノロジー企業にとって徐々に最大の取引相手となっている。実際、Pitchbookによれば、今年中国のVCは、中国内で行うよりも多い、300を超える投資を米国のライフサイエンス企業やバイオテック企業に対して行っている。メリーランド州に本拠を置く、炎症や自己免疫疾患の治療法を探るViela Bio社の場合は、中国の3社が主導したシリーズAで、2… 続きを読む

  • 8億ユーザーを誇る中国最大のストリーミングサービスTencent Musicが、米国でIPOを申請

    8億ユーザーを誇る中国最大のストリーミングサービスTencent Musicが、米国でIPOを申請

    今年は、大部分を、あるいは実質的に、中国の大企業に所有されている多くのテック企業が株式公開を果たしている。例えばBaiduのiQiyiサービス、Xiaomiの支援を受けたHuamiやViomiの名前などが挙げられる。そして今度は沢山の予想が出される中で、Tencentの音楽部門であるTencent Music が公開の動きを見せ始めた。 TME(Tencent Music Entertainment )が、突然米国での公開に向けて最初の書類を提出したのだ(取引所は指定されていない)。最初の調達目標額は10億ドルだが、それは変更される可能性がある。… 続きを読む

  • 流動性が中国のスタートアップの利点だ

    流動性が中国のスタートアップの利点だ

    【編集部注】著者のArman TabatabaiはTechCrunchのリサーチコンサルタント 今年になって中国のハイテク企業のIPOラッシュが見出しを賑わしているが、何より興味深いのは、彼らがそこに辿り着く速さだ。 従来は「公開する」という行為は、沢山の眠らない夜たちと会社の立ち上げの犠牲となった誕生日祝いたちの喜ばしい集大成だった。長い登山の頂点に、創業者とベンチャーキャピタルたちはようやく労働の成果を見ることになるのだ。 しかし、米国の企業たちに比べると中国企業たちは、遥かに速くその頂点に辿り着いているように見える。初期のベンチャー資金… 続きを読む

  • 巨大AI企業SenseTimeがビデオ技術のMoviebookへ$199Mの投資をリード、その戦略的意図は…

    巨大AI企業SenseTimeがビデオ技術のMoviebookへ$199Mの投資をリード、その戦略的意図は…

    SenseTimeは、45億ドルあまりの評価額で6億2000万ドルを調達し、評価額が世界最高のAI企業として知られているようだが、同社はしかし投資家でもある。この中国企業は今週、オンラインのビデオサービスをサポートする技術を開発している北京のMoviebookへのシリーズD、13億6000万人民元(1億9900万ドル)のラウンドをリードした。 続きを読む