交通

  • トヨタが自動車サブスクリプションのKintoをスタート、エコドライブにはボーナスポイント

    トヨタが自動車サブスクリプションのKintoをスタート、エコドライブにはボーナスポイント

    日本のトヨタ自動車は自動車サブスクリプションのKintoを正式にスタートさせた。このサービスは去年末に発表され、自動車その他の交通手段を定額のサブスクリプションで提供する。 続きを読む

  • 交通の非正常化の未来へようこそ

    交通の非正常化の未来へようこそ

    ロサンゼルスでは奇妙なことが起きている。先日、オフィスでは同僚たちが、トンネルの中を浮上して走る台車でドジャーズ・スタジアム周辺の交通渋滞を緩和するというBoring Companyの提案のメリットについて話し合っていた。 続きを読む

  • Lyftの調査で、その利用者のうち25万人が2017年に自家用車を手放したことが明らかに

    Lyftの調査で、その利用者のうち25万人が2017年に自家用車を手放したことが明らかに

    Lyftは2017年におけるその「経済的インパクト」 に関する詳しいレポートを発表した。レポートにはその業績に関する沢山の統計情報が含まれている。この配車サービス業者によれば、2017年にはのべ3億7550万回の乗車があり、1年前に比べると130%の成長となった。そのうちユニークな乗客数は2300万人であり、これは1年前に比べて92%の成長である。登録されているドライバーは140万人で、2016年の登録数に比べると100%の増加をみている。 Lyftは車の個人所有に関するインパクトに関する、強い主張も行っている:同社によれば、2017年だ… 続きを読む

  • イーロン・マスクは本気でトンネルを掘り始めた―ロサンゼルスで掘削デモ

    イーロン・マスクは本気でトンネルを掘り始めた―ロサンゼルスで掘削デモ

    TeslaとSpaceXのCEO、イーロン・マスクは本当にトンネル掘削会社をスタートさせる。会社の名前もThe Boring Companyだという。この会社の頭文字はTBCになるが、ご存知のようにこれは「次回に続く(to be continued)」の略語としても知られている。マスクはトンネル掘削に賭ける野心をまずTwitterに投稿し、続いてデモがBloombergの特集記事になった。 続きを読む

  • 空飛ぶ車実現の鍵を握る自動運転車とドローンのテクノロジー

    空飛ぶ車実現の鍵を握る自動運転車とドローンのテクノロジー

    幼い頃は、日曜朝のアニメチャンネルを兄弟で見ながら、宇宙家族ジェットソンの再放送で一家が空飛ぶ車で空を走り回る様子を眺めていた。当時はサイエンス・フィクションの黄金期で、ハリウッドは、ブレードランナー、バック・トゥ・ザ・フューチャー、スター・ウォーズ、フィフス・エレメントといった映画で溢れていた。そしてこのような映画の影響で、私たちは夢のようなテクノロジーで溢れた未来がいつか訪れると信じていた。 今周りを見てみると、当時の未来像に含めれていた、たくさんのものが既に実現したように感じる。道を歩いている人のポケットの中には高機能の通信機が入… 続きを読む

  • イーロン・マスク、その名も「掘削企業」(boring company)を始めるとツイート―道路下トンネルで渋滞解消

    イーロン・マスク、その名も「掘削企業」(boring company)を始めるとツイート―道路下トンネルで渋滞解消

    多数の会社のCEOを務めるビジョナリー経営者のイーロン・マスクだが、今度は交通渋滞にうんざりするうちに、また新しい会社を思いついたらしい。その名もまさにThe Boring Companyだという〔boringには「うんざりする」と「穴を掘る」の両方の意味がある〕。この会社は掘削機で道路下にトンネルを掘って地上の渋滞を解消するのだそうだ。 続きを読む

  • Hyperloop One、ヘルシンキ/ストックホルム間340kmを30分で結ぶ真空ポッドシステムを提案

    Hyperloop One、ヘルシンキ/ストックホルム間340kmを30分で結ぶ真空ポッドシステムを提案

    Shervin Pishevarのスタートアップ、Hyperloop Oneは新たな記録を打ち立てた。といって先日のネバダの砂漠での実験線の成功ほど華々しくはないだろうが、ビジネス・プランを提案した。 Gizmodoによればビジネス・プランはエンジニアやコンサルタント企業のKPMGと提携してフィンランドのヘルシンキとスウェーデンのストックホルムをポッド式のHyperloop交通システムで結ぶ計画を投資家に説明するものだ。 続きを読む

  • WHILLが新たに約20億円を調達、電動車椅子の枠を超えたパーソナルモビリティ事業に取り組む

    WHILLが新たに約20億円を調達、電動車椅子の枠を超えたパーソナルモビリティ事業に取り組む

    「次世代パーソナルモビリティ」の開発を手がけるWHILLは本日、総額1750万ドルの資金調達を行ったことを発表した。Eight Roads Ventures Japan(旧Fidelity Growth Partners Japan)をリード投資家とし、未来創生ファンド、ゴールデンアジアファンドⅡ等が参加している。また、Eight Roads Ventures JapanのDavid Milstein氏がWHILLの社外取締役として就任すると発表した。 続きを読む