仮想通貨

  • 高勝率のトレーダーを”マネ”して自動で取引、仮想通貨取引の「マネコ」が1億円調達

    高勝率のトレーダーを”マネ”して自動で取引、仮想通貨取引の「マネコ」が1億円調達

    仮想通貨のフォロートレードサービス「マネコ」を運営するGaiaは4月16日、NOW、リミックスポイント、名称非公開の上場企業1社、複数の個人投資家から1億円を調達したと発表した。 続きを読む

  • 中国はビットコインのマイニングを禁止か

    中国はビットコインのマイニングを禁止か

    仮想通貨のマイニングは中国政府の最新の標的となっている。自国の経済にとって障害となりそうなものを徐々に排除する政策の一環だ。 続きを読む

  • 仮想通貨の確定申告を支援するAerial Partnersがヤフー子会社などから1.8億円を調達

    仮想通貨の確定申告を支援するAerial Partnersがヤフー子会社などから1.8億円を調達

    仮想通貨の税務にまつわる課題解決に取り組むAerial Partners2月14日、Z​コーポレーション、ジェネシア・ベンチャーズおよび複数の個人投資家を引受先とした第三者割当により約1億8000万円の資金調達を実施することを明らかにした 続きを読む

  • 仮想通貨を物理的にプレゼントできるカード「ウォッカ」、セガサミーなどから資金調達

    仮想通貨を物理的にプレゼントできるカード「ウォッカ」、セガサミーなどから資金調達

    ビットコインをオフラインで配布するためのウォレットカード事業を展開するウォッカは2月8日、セガサミーホールディングス、トランスコスモス、オークファンなどから資金調達を実施したと発表した。金額は非公開だが、関係者らからの情報によれば調達額は5000万円とみられる。 続きを読む

  • 金融庁、コインチェックを仮想通貨交換業者として正式登録

    金融庁、コインチェックを仮想通貨交換業者として正式登録

    金融庁は1月11日、仮想通貨交換業者のコインチェックを改正資金決済法にもとづく正式な登録業者にしたと発表した。 続きを読む

  • コインチェックなど仮想通貨関連記事が上位に(2018年1月ランキング)

    コインチェックなど仮想通貨関連記事が上位に(2018年1月ランキング)

    TechCrunch Japanで2018年にアクセス数の多かった記事を月別に紹介していく年末企画。まず2018年1月を振り返ってみると、仮想通貨(暗号通貨)関連の記事にアクセスがトップ4を独占した。 続きを読む

  • ステーブルコインに1億3300万ドルの資金を調達したBasisが事業を泣く泣く断念し投資金を返還へ

    ステーブルコインに1億3300万ドルの資金を調達したBasisが事業を泣く泣く断念し投資金を返還へ

    18カ月前にニュージャージー州ホーボーケンに設立された暗号通貨のスタートアップが、供給を柔軟化して、価値を野放しにするのではなく、およそ1ドルを維持できるように見かけ上伸縮させる「ステーブルコイン」を提供するという話を、今年の初めに伝えた。この会社は、「投機目的ではなく、実際に使える新しいトークンを作る」という大志を抱いていた。 続きを読む

  • コインチェック、イーサリアムやネムなど3通貨の入金・購入を再開

    コインチェック、イーサリアムやネムなど3通貨の入金・購入を再開

    コインチェックは10月12日、仮想通貨ETH・XEM・LSKの3通貨について入金と購入を再開した。本日よりサービス再開となる。「外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了」したためとコインチェックはコメントしている。なかでも特に、XEMに関してはコインチェックの仮想通貨流出事件で実際に流出した通貨にあたるため、今回のサービス再開は大きな進歩と言える。 続きを読む

  • コインチェック、新規口座開設と一部通貨の入金・購入を再開

    コインチェック、新規口座開設と一部通貨の入金・購入を再開

    コインチェックは10月30日、2018年1月に発生した仮想通貨流出事故の影響でこれまで停止していた新規口座の開設、および一部仮想通貨の入金・購入を再開すると発表した。仮想通貨の入金再開対象となる通貨は、BTC、ETC、LTC、BCH。購入再開の対象通貨は、ETC、LTC、BCHとなる(BTCの売買はもともと停止対象外だった)。 続きを読む

  • ウガンダの王子と仮想通貨スタートアップが起こすアフリカの金融革命

    ウガンダの王子と仮想通貨スタートアップが起こすアフリカの金融革命

    仮想通貨とブロックチェーンの愛好家は、何年もの間、銀行の中央集権的な世界を批判してきたが、発展途上国の銀行の多くは、その特権的な場所に立ち、それを続けている。しかし、ブロックチェーン技術が発展途上の経済にとって、もっとも画期的であると判明したら、どうなるだろう。 続きを読む