医療用大麻

  • オンデマンドで医療用大麻を届けるEazeが1300万ドルを調達、マーケットの拡大を目指す

    オンデマンドで医療用大麻を届けるEazeが1300万ドルを調達、マーケットの拡大を目指す

    昨年から急激に成長しつつある「医療用大麻のUber」、Eazeがマーケットの拡大を目指している。それを実現するため、同社はシリーズBにてFresh VC、Doll Capital Management(DCM)、Tusk Venturesから1300万ドルを調達した。 2014年7月に創業のEazeは医療用の大麻をオンデマンドで提供する企業だ。創業からまもなく、同社は医療用大麻に購入に必要な医師からの診断書を電話で取得できるというサービスを展開している。それにかかる時間は約10分だ。 続きを読む