大統領選挙

  • 大統領選挙戦でデジタル広告担当だった私がTwitterの政治広告禁止を支持する理由

    大統領選挙戦でデジタル広告担当だった私がTwitterの政治広告禁止を支持する理由

    2020年大統領選挙キャンペーンで、当時大統領候補だったセス・モルトン下院議員のデジタル・ディレクターとして、私はインターネット上で行われるあらゆるキャンペーン活動を取り仕切っていた。中でも時間的にも資金的にも最大の投資先はデジタル広告だった。 続きを読む

  • ギャバード米大統領候補が広告アカウント停止でGoogleを提訴

    ギャバード米大統領候補が広告アカウント停止でGoogleを提訴

    トゥルシー・ギャバード氏の選挙運動組織であるTulsi Now(トゥルシー・ナウ)は、Google(グーグル)が彼女の言論の自由を妨害したとして今週提訴した。 続きを読む

  • ムラー特別検察官報告の公表で民主党ヒラリー候補の大統領選に新しい光

    ムラー特別検察官報告の公表で民主党ヒラリー候補の大統領選に新しい光

    今日公表されたムラー特別検察官の報告書は、ロシアがヒラリー・クリントン候補の大統領選キャンペーンと民主党全国委員会をどのようにハックしていたかに関する新しい情報を含んでいた。 続きを読む

  • 中間選挙はボットに歪められた2016年の大統領選挙の尾を引くのか?

    中間選挙はボットに歪められた2016年の大統領選挙の尾を引くのか?

    ロシアのボットがソーシャルメディアに侵入し、2016年の米大統領選挙に影響を与えたという事実は、これまでにも数多く報道されてきたが、いまだにその手口の詳細を伝えるニュースが後を絶たない。 実際、10月17日、Twitterは、2016年に4611件のアカウントによる海外からの妨害があったと発表している。そのほとんどは、ロシアのトロル集団であるInternet Research Agencyによるもので、100万件を超える疑わしいツイートや、200万件を超えるGIF画像、動画、ペリスコープ動画配信があった。 続きを読む