市場

  • 国内のコミュニケーションロボット市場が成長――2020年度は87億4000万円の規模に

    国内のコミュニケーションロボット市場が成長――2020年度は87億4000万円の規模に

    2014年に発売されたソフトバンクの家庭向け人型ロボット「Pepper」。このPepperを皮切りに、コミュニケーションロボットに関するニュースは事欠かない。最近では「変なホテル 舞浜 東京ベイ」では全客室にコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」が設置されたり、横浜銀行 大船支店には人型コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」が導入されたりと、ずいぶん日常に生活に浸透してきた。 続きを読む