手書き

  • 手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    手書きの内容も人工知能でデータ化する「Tegaki」の開発元が13億円を調達

    申込用紙やアンケート用紙など手書きのものが多いが、それを有効活用するには、まずは手書きの情報をデータ化しなければならない。Cogent Labsは、人工知能による手書きの認識サービス「Tegaki」を開発している。Cogent Labsは本日、シリーズAで総額13億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。引受先はSBIインベストメント、トッパン・ フォームズだ。 続きを読む