新興市場

  • 目指すは”動画ストリーミング界のAndroid”――Iflixが1.3億ドル調達

    目指すは”動画ストリーミング界のAndroid”――Iflixが1.3億ドル調達

    アジアを拠点に、新興市場に向けてNetflixのような動画ストリーミングサービスを提供しているIflixが、この度事業拡大を目的に1億3300万ドルを調達した。 BuzzFeedやVice、Rokuなどの株主でもあるアメリカのメディア・コングロマリットHearstがリードインベスターを務めた今回のラウンドには、シンガポール経済開発庁の投資部門EDBIやDBS銀行(旧シンガポール開発銀行)の取引先らが新規に参加。既存株主のEvolution Mediaやイギリスのテレビ局Sky、マレーシアのCatcha Group、Liberty Global… 続きを読む

  • インドよりも魅力的?――政情不安に負けず成長を続けるMENAのスタートアップ市場

    インドよりも魅力的?――政情不安に負けず成長を続けるMENAのスタートアップ市場

    テヘランからドバイへのフライトの所要時間は2時間程度で、これはニューヨーク・シカゴ間のフライトと同じくらいだ。さらにカイロからベイルートへの飛行時間も1時間15分ほど。情勢が安定しているときであれば、ベイルートからシリアのダマスクスまでは車で2時間弱で移動できる。実際に中東・北アフリカ地域(Middle East / North Africa:MENA)を移動してみると、各都市がいかにうまく接続されているかすぐにわかる。しかしお分かりの通り、政情はそのときどきだ。 そして都市間の相互接続以外にも、”中東”に関する報道内容… 続きを読む

  • 政情不安の中にもチャンス―、私がトルコに戻ってシード投資をする理由

    政情不安の中にもチャンス―、私がトルコに戻ってシード投資をする理由

    500 Istanbulの資金やサービスは今までにないくらい必要とされているが、それと同時に競合する投資家があまり見当たらないことから、チャンスもこれ以上ないくらいに広がっている。トルコで活動している数少ない既存の大手VCが、レーターステージの企業にばかり投資していることから、アーリーステージの企業は未だ手付かずの状態なのだ。 この背景には、オペレーション上のリスクを抑えようとする、新興国で活動中のVCの戦略もあるだろう。この地域の不確実性から、既にかなりのリスクにさらされていると感じているかもしれない彼らが、実績のあるレーターステージへ… 続きを読む

  • Accel Indiaが記録的な速さで4億5000万ドルのファンドを新たに組成

    Accel Indiaが記録的な速さで4億5000万ドルのファンドを新たに組成

    約2年前に設立された3億2500万ドルの4つめのファンドに続き、Accel Indiaが5つめとなるファンドを4億5000万ドルで設立した。これがインドのバブルを象徴しているのか、同国の本当のチャンスを表しているのかについては、未だ議論の余地があるものの、2011年からAccelに参加し、バンガロールを拠点に活動しているAccel IndiaパートナーのShekhar Kiraniに、メールで本件に関するインタビューを行ったので、その様子をご紹介したい。 続きを読む

  • シリコンバレーからでは見えない新興市場におけるビジネスの可能性

    シリコンバレーからでは見えない新興市場におけるビジネスの可能性

    編集部記:Sebastiaan VaessenはCrunch Networkのコントリビューターで、Naspers Groupの戦略リーダーを務める。 シリコンバレーがデジタルイノベーションの地理的な中心地であるのには正当な理由がある。Google、Facebook、Uber、Netflixなど、シリコンバレーは多くの世界を牽引するグローバルテクノロジー企業が生まれた場所だ。しかし、次の大型スタートアップを見つけるには、シリコンバレーの外に目を向ける必要があるだろう。 続きを読む