暗号化

  • 暗号化したままデータ解析可能な「秘密計算」の実用化めざすEAGLYS

    暗号化したままデータ解析可能な「秘密計算」の実用化めざすEAGLYS

    データを暗号化したまま解析する「秘密計算」技術を研究開発するEAGLYSは1月28日、SBIインベストメントとユーザーローカルから資金調達を実施したと発表した。 続きを読む

  • 1月のCESに行くならTCミートアップを予約しよう――暗号化テクノロジーのハードがテーマ

    1月のCESに行くならTCミートアップを予約しよう――暗号化テクノロジーのハードがテーマ

    新年早々、ラスベガスで開催されるCES 2019に参加予定の読者も多いだろう。TechCrunchはこの機会にスタートアップがプレゼンをするミニイベントを計画している。 続きを読む

  • 暗号化コミュニケーションのSignalにビデオ通話機能が加わる

    暗号化コミュニケーションのSignalにビデオ通話機能が加わる

    暗号化コミュニケーションプラットフォームのSignalを開発するOpen Whisper Systemsは現地時間14日、同アプリで暗号化ビデオ通話のオープンβを公開すると発表した。Signalはこれまでにも、完全に暗号化されたエンドトゥエンドのチャットと音声通話機能を提供していた。しかし、今回そこにビデオ通話機能が伝わったことで、情報漏えいを避けたコミュニケーションがより簡単になった。また、Open Whisper Systemsは同時に既存の音声通話機能のアップデートも発表している。 続きを読む

  • WhatsAppが脆弱性を”バックドア”だとする報道内容を否定

    WhatsAppが脆弱性を”バックドア”だとする報道内容を否定

    世界中で人気のモバイルメッセージアプリWhatsAppにセキュリティ上の問題が浮上した。暗号化されたメッセージが第三者に傍受され、内容が漏えいしてしまう可能性があると噂されているのだ。 The Guardianは報道の中でこの脆弱性を”バックドア”と表現し、セキュリティ研究家のTobias Boelterが昨年4月にこの問題に気づいたと伝えている。彼はFacebookに問題を報告したが、これは「予想される挙動」で同社は積極的に修正を加えるつもりはないと言われてしまったとのこと。さらにThe Guardianは、この脆弱… 続きを読む

  • 暗号化機能をカメラに追加しても写真ジャーナリストたちの問題は解決しない

    暗号化機能をカメラに追加しても写真ジャーナリストたちの問題は解決しない

    Freedom of the Press Froundation(自由報道財団)がキヤノンへの公開書簡を公表し 、そのカメラに暗号化機能を実装するように求めたが、そこには見逃されているポイントがある。もちろん暗号化それ自身は素晴らしいアイデアだが、戦争ゾーンで弾丸を避け、統制の緩い独裁政権下で警棒をかいくぐり、ギャング撮影時に厄介な刃物に晒されたときには、暗号化はあまり役にはたたない。 写真家として、あなたが必要とするのは、完全な爆弾耐性と超高速操作性を備えたカメラだ。紛争地帯に入る写真家にとっては、しばしば「爆弾耐性」は文字通りの意味だ。事が起… 続きを読む

  • フォトジャーナリストたちがプロ用カメラに暗号化機能を求めた

    フォトジャーナリストたちがプロ用カメラに暗号化機能を求めた

    アレッポでの爆撃を背景にして、 Freedom of the Press Froundation(自由報道財団)は、大手カメラ会社の経営幹部に対して、今日のデバイスにおける暗号化の不備の責任を問う公開書簡を送った。 従来のメーカーは、現在暗号化を提供していない。もし暗号化があれば、敵対的な環境における特定のシナリオの下で、貴重な映像を保護するための差別化が可能になる。エドワードスノーデンが取締役会のメンバーとして加わっている同非営利団体は、150人のフォトジャーナリストと映画制作者の支持署名を集めた。 「暗号化機能がなければ、私たちが撮影した写真や… 続きを読む

  • それで良いのかGoogle(Not OK, Google)

    それで良いのかGoogle(Not OK, Google)

    昨日サンフランシスコで開催されたハードウェアの発表イベントで、Alphabetは、更に幅広く消費者の個人データ(それも、これまで以上に個人的な性質の情報の)収集に向かう野心を表明した。この先コンピューティングが静的なデスクトップやスクリーンを離れ、相互結合したデバイスのクラウドと合体し、更なるデータの生成に向かう動きを加速するためである。 続きを読む

  • Google、ポスト量子コンピューティング時代の新暗号化アルゴリズムをChrome Canary版で実験開始

    Google、ポスト量子コンピューティング時代の新暗号化アルゴリズムをChrome Canary版で実験開始

    もし量子コンピューターが約束しているとおりの能力を発揮するなら(現時点では非常に大きな「もし」だが)、 標準的な暗号化アルゴリズムを用いた過去の通信を遡及的に解読できることになる。この問題に対処するため、Googleは昨日(米国時間7/7)、量子コンピューティングが実現した場合に備えた新たな暗号通信アルゴリズムの実験を開始することを発表した。 続きを読む