業務提携

  • リーガルテックのHolmesとクラウドサインが提携、シームレスな契約締結が可能になる

    リーガルテックのHolmesとクラウドサインが提携、シームレスな契約締結が可能になる

    契約マネジメントサービス「ホームズクラウド」を提供するHolmesと電子契約サービス「クラウドサイン」を提供する弁護士ドットコムは、2月3日に業務提携を発表。ホームズクラウドの電子契約機能としてクラウドサインをデフォルトで搭載し、2020年秋ごろから提供することを明らかにした。 続きを読む

  • Beyond NextがインドC-CAMPと提携で相互支援、海外投資も本格化

    Beyond NextがインドC-CAMPと提携で相互支援、海外投資も本格化

    独立系アクセラレーターのBeyond Next Ventures(BNV)は6月3日、インド・バンガロールのインキュベーターCentre for Cellular and Molecular Platforms(C-CAMP)との業務提携を発表した。 続きを読む

  • ホテルスマホ「handy」、ソフトバンクと提携で急拡大目指す。無料テザリング開放も

    ホテルスマホ「handy」、ソフトバンクと提携で急拡大目指す。無料テザリング開放も

    ホテル宿泊者向け無料レンタルスマホ「handy」を展開するhandy Japanは2日、ソフトバンクとの資本業務提携を発表しました。ソフトバンクの資金、リソースを活用することで、導入数の急速な拡大を目指します。 handy Japanが提供するレンタルスマホ「handy」は、ホテルの客室にスマートフォンを設置し、宿泊客が無料で使えるサービス。ホテル情報や観光案内などのコンテンツだけでなく、ブラウザーやSNSなどを利用できる上、国内・国際電話が使い放題。Google アカウントを登録すればアプリもインストールできる自由度の高さが特徴です。… 続きを読む

  • 不動産テックのライナフがアットホームと業務提携——AI音声認識で仲介会社に物件情報を提供

    不動産テックのライナフがアットホームと業務提携——AI音声認識で仲介会社に物件情報を提供

    スマートロックと、それに連動する不動産管理ソリューションを展開するライナフ。これまでにも、オンラインで物件の内覧を予約し、セルフ内覧ができる「スマート内覧」や、貸し会議室の予約、スマホや電話での入室が可能な「スマート会議室」といったサービスを提供してきた。そのライナフが新たに提供し始めたのが、AIによる音声認識で物件確認の電話に自動応答するサービス「スマート物確」だ。ライナフは9月15日、不動産情報サービスのアットホームとの業務提携を発表。スマート物確をアットホームの加盟・利用不動産店に対して、9月27日より提供開始する。 続きを読む

  • オンライン融資の「クレジットエンジン」がSTORES.jpと提携――資金の前貸しサービスを開始

    オンライン融資の「クレジットエンジン」がSTORES.jpと提携――資金の前貸しサービスを開始

    1月30日に500 Starups Japanやフリービットインベストメントなどから総額1億1000万円の資金調達のほか、オンライン融資サービス「LENDY(レンディ)」のベータ版の提供を開始したクレジットエンジン。同社に新たな動きがあったみたいだ。ネットショップ開設サービス「STORES.jp」を提供するブラケットと業務提携を結び、STORES.jpのユーザーを対象とした融資サービス「マエガリ」の提供を5月8日から開始していた。 続きを読む