火星

  • NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

    NASAのジム・ブライデンスタイン長官は月曜日(米国時間10/21)の年次国際宇宙会議で、複数の国際宇宙機関の代表者と共同講演を行った。最後に講演者全員にある質問が投げかけられた。人類はいつ火星に行けるのか? 続きを読む

  • NASAの次世代計画は私たちを月と火星に連れて行く…きっといつかは

    NASAの次世代計画は私たちを月と火星に連れて行く…きっといつかは

    NASAは太陽系を探査するための公式計画を要約した報告書を発行した。それはとても楽しく読むことができる ―― もしそれが現実味を帯びているかどうかを気にしないならばだが。月の表面への有人ミッション、月を周回する半永久的な基地、火星のサンプルを持ち帰るミッション…これら全てとそれ以上のものがそこには書かれている…それらが次の10年では実現できないかも知れないとしても。 The National Space Exploration Campaignは低軌道(LEO:low Earth orbit)や国際宇宙ステーション(ISS)のこ… 続きを読む

  • NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    NASAの火星着陸探査機、順調に飛行開始――InSightの火星到達は11月

    火星の成り立ちを詳しく調べる科学的機器を満載したミニ宇宙船、Mars Cube One(MarCO)は2段目Centaurロケット頭部のディスペンサーから無事に切り離され火星に向かった。 続きを読む

  • NASAのInSight火星着陸機は、赤い惑星を掘り下げる

    NASAのInSight火星着陸機は、赤い惑星を掘り下げる

    NASAによる最新の火星行ミッションであるInSightは、土曜日の早朝に打ち上げられる予定だ。宇宙旅行や惑星学における史上初の探究が数多く行われる。着陸機の装置は惑星表面を探査し、前例のない精度で地震活動をモニターする。またロケットに同乗する1対の小型のCubeSats(小型衛星)は小型宇宙船の惑星間旅行の可能性をテストする。 太平洋時間で土曜日の朝4時5分(日本時間では土曜日の20時5分)が、最初の発射予定時間だが、もし天候が悪けれはその後に引き続き再トライが行われる。打ち上げウィンドウが閉じてしまう6月8日まで、ずっと雲に覆われ続… 続きを読む

  • 「火星は思ったより住みにくい」――土壌成分と降り注ぐUVで微生物はあっという間に死滅

    「火星は思ったより住みにくい」――土壌成分と降り注ぐUVで微生物はあっという間に死滅

    NASAやESAその他宇宙機関が火星を目指す計画を立て、2015年には火星に水が存在する可能性が高まったことから、最近では火星移住計画も荒唐無稽な話ではないという感覚になりつつあります。ところが、最新のScientific Reportsに掲載された論文では、火星に土壌成分には細菌レベルでも生命が存在できないほどの毒性があると報告されました。 続きを読む

  • データサイエンスとロケットサイエンスが人類を火星へ連れて行く

    データサイエンスとロケットサイエンスが人類を火星へ連れて行く

    最近CNNの論説で、オバマ大統領は、火星へ有人ミッション送り込む、米国のコミットメントを再確認した。データサイエンス上の課題が複雑すぎると思うだろうか?火星遠征が健康へ与える影響を理解するために行う、データマイニングの難しさを想像して欲しい。 数年にわたる宇宙の滞在で、宇宙飛行士の筋力や肺活量に何が起きるのだろうか?どのくらいの体重なら安全に減らすことができるのだろうか?乗務員の居住スペースのCO2はどの程度であればよいのか?個々の宇宙服の関節の柔軟性を計算するのに必要とされているセンサーの数はいくつだろうか? 続きを読む