特許

  • カリフォルニア工科大学がアップルとブロードコムから特許侵害訴訟で1200億円勝ち取る

    カリフォルニア工科大学がアップルとブロードコムから特許侵害訴訟で1200億円勝ち取る

    数年に渡る法廷闘争を経て、裁判所はAppleとBroadcomに、カリフォルニア工科大学に対する特許侵害に関する総額11億ドルの支払いを命じた。Bloombergが報じた。報道によるとAppleは8億3780万ドル、Broadcomは2億7020万ドルの罰金をそれぞれ課せられた。 続きを読む

  • 米国特許登録は2019年に過去最高の33万3530件を記録、FAANGではなくIBM、Samsungが他をリード

    米国特許登録は2019年に過去最高の33万3530件を記録、FAANGではなくIBM、Samsungが他をリード

    米国の特許活動を追跡調査している企業、IFI Claimsは、知的財産に関する実績の年間集計を発表し。2019年には、米国特許商標庁によって認可された特許の件数は、33万3530件という最高記録を達成した。取得件数上位を占めたのは、FAANGグループではなく、IBMやSamsungだt 続きを読む

  • Appleがサーモグラフィーで本人確認するApple Watch用ベルトの特許を取得

    Appleがサーモグラフィーで本人確認するApple Watch用ベルトの特許を取得

    AppleはApple Watchのベルトをもっとスマートにする方法を研究しているらしい。 続きを読む

  • 自動運転車が加速する知的財産保護の改革

    自動運転車が加速する知的財産保護の改革

    現在の知的財産保護の概念は、自動走行車への移行を可能にするための新たなコンセプトの創出までは必要ないとしても、少なくとも進化させる必要があるだろう。 続きを読む

  • Lyftは自動運転車と歩行者のコミュニケーションをどのように想定しているのか

    Lyftは自動運転車と歩行者のコミュニケーションをどのように想定しているのか

    自動運転車が人間とどのように対話し、コミュニケーションをとるのかについての疑問は、以前から出されているものだ。だがその答はまだ定まらないままである。 続きを読む

  • Uber、アプリで酔っ払い乗客を識別する特許を申請

    Uber、アプリで酔っ払い乗客を識別する特許を申請

    Uberの登場は、多くの人の交通に対する考え方に変化をもたらし、そして酔っ払った人が夜帰宅する方法も変えた。手当たり次第タクシーを大声で呼び止めたり、酔った状態で車を運転したりするより、Uberを使った方がかなり安全にA地点からB地点へと移動できる。 続きを読む

  • Google、中国Tencentと特許権クロスライセンスに調印

    Google、中国Tencentと特許権クロスライセンスに調印

    Googleからまた中国関連のニュースが出た。Googleは中国のテクノロジーの巨人、Tencent(騰訊)と特許に関するクロスライセンス契約を結んだことを発表した。契約の詳細は明かされていないがTencentは時価総額5000億ドルの巨大企業であり、Googleではこの契約は「広汎なプロダクトとテクノロジーが含まれる長期的なもの」としている。 続きを読む

  • Qualcomm、iPhoneの米国輸入禁止をITCに提訴へ

    Qualcomm、iPhoneの米国輸入禁止をITCに提訴へ

    QualcommはAppleに予想外の強烈なパンチを見舞うかもしれない。 Bloombergによれば、Qualcommは国際貿易委員会(International Trade Commission) (不公正貿易を排除してアメリカ産業を保護するための独立機関)に対してiPhoneのアメリカへの輸入を差し止めるよう訴えることを検討しているという。これはQualcomm対Appleの法廷闘争に新しい段階をもたらすだろう。 続きを読む

  • スタートアップのための知的財産戦略

    スタートアップのための知的財産戦略

    知的財産権の保護は、ほとんどのスタートアップにとって重要な考慮事項である。特許などの知的財産権保護手段を取得することによって、競争を最小限にし、他者からの侵害請求に対する防衛手段として利用することができる。知的財産権はまた、資金とパートナーシップを引き寄せ、強固なものにすることができる。スタートアップのための知的財産戦略を策定する際には、以下のことを考慮して欲しい。 続きを読む