自動化

  • AIをビジネスに活かすうえで企業が見落してきた道はDIY

    AIをビジネスに活かすうえで企業が見落してきた道はDIY

    1856年、ヘンリー・ベッセマー卿が特許を取得したベッセマー法は、第二の産業革命のもっとも大きな要因となった発明だ。溶鋼に空気を吹き込み酸化還元するという画期的な方法で鉄の不純物を取り除くことで、安価で大量生産が可能な新しい製鋼技術の波を起こした。 続きを読む

  • プロセスマイニングからカスタマーエクスペリエンスへと向かうCelonis

    プロセスマイニングからカスタマーエクスペリエンスへと向かうCelonis

    Celonisは、企業内部のプロセスの理解と改善を自動化する活動である「プロセスマイニング」というアイデアを生み出した企業だ。 続きを読む

  • 自動化によって私たちになじみの銀行の形態は終焉する

    自動化によって私たちになじみの銀行の形態は終焉する

    銀行が行ってきた特定の業務に特化し、それを銀行よりもうまく行うフィンテック企業が現れると、保守的な金融機関は崩壊し始めた。 続きを読む

  • ジャケットを着るだけでロボットのプログラムを可能にするWandelbotsが77億円を調達

    ジャケットを着るだけでロボットのプログラムを可能にするWandelbotsが77億円を調達

    産業用ロボットは、2020年までに2000億ドル(約22兆7000億円)相当の規模に成長する勢いだ。 続きを読む

  • Iron Oxが初の完全自動化農場の運用をまもなく開始

    Iron Oxが初の完全自動化農場の運用をまもなく開始

    これまで2年半をかけて、Iron Oxは、屋内農場のための完全な農業ロボットの開発に取り組んできた。小さな規模で最初のシステム試験を行ったあと、同社は完全自動化された初の生産農場を開設し、すぐにでも農産物の販売を開始する予定だ。 続きを読む

  • 自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    自動化によって仕事が失われても人は技術を学べる

    これは、ごく一般的な光景だ。あるトラック運転手がハイウエイを降りて、給油と食事のためにトラックを停める。彼女はカウンターの脇に立っているウェイターにハンバーバーとポテトを注文し、隣の店で持ち帰り用のコーヒーを買う。 しかしあと数年で、この日常的な、なんでもないやり取りは過去のものになる。トラック運転手も、ウェイターも、店員も、次第に機械に置き換えられるからだ。 続きを読む

  • Amazonの、監視カメラだらけのレジ無しコンビニエンスストアにて

    Amazonの、監視カメラだらけのレジ無しコンビニエンスストアにて

    さて、もう既に多くの人びとが、小売業界を震撼させたAmazonの大胆な試みについて聞いたことがあるだろう。そう、現金不要、レジすら無いGoストアだ。歩いて中に入り、欲しいものを手に取ったら、そのまま歩いて店を出るだけだ。私は最近その経験をするチャンスを得ただけでなく、そのチーフアーキテクトの1人と話をする機会を持つことができた。 ここで私が考えたのは、万引きを試みて、Amazonの独り善がりな態度を出し抜いてみせようというものだった。しかし、店舗に実際に入ってみると、こうしたことが不可能であることがはっきりした。私はずっと、Amazon… 続きを読む

  • MateLabsが機械学習とIFTTTを連携させた

    MateLabsが機械学習とIFTTTを連携させた

    もし機械学習モデルを訓練してそれをIFTTTと統合したいと思ったことがあるなら、 今やMateLabsの新しい製品を使うことができる 。初心者が機械学習モデルを作りだすことのできるプラットフォームMateVerseは、今やIFTTTと連携して、条件に基づいて実行するモデルを自動的にセットアップできるようになった。 IFTTTをよく知らない人のために述べておくなら、これはプログラミング知識なしで独自のif/then(もし〜ならば〜する)ステートメントを作成するための自動化ツールである。このサービスを使って、外部の気温が50度以上に上昇した場合… 続きを読む

  • このロボットアームで途上国の労働搾取がなくなるかもしれない

    このロボットアームで途上国の労働搾取がなくなるかもしれない

    SewboのファウンダーJon Zornowは、昨年9月に世界で初めて、人間の手助け無しにTシャツを縫い合わせることができるロボットを完成させたとして話題をよんだ。 平等や未来の仕事に関する議論が深まる中、昨年9月の時点では面白くて可愛いだけだったこのロボットが、今ではひとつの重要な論点となっているのだ。途上国経済や低賃金と関連付けられることの多い仕事が、自動化によってさらに減少したらどうなるのだろうか?ロボットが今の低賃金労働者を代替して食費や住居もなしに仕事をこなすことで、企業が途上国に製造拠点を置く必要がなくなったら何が起きるのだろ… 続きを読む

  • ソフトウェアテスティングの自動化ツール「Tricentis」がInsight Venturesから1億6500万ドルを調達

    ソフトウェアテスティングの自動化ツール「Tricentis」がInsight Venturesから1億6500万ドルを調達

    企業の開発チーム向けにソフトウェアテスティングの自動化ツールを提供するTricentisは本日、Insight Venture Partnersから大量の資金を調達した ― 正確にいえば、1億6500万ドルだ。同時に、Insightのマネージング・ディレクターであるMike TriplettがTricentisの取締役に就任することも明らかになった。 従来のソフトウェア開発の現場では、プロダクトを市場に送り出すまでに数カ月もの時間がかかっていた。ソフトウェア・テスティングを行うためには、フロントエンドのインターフェイスからバックエンドのコネクター… 続きを読む

  • ロボット、仕事、そして変化に対する人びとの恐れ

    ロボット、仕事、そして変化に対する人びとの恐れ

    経済に対する技術のインパクトという話になると、ロボットや他の進歩が、失業につながるのではという懸念が続いている。しかし、新しいテクノロジーが仕事と経済に及ぼす影響について歴史が教えてくれるのは実際にはどのようなものだろう?さらに重要なことは、自動化を拒否して技術革新を妨げた場合には、世界経済におけるアメリカの競争力はどうなるのか? 続きを読む

  • 仕事の未来へようこそ

    仕事の未来へようこそ

    情報技術、ロボット工学、人工知能の進歩が急速に進展する中で、現在労働力の転換が起こり、それが続いている。既に私たちが気が付いているように、現在の傾向が労働力の変化を不可逆的に加速させるときに、答えられなければならない疑問は、利益を広く共有し困難を和らげるためには私たちは何をすればよいのだろうか、というものである。 都市はしばしば、新技術が大量採用される際のトレンドサイクルをリードする。私たちは、新技術による失業が、新技術による革新と同じくらい古い話題であることを知っている。しかしながら米国の都市は、テクノロジーの成熟がローカル経済の全て… 続きを読む

  • 産業用ロボットが人間に取って代わるのは良いことだ

    産業用ロボットが人間に取って代わるのは良いことだ

    間違った人の話を聞くと、北米の製造業は絶望的な状況にあると感じることだろう。アメリカとカナダの仕事が、過去50年の間に海外へと流出していることに疑いはない。2000年から2010年の間だけで560万もの仕事が消え去った。しかし興味深いことに、外国へとアウトソースされた仕事はそのうち13%にしか満たないのだ。失われた仕事の大部分にあたる残りの85%については、”生産性の向上”、つまり機械が人間を代替したことがその原因となっている。しかし実情は少し違っている。過去20年間でアメリカのインフレ調整済み製造業生産高は4… 続きを読む

  • Grow Boxは野菜や果物などを全自動で育てる屋内用グリーンハウス

    Grow Boxは野菜や果物などを全自動で育てる屋内用グリーンハウス

    家の中に素敵な植物があるといいなとは誰もが思うところ。しかし1年中、植物を健康に保てるような余裕のある人はほとんどいないだろう。気温や湿度をうまく調整したり、出張や休暇のことも考えると育てられる植物の種類は限られてくる。 そこで登場するのがGrow Boxだ。 続きを読む

  • Fordの自動車組立ラインでは、人とロボットが協力して作業している

    Fordの自動車組立ラインでは、人とロボットが協力して作業している

    あなたの次の同僚は工業ロボットかもしれない。Fordは、将来的に世界中の自動車の組立ラインで人とロボットが手を取り合って作業する道筋をつけるためのパイロットプロジェクトを行っている。 続きを読む