自動運転

  • Uberが2018年に自動運転とeVTOLの開発に使った費用は512億円

    Uberが2018年に自動運転とeVTOLの開発に使った費用は512億円

    木曜日にUberが提出したIPO趣意書によると、Uberは昨年、自動運転、空飛ぶ車(eVTOLとして知られる)、その他の「テクノロジー・プログラム」の研究開発に4億5700万ドル(約512億円)を費やし、未来的なテクノロジー(まだしばらくは人間のドライバーに頼ることが予想されるが)に今後も集中的に投資を続ける。 続きを読む

  • 世界初のAIと測位による自動運転デモの成功を英国Wayveが主張

    世界初のAIと測位による自動運転デモの成功を英国Wayveが主張

    Google(グーグル)のWaymoやUber、Cruise、Auroraは交通ルールに基づき、すべてのケースに対応するシステムをあらかじめ組み込み、たくさんのセンサーから得られるデータによる自動運転を実現しようとしている。 続きを読む

  • Waymoは自動運転車両のさらなる路上投入を着々と準備中

    Waymoは自動運転車両のさらなる路上投入を着々と準備中

    Waymoはフェニックスエリアに、新たにテクニカルセンターを設ける。自動車両テクノロジースタートアップであるWaymoは商業車両を増やす準備を進めていて、新センター開所で同エリアでの収容能力が倍になる見込みだ。 続きを読む

  • Uberの自動運転車部門は月に22億円超を費やしていた

    Uberの自動運転車部門は月に22億円超を費やしていた

    先週公開された裁判所の文書によれば、Uberは今年、路上に7万5000台の自動運転車を配備し、2022年までには13都市で無人タクシーサービスを運用する予定だったという。 続きを読む

  • フォードの自動運転車両プログラム、5番目の都市はオースティン

    フォードの自動運転車両プログラム、5番目の都市はオースティン

    開発に詳しい情報筋によると、Fordは2021年に自動運転タクシーと配達サービスを立ち上げるのを前にテストをさらに進めるため、オースティンでの自律走行車両プログラムを開始する準備をしている。 続きを読む

  • Uberが自動運転ビジネス強化のためソフトバンクなどから約1100億円を調達か

    Uberが自動運転ビジネス強化のためソフトバンクなどから約1100億円を調達か

    Uberが新しい資金調達ラウンドの実施を検討しているみたいだ。The Wall Street Journalが3月14日(現地時間)に伝えたところによると、同社は10億ドルの資金を調達するためにソフトバンクのビジョン・ファンドなどを含む投資家との協議を重ねているという。今回の資金調達は同社の自動運転ユニットを主体に実施され、その評価額は50億ドルから100億ドルになると見られている。 続きを読む

  • ローエンド車載CPUでも実現可能な自動運転技術

    ローエンド車載CPUでも実現可能な自動運転技術

    高価でかさばるハードウエアに依存しないコンピュータービジョン技術を提供する方法を開発したあるスタートアップが資金調達に成功した。 続きを読む

  • 4.5km区間を自動運転バスが走る、名鉄が公道における実証実験開始

    4.5km区間を自動運転バスが走る、名鉄が公道における実証実験開始

    愛知県で自動運転バスの実証実験が始まる。愛知県内を中心に鉄道・バス網を持つ名古屋鉄道および名鉄バスは、群馬大学と共同で自動運転バスの実証実験を行うと発表した。4月8日から12日までの間で実施される。公道におけるバスの実証実験は、愛知県内ではこれが初となる。 続きを読む

  • 全国初、愛知県で国産完全自動運転車を使った試験運用がまもなくスタート

    全国初、愛知県で国産完全自動運転車を使った試験運用がまもなくスタート

    ティアフォーは2月19日、4人乗りの完全自動運転EVなどを使ったモビリティサービス「One Mile Mobility」(OMM)の試験運用を開始する。 続きを読む

  • ソフトバンク、自動運転配達のnuroに9.4億ドルを資金提供

    ソフトバンク、自動運転配達のnuroに9.4億ドルを資金提供

    自動運転配達のスタートアップNuroが、9.4億ドルの資金をSoftBank Vision Fundから調達した。驚きの金額は同社の配送サービスの拡大、新規パートナー獲得、人材強化、自動運転ロボットの規模拡大などに使われる。 続きを読む