自動運転

  • 目指すは「世界で最も安全な自動運転車」、トヨタの自動運転開発子会社TRI-ADのCEOがTechCrunch Tokyoに登壇決定

    目指すは「世界で最も安全な自動運転車」、トヨタの自動運転開発子会社TRI-ADのCEOがTechCrunch Tokyoに登壇決定

    今年は11月14日(木)と11月15日(金)に渋谷ヒカリエで開催する、日本最大級の最新テクノロジーとスタートアップの祭典「TechCrunch Tokyo 2019」。トヨタ勢としては、去年のToyota AI Venturesでマネージングパートナーを務めるジム・アドラー氏に続き、、今年はトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)の最高経営責任者(CEO)、ジェームス・カフナー氏の登壇が決定した。 続きを読む

  • ダイムラーとボッシュの無人駐車機能は人間の監督なしでの運用を認可

    ダイムラーとボッシュの無人駐車機能は人間の監督なしでの運用を認可

    AIベースの自動運転システムが真に自律的なものになるための長い道のりの上で、私たちはまた新しいマイルストーンに達した。 続きを読む

  • テスラの自動運転オプションが8月に最大約11万円値上げ

    テスラの自動運転オプションが8月に最大約11万円値上げ

    Tesla車に搭載する自動運転機能オプションがさらに値上げされる。まだ完全に実用化されていないこの機能の値を同社が上げるのは、この数カ月間で2回目だ。 続きを読む

  • Waymoが自動運転車でのLyft客ピックアップを開始

    Waymoが自動運転車でのLyft客ピックアップを開始

    自動運転開発企業のWaymoが、“ごく少数”の車両を使ってフェニックスのテストゾーンでLyft客のピックアップを開始した。 続きを読む

  • 自動運転のスタートアップDrive.aiが廃業

    自動運転のスタートアップDrive.aiが廃業

    自動運転技術のスタートアップで、評価額2億ドルだったこともあるDrive.aiが、設立4年で廃業する。 続きを読む

  • ドライバー支援システムができること/できないことをドライバーは理解していない

    ドライバー支援システムができること/できないことをドライバーは理解していない

    アウディ、BMW、GMのキャデラック、日産、そしてテスラのような自動車メーカーは、ある程度の運転タスクを代行することで、日々の高速道路通勤の苦痛を和らげてくれる十分に堅牢な先進的ドライバー支援システムを用意している。 続きを読む

  • 中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う

    中国初の自動運転ユニコーン企業Momentaは利益よりもデータを追う

    曹旭東は、ジーンズと彼のスタートアップ企業の名前である「Momenta」と書かれた黒いTシャツ姿で路肩に現れた。 続きを読む

  • 28億円調達でライダーシーンに登場した新しいアプローチ

    28億円調達でライダーシーンに登場した新しいアプローチ

    ライダー(lidar)は、多くの自動運転車やロボットシステムを構成する重要な部品だが、その技術も急速に進化している。 続きを読む

  • あなたの自律走行車はスポーティーなサリーか?血に飢えたクリスティーンか?

    あなたの自律走行車はスポーティーなサリーか?血に飢えたクリスティーンか?

    自律走行者の事故の際には何が起きるのか、また誰がその責任を取るのか?自律運転技術が現れる前は、自動車事故は、ドライバーの過失とメーカーの製造者責任という2つ法理論のうちのいずれかが適用された。 続きを読む

  • Uberが2018年に自動運転とeVTOLの開発に使った費用は512億円

    Uberが2018年に自動運転とeVTOLの開発に使った費用は512億円

    木曜日にUberが提出したIPO趣意書によると、Uberは昨年、自動運転、空飛ぶ車(eVTOLとして知られる)、その他の「テクノロジー・プログラム」の研究開発に4億5700万ドル(約512億円)を費やし、未来的なテクノロジー(まだしばらくは人間のドライバーに頼ることが予想されるが)に今後も集中的に投資を続ける。 続きを読む