買収

  • ZendeskがBaseを買収してCRMに拡大

    ZendeskがBaseを買収してCRMに拡大

    これまでZendeskは、ほとんど顧客サービスのシナリオだけに専念してきたが、どうやら最早それだけでは十分ではないようだ。インタラクションの背後にいる顧客を本当に知りたいのならば、顧客サービスコンポーネントと一緒に働く顧客記録システムを必要とする。その必要性を満たすためにZendeskはBaseの買収を発表した。Baseは既に5000万ドル以上を調達してきたスタートアップである。 両社は購入価格を公表しなかったが、Zendeskはこの買収は収益に大きな影響を与えない筈だと公表している。 続きを読む

  • 人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    人気瞑想アプリHeadspaceがAlpine.AIの買収でAIを装備へ

    3100万人のユーザーを擁し、評価額3億2000万ドル(約356億円)の瞑想アプリHeadspace(ヘッドスペース)は、他の健康関連商品と差をつけようと、音声認識とAIの技術を倍掛けしようと考えている。同社は本日(米国時間9月4日)、デジタル・アシスタント市場の黎明期から活躍していた企業Alpine.AI(元VoiceLabs)を買収したと発表した。それには、Headspaceの主要アプリの音声による操作を高度化する狙いがある。 続きを読む

  • LittleBitsが子供教育コミュニティを運営するDIYを買収

    LittleBitsが子供教育コミュニティを運営するDIYを買収

    LittleBitsが初めての買収を行う。ニューヨークに拠点を置くこの教育用ハードウェア会社は、子供のための教育的ソーシャルネットワークであるDIY.coの買収に合意した。VimeoのZach Kleinによって2011年に共同創業された、このサンフランシスコを拠点とするソフトウェアスタートアップは、オンラインコミュニティのDIY.orgと、サブスクリプションベースの蒸気教育プラットフォームjam.comを運営している。 続きを読む

  • レシピ動画「クラシル」のdelyが同業「もぐー」運営を買収、ダントツのナンバーワン目指す

    レシピ動画「クラシル」のdelyが同業「もぐー」運営を買収、ダントツのナンバーワン目指す

    レシピ動画サービス「kurashiru(クラシル)」を運営するdelyは7月5日、同じくレシピ動画サービス「mogoo(もぐー)」を手がけるスタートアウツの発行済全株式を取得し、完全子会社化することを明らかにした。取得金額については非公開だという。 続きを読む

  • Twitterの暴挙に怒りの声続々

    Twitterの暴挙に怒りの声続々

    Twitterは本日(米国時間6月21日)、「サービスとしての信頼と安全」を提供するスタートアップSmyteの買収を発表した。Twitterプラットフォーム上での、いじめ、嫌がらせ、スパム、そしてセキュリティに関する問題により効果的なアプローチを行うことが目的だ。しかし同社はまた、これまでSmyteが提供してきたAPIへのアクセスを、警告なしに即座にシャットダウンした。このためSmyteの既存の顧客たちは新しいサービスに移行する時間をとることができなかった。 続きを読む

  • ゴールは“起業家を増やすこと”——スタートアップメディアの「THE BRIDGE」がPR TIMES傘下に

    ゴールは“起業家を増やすこと”——スタートアップメディアの「THE BRIDGE」がPR TIMES傘下に

    TechCrunchがシリコンバレーで産声を上げたのは2005年のこと。翌年にはその日本版であるTechCrunch Japan(当時のサイト名はTechCrunch Japanese)がスタートした。そこから12年、日本発でスタートアップの情報を伝えるメディアやブログが徐々に立ち上がっていった(そして、いくつかは消えていった)。そんなスタートアップ向けメディアの1つである「THE BRIDGE」のイグジットに関するニュースが飛び込んできた。 続きを読む

  • ポケモンGOのNiantic、ARのEscher Realityを買収――マルチプレイヤーARゲームが可能に

    ポケモンGOのNiantic、ARのEscher Realityを買収――マルチプレイヤーARゲームが可能に

    ポケモンGOで有名なNianticがAR(拡張現実)のスタートアップ、Escher Realityを買収することを発表した。Escher RealityはマルチOSのモバイルARのプラットフォームを提供する。このバックエンドを利用したゲームでは、複数のユーザーが現実世界上で仮想の対象を共有するゲームが可能になる。 続きを読む

  • MicrosoftがクラウドゲーミングサービスのPlayFabを買収しAzureに統合

    MicrosoftがクラウドゲーミングサービスのPlayFabを買収しAzureに統合

    GAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)によるオンラインゲーム制圧の最新章で、MicrosoftがPlayFabを買収した。これは開発者たちに簡単なバックエンドサービスを提供し、タイトルの立ち上げを素早く行えるようにするサービスだ。スタートアップはMicrosoftのAzureゲームグループに統合される予定である。 シアトルに本拠を置くこのスタートアップは、投資家から約1300万ドルの資金を調達していた。契約条件は明らかにされていない。 「AzureとPlayFabは、ゲーム業界向けインテ… 続きを読む

  • エイチーム、プログラマ向け情報共有サービス「Qiita」提供元のIncrementsを約14億円で買収

    エイチーム、プログラマ向け情報共有サービス「Qiita」提供元のIncrementsを約14億円で買収

    ソーシャルゲームを始め複数のWebサービスを展開するエイチームは12月22日、プログラマ向けの情報共有サービス「Qiita」などを提供するIncrementsの発行済株式の100%を取得し、連結子会社化することを明らかにした。 取得価格は総額で14億5300万円。内訳は株式が14億4600万円、アドバイザリー費用などが600万円。株式譲渡は2017年の12月25日を予定している。 続きを読む

  • オンライン学習塾の「アオイゼミ」をZ会が買収——市場の拡大にらみ

    オンライン学習塾の「アオイゼミ」をZ会が買収——市場の拡大にらみ

    中高生向けオンライン学習塾「アオイゼミ」を運営する葵は12月7日、Z会グループのZ会ラーニング・テクノロジによる買収を明らかにした。Z会ラーニング・テクノロジは11月30日付で葵の全株式を取得し、完全子会社化。買収額は公開されていない。葵はZ会グループの元で継続してアオイゼミの事業を行う。 続きを読む

  • マネーフォワードがクラウド記帳ソフトを提供するクラビスを8億円で子会社化、記帳業務の全自動化へ

    マネーフォワードがクラウド記帳ソフトを提供するクラビスを8億円で子会社化、記帳業務の全自動化へ

    約1ヶ月前にマザーズへ上場したFintechスタートアップのマネーフォワード。同社は11月2日、クラウド記帳ソフト「STREAMED(ストリームド)」を提供するクラビスの全株式を8億円で取得し、子会社化することを明らかにした。 STREAMEDは経理の記帳業務に特化したクラウドサービスだ。ユーザーが領収書や請求書をスキャンすると、1営業日以内に会計データへと変換。システムによる自動仕訳とオペレーターによる作業を組み合わせることで手書きの領収書でも正確にデータ化できることが特徴だ。会計事務所での記帳代行に加え、個人事業主や一般企業向けのプ… 続きを読む

  • Tencentは今年の初めにSpotify買収の交渉を行っていた

    Tencentは今年の初めにSpotify買収の交渉を行っていた

    Spotifyは長い間米国内での公開を考えてきた。来年にはIPOを行わない上場の準備をしていると囁かれている。しかし同社が今年の初めにある主要テクノロジー企業に売却する機会を拒絶していたことが判明した:その相手とはTencen(騰訊)である。評価額3800億ドルに達する中国の巨大インターネット企業だ。 Tencentは中国とアジアの外で急成長している同社の音楽ビジネスを拡大するためにSpotifyにアプローチしたのだと言われている。これはその協議について知る情報源から、TechCrunchが得た情報だ。 SpotifyならびにTencen… 続きを読む

  • MicrosoftがハイパフォーマンスコンピューティングインテグレーターのCycle Computingを買収

    MicrosoftがハイパフォーマンスコンピューティングインテグレーターのCycle Computingを買収

    Microsoftは、創業12年のコネチカットの企業Cycle Computingを買収したことを発表した。Cycle Computingは、企業が高性能コンピューティングジョブ、大規模なデータワークロード、その他のクラウド内「大規模コンピューティング」ジョブを統合することを支援する会社だ。買収金額は明らかにされていない。 MicrosoftはCycle Computingの専門知識を用いて、こうしたハイエンドのジョブ向けのAzureサービスを改善しようとしているが。Cycle ComputingのフラッグシップサービスであるCycleClou… 続きを読む

  • KDDIがソラコムを約200億円で買収―日経新聞が報道

    KDDIがソラコムを約200億円で買収―日経新聞が報道

    今朝(2017年8月2日)の日経新聞が報じたところによれば、KDDIはIoTスタートアップのソラコムを買収する模様。発行済全株式を8月内にも取得し、買収額は約200億円となるという。日本のスタートアップ企業の買収額としては「大型ホームラン」といって良いM&Aとなりそうだ。 続きを読む

  • GoogleがVRゲームスタジオのOwlchemy Labsを買収

    GoogleがVRゲームスタジオのOwlchemy Labsを買収

    Goolgeは、Job SimulatorやRick and Morty: Virtual Rick-alityなどのゲームタイトルで有名なVRゲームスタジオを買収した。 オースティンを拠点とするOwlchemy Labsの創業チームはブログポストのなかで、Googleが同社を買収したこと、そして彼らがGoogleのチームに加わることを明らかにした。「今日は、Owlchemyにとって本当に、本当に重要な1日です。GoogleがOwlchemyを買収したことを伝えることができ、とても嬉しく思います」。 続きを読む

  • ハイテク企業の買収狂想曲はまだ続く?

    ハイテク企業の買収狂想曲はまだ続く?

    PwCとThomson Reutersが発表したデータによれば、今年はハイテク関連の買収事案にとって良いスタートが切られたようだ。第1四半期には486件の米国ハイテク取引が発表され、その総額は428億ドルとなった。 取引件数と取引金額の両面で、今年は米国のハイテクM&Aにとって、2014年以来の好スタートとなった。ただ昨年の同時期に比べて28%多い取引件数があったものの、価値という面では2%多く上回っただけだった。すなわち取引の平均額が下がっていたということを意味する。 続きを読む

  • オンデマンド配車サービスのGettが同業のJunoを2億ドルで買収

    オンデマンド配車サービスのGettが同業のJunoを2億ドルで買収

    オンデマンド・ライドシェアリング業界における競合関係が変化したようだ。Gettは米国時間26日、ニューヨークで同様のサービスを提供するJunoを買収したと発表した。Gettの創業者兼CEOであるDave Waiser氏は、TechCrunchとのインタビューの中で今回の買収金額が2億ドルであることを明かしてくれた。しかし、その金額が現金で支払われるのか、または株式で払われるのかなど、その他の詳細は明らかになっていない。 続きを読む

  • Amazonが中東市場に進出―、現地のEC大手Souqを6億5000万ドルで買収

    Amazonが中東市場に進出―、現地のEC大手Souqを6億5000万ドルで買収

    世界制覇に向けて動くAmazonの次の狙いは中東だ。中東市場進出のため、同社が現地のEC企業Souqを6億5000万ドルで買収したとする複数の報道内容を、われわれの情報筋が認めた。アラブ世界のAmazonとも言われているSouqは、同地域最大のEC企業だ。契約書のサインの「インクはすでに乾いている」と、Souqに近い情報筋は語っている。 続きを読む

  • 「ビデオコンテンツの分析ニーズは巨大になる」 ― ソーシャル管理のHootsuiteがSnapchatにも対応

    「ビデオコンテンツの分析ニーズは巨大になる」 ― ソーシャル管理のHootsuiteがSnapchatにも対応

    企業向けのソーシャルメディア管理ツールを提供するHootsuiteが、Snapchat上のアクティビティをトラッキングする術を手に入れた。同社は米国時間21日、Naritivが開発したSnapchat分析ツールを買収すると発表したのだ。ロサンゼルス出身のNaritivは、StoryをはじめとするSnapchatコンテンツをいち早く提供してきたスタートアップだ。 今回のディールによって、DisneyやGreylockなどのVCから累計で400万ドルを調達したNaritivがHootsuiteに吸収されるわけではない。その代わりに、同社はみ… 続きを読む

  • LINEがAI基盤「Clova」を発表、今夏にはスマートスピーカーも発売——さらに「Gatebox」も子会社化

    LINEがAI基盤「Clova」を発表、今夏にはスマートスピーカーも発売——さらに「Gatebox」も子会社化

    スペイン・バルセロナで開催中のモバイルカンファレンス「Mobile World Congress(MWC) 2017」。そのキーノートにも登壇したLINEが3月2日、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表した。今後はClovaを搭載したアプリ「Clova App」を提供するほか、初の自社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」を今夏にも日本と韓国で発売する予定だ。今冬にはスマートディスプレイ「FACE(フェース)」の提供も控えるという。 続きを読む