資金調達

  • 百貨店のリプレイス狙うギフト特化型EC「TANP」が1.2億円を調達

    百貨店のリプレイス狙うギフト特化型EC「TANP」が1.2億円を調達

    ギフトEC「TANP」を運営するGraciaは10月22日、複数のVCや個人投資家らを引受先とする第三者割当増資により1.2億円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 資金調達の新たなる「普通」

    資金調達の新たなる「普通」

    TechCrunchがスタートアップのことを書き始めたころ、地球規模の大志を持ったスモールビジネスというスタートアップの概念は、幻想のようなものだった。Twitterのような副業が、ヒーローや悪役の代弁者になり得るのだろうか? YouTubeのような動画投稿サイトが、どうしてメディア業界を破壊できるのだろうか? ブログ(完全に消耗しきった元弁護士が寝室で書いたような文章)が、起業、成長、売却のプロセスの考え方を根本的にひっくり返すことなど、どうしてできようか? 続きを読む

  • 150万DL突破のコスメコミュニティ「LIPS」が10億円を調達、グリーや個人投資家から

    150万DL突破のコスメコミュニティ「LIPS」が10億円を調達、グリーや個人投資家から

    コスメの口コミアプリ「LIPS(リップス)」を運営するAppBrew(アップブリュー)は10月18日、個人投資家およびグリーより総額10億円の資金調達を明らかにした。 続きを読む

  • AI
    AIアプリケーション開発プラットフォームのPaperspaceが1300万ドルを調達

    AIアプリケーション開発プラットフォームのPaperspaceが1300万ドルを調達

    Paperspaceは、GPUやその他の強力なチップに支えられた、ソフトウェア/ハードウェア開発プラットフォームを使って、人工知能ならびに機械学習アプリケーションの開発者たちを支援することを狙っている。本日(米国時間10月16日)、このY Combinatorの2015年冬クラス卒業生は、1300万ドルのシリーズAを発表した。 ラウンドを主導したのはBattery Venturesであり、参加したのはSineWave Ventures、Intel Capital、Sorenson Venturesである。これまでの投資家Initialized Ca… 続きを読む

  • “義体”実現目指すサイボーグ技術のメルティンが総額20.2億円を資金調達

    “義体”実現目指すサイボーグ技術のメルティンが総額20.2億円を資金調達

    サイボーグ技術の実用化を目指すメルティンMMIは10月17日、大日本住友製薬、SBIインベストメント、第一生命保険を引受先とした第三者割当増資を実施し、シリーズBラウンドとして総額20.2億円を調達したことを発表した。 続きを読む

  • サービス開始から7年、READYFORが初の外部調達で目指すのは“資金流通メカニズムのアップデート”

    サービス開始から7年、READYFORが初の外部調達で目指すのは“資金流通メカニズムのアップデート”

    日本で最初にスタートしたクラウドファンディングサービス「Readyfor」。同サービスを展開するREADYFORは10月17日、同社にとって初となる外部からの資金調達を実施したことを明らかにした。調達先はグロービス・キャピタル・パートナーズ、Mistletoe、石川康晴氏(ストライプインターナショナル代表取締役社長兼CEO)、小泉文明氏(メルカリ取締役社長兼COO)。調達額は約5.3億円だ。 続きを読む

  • Dockerが新たに9200万ドルを調達

    Dockerが新たに9200万ドルを調達

    米証券取引委員会(SEC)への提出文書によれば、他のいかなる独立企業よりも現在のコンテナコンピューティング環境の創出に貢献してきたDockerが、目標1億9200万ドルのラウンドで9200万ドルを調達した。 この新しい資金調達ラウンドが示すものは、サンフランシスコを拠点とするDockerは、そのツールキットの普及度という意味では、GoogleのKubernetesとの競争に負けたかもしれないが、アプリケーション開発とプログラミングの情報技術運用モデルの現代的なハイブリッドに移行したい企業たちのための援軍となったということだ。 続きを読む

  • 企業と人材エージェントをつなぐ「JoBins」が資金調達ーーエージェント間の“求人票シェア”機能も搭載

    企業と人材エージェントをつなぐ「JoBins」が資金調達ーーエージェント間の“求人票シェア”機能も搭載

    中途採用を行っている企業と人材エージェントをつなぐ求人プラットフォーム「JoBins」。同サービスを展開するJoBinsは10月16日、栖峰投資ワークスが運営するファンドを引受先とする第三者割当増資により4000万円を調達したことを明らかにした。 続きを読む

  • 日本人が米国で創業したAnyplaceがUber初期投資家らから資金調達、“ホテルに住める”サービス拡大へ

    日本人が米国で創業したAnyplaceがUber初期投資家らから資金調達、“ホテルに住める”サービス拡大へ

    日本人起業家の内藤聡氏が米国で立ち上げたスタートアップ、Anyplace。ホテルを賃貸できるサービスを通じて、賃貸をもっとフレキシブルにする挑戦を続けている。 そんな同社は10月16日、シードラウンドで数億円規模の資金調達を実施したことを明らかにした。内藤氏によると今回のラウンドにはUberの初期投資家であるJason Calacanis(ジェイソン・カラカニス)氏をはじめ、日米のエンジェル投資家やVCが複数参加しているという。 続きを読む

  • “俺の嫁”ロボ「Gatebox」のハード設計者が作った、自動衣類折りたたみ家具「INDONE」

    “俺の嫁”ロボ「Gatebox」のハード設計者が作った、自動衣類折りたたみ家具「INDONE」

    自動で衣類を折りたたみ、収納する家具……というとTechCrunch Japanの愛読者なら「ああ、laundroid(ランドロイド)のこと?」という反応になるかもしれない。だが、今日紹介するのは、ロボットやIoTデバイス開発を手がけるASTINAが発表した「INDONE(インダン)」のコンセプトモデルだ。 続きを読む