超高速開発

  • シーメンスがローコードプラットフォームのMendixを7億ドルで買収

    シーメンスがローコードプラットフォームのMendixを7億ドルで買収

    本日(米国時間8月1日)ドイツの巨大テクノロジー企業であるシーメンスは、人気の高いローコードアプリケーション開発プラットフォーム(通常の言語によるプログラミングをほとんど行わないでアプリケーションを開発するプラットフォーム:超高速開発プラトッフォームと呼ばれることもある)のMendixを、6億ユーロ(約7億ドル)で買収したことを発表した。オランダで設立され、現在はボストンに本社を構えるMendixは、これまでと変わらない運用を続け名前も変えることはない。しかしシーメンスはMendixの技術を自社のクラウド、IoTそしてデジタルエンター… 続きを読む

  • ポルトガルの超高速開発ツールOutSystemsが、KKRならびにゴールドマンサックスから3億6000万ドルを調達

    ポルトガルの超高速開発ツールOutSystemsが、KKRならびにゴールドマンサックスから3億6000万ドルを調達

    スタートアップの話題が語られる際に、同じ文の中に「リスボン」と「3億6000万ドル」という言葉が出てくることはめったに見られることではない。しかしそれこそが本日(米国時間6月5日)明らかになったニュースだ。アトランタ、ロンドン、そしてリスボンに拠点を置き、コードをあまり書く必要がない高生産性アプリケーション開発環境を提供するOutSystemsが、KKRならびにゴールドマン・サックスによる投資ラウンドで3億6000万ドルを調達したのだ。 続きを読む