選挙

  • 大統領選後の暴動でインドネシア政府がインスタなどFacebook系SNSをブロック

    大統領選後の暴動でインドネシア政府がインスタなどFacebook系SNSをブロック

    ソーシャルメディアに厳しい態度を取る国にインドネシアが加わった。大統領選挙後の死傷者を出した暴動を受けて政府はInstagram他Facebook系SNSの利用を一部制限した。 続きを読む

  • 欧州の研究者団体がFacebookに政治広告の透明性を調査できるAPIを要求

    欧州の研究者団体がFacebookに政治広告の透明性を調査できるAPIを要求

    Facebookは、そのプラットフォーム上で政治広告がどのように拡散し増幅してゆくかを調査可能にするAPIを、誠実な研究者に提供するよう求められている。 続きを読む

  • Facebookの浄化と挽回を期するMessengerのデザイン変更

    Facebookの浄化と挽回を期するMessengerのデザイン変更

    FacebookのMessengerがデザイン変更されたが、どこが変わったのかに気づく人は少ないだろう。この1週間テストをしてきた私でも、ほとんどわからなかった。なんとなく、閉塞感が薄れた感じがしただけだ。だからこそFacebookは、今朝(10月24日)サンフランシスコのダウンタウンにできた新しいオフィスで朝食付の記者発表イベントを開催し、30人の報道関係者を集めたのだろう。そこには、インスタ映えする「ドーナッツの壁」も用意されていた。タブの数が減り、背景はカラーグラデーションとなり、ロゴが丸くなった程度の、わずかな変更ではあるが、… 続きを読む

  • Uber、選挙日に投票所への無料乗車を提供

    Uber、選挙日に投票所への無料乗車を提供

    Uberは、移動手段を投票に行くか否かの決定要因にしたくないと考えた。来る投票日にUberは有権者が地元の投票所を簡単に見つける方法を提供し、非営利団体と協力して一部の人たちを投票所に無料で送リ届ける。 続きを読む

  • ソーシャルメディアの情報が世論調査よりも正確にアメリカ大統領選の結果を予測していた

    ソーシャルメディアの情報が世論調査よりも正確にアメリカ大統領選の結果を予測していた

    数々の世論調査の結果、民主党候補のヒラリー・クリントンがアメリカ大統領選で楽勝すると思われていたが、今となっては世論調査の予測モデルに問題があるのは明らかだ。現在データサイエンティストが大慌てでその原因を探っている一方、ソーシャルメディア分析サービスを提供する企業の多くは、彼らの方が上手く現実を把握できていたと共に、彼らはドナルド・トランプが選挙で勝つ可能性があるとずっと前からわかっていたと謳っている。 「主要ソーシャルメディア上での、両候補者の選挙活動をモニタリングしていたアナリストは、数ヶ月前から今回の選挙の結果を予測できていました… 続きを読む

  • Google、最速で選挙結果発表へ―アメリカ大統領選、いよいよ本日投票

    Google、最速で選挙結果発表へ―アメリカ大統領選、いよいよ本日投票

    今回のアメリカの大統領選〔日本時間11/8夜から投票開始、11/9朝に締切り〕に関して、Googleはオンラインでできるだけ速く正しい情報を伝えるためためにあらゆる努力を払っている。これには有権者登録を助けることから検索で簡単に投票場所の案内が表示されるようにすることまでさまざまな情報の提供が含まれる。今日(米国時間11/7)Googleは、投票締め切り後直後に30言語で大統領選の結果を検索ページに表示する計画だと発表した。 ウェブ検索で“election results”と入力すれば、詳しい情報が表示される 大統… 続きを読む

  • Facebookが「選挙ガイド」とも呼べる新しい機能をリリース 

    Facebookが「選挙ガイド」とも呼べる新しい機能をリリース 

    本日、Facebookは大統領選挙から上下院議員や州知事の選挙まで、あらゆるタイプの選挙をカバーした選挙ガイドとも言える新機能をリリースした。「投票への参加を促す」ことが目的だ。この機能では、ユーザーは候補者や法案を「お気に入り」に登録することができ、実際の投票のときに後から自分のお気に入りを確認することが可能だ。 Facebookが注意喚起するように、この機能はインターネット投票ツールではない。そのため、Facebook上の投票結果が実際の選挙での投票数にカウントされるわけではない。しかし、大統領選挙の候補者や法案などのことをよく知る… 続きを読む

  • オープンハードウェアのQubieで選挙の待ち時間をモニタリング

    オープンハードウェアのQubieで選挙の待ち時間をモニタリング

    アメリカでの極めて重要な国政選挙を控え、有権者全員が投票すること、さらには彼らが投票できる環境を整えることが今までにないほど大事になっている。そこで、選挙関連テック企業のFree and Fairは、自動で待ち時間をモニタリングし、有権者と選挙スタッフに情報を提供するシンプルなオープンソースデバイスを使って、混雑が予想される投票場の運営をサポートしようとしている。Free and Fairは投票場で利用できるオープンソースソフトを開発しており、同社のソフトには有権者のチェックイン機能や実際に投票・集計が出来る機能が備えられている。しかしQub… 続きを読む