都市計画

  • アルゴリズムによるゾーニングは、より安い住居と公平な都市への鍵となるか?

    アルゴリズムによるゾーニングは、より安い住居と公平な都市への鍵となるか?

    米国のゾーニングコード(都市の地区にコードを割り当て、そこに建築できる施設を規制する制度)の歴史は1世紀に及ぶ。そしてそれは、米国のすべての主要都市( おそらくヒューストンを除く )の生命線であり、何をどこに建築できるのか、近隣では何を行うことができるのかを決定するものだ。だが現在、研究者たちが、その複雑さが増してきたことを受けて、都市空間を合理化するための現在のルールベースのシステムを、ブロックチェーン、機械学習アルゴリズム、そして空間データにに基く動的システムで置き換えることができるかどうかの探究をさらに進めている最中だ。おそらくそれ… 続きを読む

  • スマートシティは道半ばだ、私たちが目指すのはダイナミックなレスポンシブシティなのだ

    スマートシティは道半ばだ、私たちが目指すのはダイナミックなレスポンシブシティなのだ

    都市テクノロジーの専門家として、私は実際に人びとが使っている魅力的なスマートシティアプリケーションの例を教えてくれ、と頼まれる機会が多い。しかし正直なところ、実際に指し示すことができるものは多くない ― 少なくとも今の段階では。都市はますます賢くなっている筈だが、利用者の眼から見ると目立って変化しているようには見えない。 これまでの都市のデジタル進化のほとんどは、人びとが見たり、触れたり、使ったりできる部分ではなく、むしろ目に見えないところで進み、市の運営そのものに焦点が当てられて来たのだ。もちろん、行政が水漏れをより良く検知できたり、建物… 続きを読む

  • UberがMovementを発表、所有する交通情報の公開を狙う

    UberがMovementを発表、所有する交通情報の公開を狙う

    Uberはより閉鎖的なエリアの中で競争力を持つ分野に進出しようとしている:この乗車提供会社の新しいMovementウェブサイトは、同社が運行を行う場所での交通の流れを点数化し提供するものだ。都市の移動性を向上させようとしている都市計画者や研究者による利用が意図されている。 基本的なアイデアは、Uberは既に都市内での交通の仕組みに関する多くの洞察を所持していて、ほとんどの場合特定の個人に結び付けられないようにこうしたデータを匿名化することができるということだ。そこで可能な分野から始めて、Uberは前述のデータを、初めは早期アクセスを申請… 続きを読む

  • Hyperloop Transportation Technologiesが1億ドル以上を調達したと発表

    Hyperloop Transportation Technologiesが1億ドル以上を調達したと発表

    Hyperloop Oneが、Elon Muskのアイディアを基にしたハイパーループシステムのプロトタイプの建設を進める中、彼らの競合にあたるHyperloop Transportation Technologies(HTT)が、この度サンフランシスコからロサンゼルスまでを30分以内で移動できるシステムを開発するために、1億800万ドル超の資金を調達したと発表した。 誤解のないように書くと、同社は3180万ドルを投資家から現金で調達し、残りの7700万ドルは、労働力やサービス、土地の使用権や将来的な現物支給などで構成されている。 続きを読む

  • ニューヨーク州の新しい都市計画はディストピアへの第1歩か?

    ニューヨーク州の新しい都市計画はディストピアへの第1歩か?

    今週の初め、ニューヨーク州知事アンドリュー・クオモは、21世紀半ばの完成を目指した橋(とトンネル)に関する記者会見を開催した。知事の野心的で論争の種ともなるその計画は、高速道路の渋滞を削減し、排気ガスの低減をするためにデザインされた、一連の構想である。 続きを読む