量子暗号

  • 研究者たちが量子暗号に用いられる量子鍵配送の効率を改善

    研究者たちが量子暗号に用いられる量子鍵配送の効率を改善

    デューク大学、オハイオ州立大学、オークリッジ国立研究所の研究者たちが、新しい形態である量子暗号における最大の問題点の1つを解決した。量子鍵配送(QKD:quantum key distribution)の高速化である。QKDとは、送信中に鍵を配送するプロセスである。誰かが盗聴している場合には、対話する両端に対してその事実を伝えることができる。レーザーを使用して複数のビットを同時に送信するこの新しいシステムは、将来量子コンピューターを安全に接続するために利用することができる。 オハイオ州立大学の物理学教授であるDaniel Gauthierは「… 続きを読む